2010年10月06日

朝の定期便 2010-10-06(水)

 
>139928(←トップページアクセスカウンタ)/34591(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の訪問者人 / PV)。

>今朝の最低気温18.1度(05:42;さいたま市観測点)、晴れ。

>おはようございます。気持ちのよい朝です。

>今日は今週唯一予約レッスンが入っていない日なので、定期便更新後ウォーキングに行ってきます。お昼用に父の好物でも買ってくれば一石二鳥。

>今日22時38分には月の距離が最近(0.935、35万9454km、視直径32.8')。

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県旧東観測点(13:17)、北大東観測点(10:56)、南大東島観測点(13:17)の29.9度、最低・日最低気温は長野県 奈川観測点の3.9度(06:32)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯観測点の14.5度(:)、最高・日最低気温は沖縄県所野観測点(09:03)、北大東観測点(23:56)、石垣島観測点(23:33)、志多阿原観測点(04:03)、東京都父島観測点(24:00)の25.0度でした。

>今日のFM番組から

・午前10時00分 名曲のたのしみ(再) ハイドン その音楽と生涯(46)

中学高校時代から、ずっとハイドンの音楽には興味がなかったのに、この番組のお陰ですっかりハイドンになじんでしまいました。鉄壁の大作曲家です。作品の質にバラつきが少なく、どの曲も高いレベルで仕上がっています。知ろうとしなかった、あるいは“聴こえなかった”ということです。人生の損をするところでした。
ビーグル号で航海をした人はたくさんいたはずなのに、進化論にたどり着いたのはダーウィンだけでした。それは彼の着眼点、つまり何を見ていたのかがポイントでしょう。音楽に向き合う私たちは音楽の何を、どこを聴くかが分かれ道となります。

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

ロシア近代。ハチャトゥリアンの傑作「ヴァイオリン協奏曲 ニ短調」からスタート。高校時代に全楽章をソラで歌えるまで聴きこんだものです。リャードフ、プロコフィエフ、ボロディン。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベストオブクラシック 古楽週間(3)ラルペッジャータ演奏会

ラルペッジャータは2000年に結成されたフランス(たぶん)のバロックアンサンブル。公式サイトがフランス語なので読めん。掲示板はドイツ語、フランス語、スペイン語などが入り乱れていて、英語の書き込み以外読めません(もちろん英語だって怪しい)。

番組詳細

>10月6日の過去のできごと

1600年 現存する最古のオペラ「エウリディーチェ」がフィレンツェで上演される。音楽史におけるバロック時代の始まりは、このオペラ上演をきっかけに「1600年〜 」とされることが多い。
1802年 ベートーヴェンがハイリゲンシュタットの遺書を書く。この後、7年にわたる傑作の森と呼ばれる時期が訪れる。死後1827年3月に発見、公表。
1873年 クララ・シューマンの父で、ロベルト・シューマン、ハンス・フォン・ビューローのピアノの師であったフリードリヒ・ヴィーク没。
1882年 ポーランドの作曲家、カロル・シマノフスキ誕生。
1886年 スイス出身でドイツで活躍したピアニスト、エドヴィン・フィッシャー誕生。
1887年 フランスの建築家、ルイ・コルビュジエ誕生。
1889年 エジソンが初の映画(キネトスコープ)の実験を行なう。投影式の映画の発明者はリュミエール兄弟で、エジソンより後。
1892年 イギリスの詩人、アルフレッド・テニスン没。
1969年 全11楽章からなるショスタコーヴィチの交響曲第14番初演。ルドルフ・バルシャイ指揮、モスクワ室内管弦楽団。
1995年 ペガスス座51番星に初の太陽系外惑星が発見される。

>10月20日頃、ハートレー彗星が地球に接近し、肉眼彗星となる可能性もあります。彗星を見たことがない方は絶好の機会となるかも知れません。ただし、ピアノ演奏と同じようにある程度の技術が必要なので、繰り返しトライしてスキルを上げていくつもりで臨むとよいでしょう。初心者には口径50ミリ7倍の双眼鏡がベストチョイスです。三脚に取り付けられるタイプならなお確実です。

地球に近づくハートレー彗星を捉えよう

 


ラベル:
posted by tomlin at 11:25| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする