2011年01月15日

朝の定期便 2011-01-15(土)

 
>141621(←トップページアクセスカウンタ)/38005(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者143人 / 300ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス4.6度(07:08;さいたま市観測点)、あかるいくもり。

>おはようございます。今年、一番雲の多い朝を迎えています。またまた今季最低気温を記録しました。時折陽射しのある明るいくもり空です。今日は気温が上がりにくいので、レッスンの方は防寒対策を充分になさってください。

>昨日の北海道陸別観測点の最低気温はマイナス28.8度でした。家庭用の冷凍庫がマイナス18.0度程度なので、関東地方で暮らす私にとっては想像することが難しい気温です。ちなみに日本で観測された最も低い気温は1902年旭川市のマイナス41.0度です。

>さらに付け加えるなら南極の年平均気温はマイナス10度前後(±1度C)で、日本の昭和基地で記録された最低気温は1892年9月4日のマイナス45.3度です。旭川に住む人々は南極越冬隊ほどの知恵と装備・設備を持ち、暮らし方を心得ているということでしょう。感服。

>今日は七十二候の “雉始鳴”(きじ はじめて なく;太陽黄経295度)。

>俳優の細川俊之さんが亡くなられたのは自宅での転倒による急性硬膜下血腫だったそうです。50歳を超えてから、私も死生観が変化し、人はいつ死ぬか分からないと思うようになりました。

>自分自身の予想死因は、第1位 誤嚥下による窒息死か誤嚥性肺炎。第2位 睡眠不足を原因とする不整脈による突然死。以下略。です。すぐそばでネズミ花火が破裂してもびっくりして死んでしまうかも知れませんから死因の予想など意味がありませんが、いつ死んでもよいような悔いのない暮らしをしたいと願っています。

>第15回新聞労連ジャーナリスト大賞で「らせんの真実 冤罪・足利事件」が特別賞を受賞したというニュースがありました。なぜ冤罪が見抜けなかったのかを検証した記事だそうです。この姿勢こそマスメディアが信頼を築くための大切な第一歩です。

「らせんの真実 冤罪・足利事件」

>マスメディアは、そのスタート時から「大本営発表」をそのまま伝えるというスタンスを崩していないように見受けられます。

>数多くのジャーナリストがいるにも関わらず、同じ場所に取材に行って同じことを伝えます。事件を起こしたタレントの自宅前で100人もの記者やカメラマンが何週間も取材を続けるエネルギーを、政府や警察発表の裏をとることに費やしたらどれだけニュースの質が上がることでしょうか。

>政府の判断を批判するのは政治学者の仕事ですが、政府がなぜそのような判断を下したのかというプロセスを伝えるのはジャーナリストの仕事です。判断にいたるプロセスを知ると、政治家の理解不足や判断の基準の曖昧さが国民に伝わるかも知れません。あるいは、政治家の判断の確かさを確認できるかもしれません。

>マスメディアが横並びでゾロゾロと取材している姿はみっともないとしか言いようがありません。プロのジャーナリストならば、私たち素人には気づくことのできない事件の本質を伝えることができるはずです。

>文字として記録が残る新聞というメディアには、特にその点について期待したいと思っています。

>現在の政治の混迷を止められるのは政治家ではなく、鋭いジャーナリズムではないでしょうか。

>公的な発表は、佐賀県警察本部による人身事故データ改竄などにも見られるように「大本営発表」的な性格を持っていると疑ってかかるべきです。だからこそウィキリークスなどのような活動が生まれるのでしょうが、ジャーナリズムこそが検証機能を発揮してほしいものです。

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 志多阿原観測点の23.7度(14:28)、最低・日最低気温は北海道 十勝地方 陸別観測点のマイナス28.8度(07:10)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯観測点のマイナス10.7度(13:38)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原観測点の18.9度(21:47)でした。

>今日のFM番組から

・午後7時20分 名曲リサイタル

番組詳細

・午後9時00分 名曲のたのしみ ハイドン その音楽と生涯(55)

番組詳細

>1月15日の過去のできごと

1908年 ハンガリー生まれでアメリカに亡命した物理学者、エドワード・テラー誕生。アメリカの水爆開発の中心人物で、生涯に渡って核兵器開発推進の立場を崩すことはなかった。
1914年 作曲家の小山清茂誕生。
1929年 作曲家の松村禎三誕生。
1940年 静岡市で大火災。6500戸が焼失。
1955年 フランスの画家、イヴ・タンギー没。
1993年 釧路沖地震(M7.5)発生。死者2名、負傷者966名。全壊3棟、半壊254棟、一部損壊5311棟。規模の割に人的被害が少なかった地震。

>今夜23時前後に月とプレアデス星団(すばる)が双眼鏡の同一視野に入るほど接近します。月が明るいので双眼鏡での観望をお薦めしますが、きっと美しい天体ショーとなることでしょう。

月とプレアデス星団が大接近 

 


ラベル:
posted by tomlin at 12:25| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする