2011年04月10日

朝の定期便 2011-04-10(日)

 
>143159(←トップページアクセスカウンタ)/41618(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者166人 / 362ページビュー)。

>今朝の最低気温10.0度(05:25;さいたま市観測点)、くもり→晴れ。

>おはようございます。昨夜は弱い雨が降り、朝は道路が濡れていましたが、あっという間に乾いて陽射しも出てきました。

>今日は七十二候の “鴻雁北”(こうがん かえる;太陽黄経20度)。

>昨夜USTRRAMで、京都大学原子炉実験所助教 小出裕章先生が福島原発の今後について語られていました(電話インタビュー)。慎重に言葉を選んで発言する方で、その内容には今まで起きた出来事との矛盾がなく信頼できる方であると感じました。

>1号炉の放射線量急増(4/8)で考えられることのひとつが再臨界の恐れ。東電の発表のとおりに燃料棒の70パーセントが破損しているとするならば、制御棒が機能しないので、再臨界が起こる可能性が出てくる。もし、高熱を発する燃料が格納容器を破壊して、水蒸気爆発を起こすならばチェルノブイリ事故と同規模の被害となるので避けなければならない。

>チェルノブイリの時には半径700kmが放射線管理区域となったので、日本では関西も管理区域になると考えられる(風向きにもよる)。

>動画はこちら。ぜひご覧になってください。

東日本大震災支援特別番組 福島原発事故による影響について 汚染水 海への流出は止まった? 原子炉の現状は

>御用学者と呼ばれる人たちについてまとめるブロガーも登場してきました。確かに、質問者の言葉の肝心な部分が終わる前に「大丈夫です」と発言する学者の方もいらっしゃいます。それを見ると誰もが「はじめに“大丈夫”ありき」の姿勢を感じ、不信感を抱くことでしょう。

>専門家の意見について、過去の事象との齟齬があるかどうかを検証して信頼できるかどうかを判断しなければなりません。専門家(スペシャリスト)がゼネラリストであるとは限りませんから、発言が正しいのかどうか聞き手である私たちの判断が重要です。知識とともに事実を知る力(洞察力)がなければ未来予測はできません。

原発御用学者一覧※あくまで参考として(本来、私たち一人ひとりが行うべきことです)

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間観測点の26.2度(14:54)、最低・日最低気温は北海道 後志地方 喜茂別観測点のマイナス9.1度(05:21)、最低・日最高気温は岩手県 藪川観測点の3.3度(13:43)、最高・日最低気温は観測点の22.4度(23:57)でした。

>今日のFM番組から

・午前8時15分 吹奏楽の響き 吹奏楽vsブラスバンド

番組詳細

・午前9時00分 名演奏ライブラリー ピンカス・ズーカーマンの芸術

ピンカス・ズーカーマン(1948- )は、イスラエル生まれでカナダを拠点に活動するヴァイオリニスト。

番組詳細

・午後2時00分 サンデークラシックワイド メトロポリタン歌劇場の歌劇 “ボリス・ゴドノフ”

「ボリス・ゴドノフ」はムソルグスキー作曲。ほかに、リムスキー=コルサコフの「シェエラザード」など。

番組詳細

・午後7時20分 シンフォニーコンサート 東フィル 第799回オーチャード定期演奏会から

ドヴォルザーク、バッハ、ストラヴィンスキー。

番組詳細

・午後9時00分 ビバ!合唱 2つの受難曲

番組詳細

>4月10日の過去のできごと

1813年 イタリア生まれで、フランスで活躍した数学者・天文学者のジョゼフ=ルイ・ラグランジュ没。
1864年 ピアニストのオイゲン・ダルベール誕生。リストの弟子でバックハウスの師。よって、バックハウスはベートーヴェンのひ孫弟子、ツェルニーの孫弟子ということになります。
1873年 日本画家、下村観山誕生。
1882年 イギリスの画家、ダンテ・ゲイブリエル・ロセッティ没。
1887年 チェリビダッケの師で作曲家のハインツ・ティーセン誕生。
1966年 日本画家の川端龍子没。俳人の川端茅舎は実弟。
1979年 イタリアの作曲家、ニーノ・ロータ没。
1997年 作曲家の黛敏郎没。

 


ラベル:
posted by tomlin at 11:02| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

朝の定期便 2011-04-09(土)

 
>143144(←トップページアクセスカウンタ)/41570(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者138人 / 337ページビュー)。

>今朝の最低気温12.0度(05:18;さいたま市観測点)、くもり、風。

>おはようございます。曇りの朝、今日も風が吹いています。

>14時22分には水星が内合(太陽-水星-地球と並ぶ)。

>ドイツ気象局の放射性物質拡散予想です。10日、11日は関東地方・中部地方など広い範囲に及ぶ可能性がありますが、大気の予報は難しく(天気予報と同じくらいの精度)、この予報が正しい保証はありません。あくまでも参考です。読み込みに少し時間がかかります。

ドイツ気象局 福島原発からの放射性物質拡散予想(動画)

>呆れるばかりのニュースです。原発設計の専門家は、原発運転操作の専門家ではなく、運転操作の専門家は事故対策の専門家ではなく、法整備に関わる専門家は原発設計の専門家ではないということです。1990年に定めた発電用軽水炉の安全設計審査指針の解説に、長時間の全電源喪失について「考慮する必要はない」と明記。頼みの綱のディーゼル発電機は、3/11の本震でも4/07の余震でも各原発で起動しないものが多発、信頼性が非常に低いことが露呈しています。

ニュース記事

>非常用ディーゼル発電機の信頼性の低さを報じる記事

震度6強余震 原発のもろさ再び露呈

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間観測点の26.6度(15:11)、最低・日最低気温は北海道 後志地方 喜茂別観測点のマイナス6.1度(23:17)、最低・日最高気温は北海道 後志地方 真狩観測点の5.2度(02:21)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原観測点の22.5度(06:12)でした。

>今日のFM番組から

・午後7時20分 名曲リサイタル

番組詳細

・午後9時00分 名曲のたのしみ ハイドン その音楽と生涯(63)

オラトリオ「天地創造」から第1部、ほか。

番組詳細

>4月9日の過去のできごと

1770年 ゼーベック効果で知られるドイツの物理学者で医師のトーマス・ゼーベック誕生。なお、1770年はベートーヴェンの誕生年。
1794年 現代のフルートのキーシステム(ベーム式)を完成させたドイツの楽器製作者で演奏家でもあったテオバルト・ベーム誕生。
1821年 フランスの詩人シャルル・ボードレール誕生。
1846年 イタリアの作曲家、フランチェスコ・パオロ・トスティ誕生。
1919年 最初期のコンピュータであるENIACの主要開発者のひとりであるジョン・エッカート誕生(もう一人はジョン・モークリー)。
1931年 若い頃は作曲家を志していたという数学者の広中平祐(ひろなか・へいすけ)誕生。1970年フィールズ賞受賞。
1940年 指揮者の小林研一郎誕生。
1959年 アメリカの建築家、フランク・ロイド・ライト没。
1976年 作曲家の矢代秋雄没。

>今日の天体画像

まるで眼球のような惑星上星雲、NGC2438(とも座、距離3000光年)です。

Planetary Nebula NGC 2438

 
ラベル:
posted by tomlin at 11:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

朝の定期便 2011-04-08(金)花祭り

 
>143124(←トップページアクセスカウンタ)/41543(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者136人 / 315ページビュー)。

>今朝の最低気温10.3度(06:32;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。朝から気温が高く、時おり強風が吹いています。

>西日本から雨が降り始めています。大気中の放射性物質の量が少なくなっているということなので、3月中よりは安全だと思いますが、降り始めの雨には濡れないほうがよいかも知れません。

>参考までに「千葉の大気中および水道水中の放射性核種の濃度」をリンクしておきます。3月下旬のヨウ素131の濃度は今に比べると非常に高かったことが分かります。

千葉の大気中および水道水中の放射性核種の濃度

>気象庁地震情報

昨夜23時32分の地震は非常に大きなものでした。余震とは思えない規模。まだしばらくは油断できません。

各地の震度に関する情報

>ドイツと日本との放射性物質の許容量の比較です。ドイツは人体に対する安全のために基準、日本は現状を追認して人々を安心させるための基準ともとれます。私は安心するよりも安全のために多少なりとも力を尽くしたいと思います。

【ドイツとの比較】放射線リスク最小化のための基準

>1945年から1998年までの間に世界で行われた核爆発・核実験が全て見てとれる動画です。日本のマルチメディア・アーティストである橋本公さんによるものです。時系列は右上の西暦で、核実験を実施した国は画面周囲に国旗で示され、数字はその回数です。右下の赤い数字が核爆発の総計です。人類の、というよちは各国指導者の愚かさを感じます。

Map of Nuclear Explosions on the Earth from 1945-1998

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 仲筋観測点の26.1度(12:55)、最低・日最低気温は岩手県 藪川観測点のマイナス7.0度(04:56)、最低・日最高気温は北海道 宗谷地方 礼文観測点の7.0度(12:00)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原観測点の21.8度(03:00)でした。

>今日のFM番組から

・午後2時00分 気ままにクラシック(再)

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ヨーロッパで開かれた東日本大震災のためのコンサート

「ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバーと、そのほかによる東日本大震災チャリティーコンサート」
「佐渡裕、ジャン・イヴ・ディボーデ、フランス国立管弦楽団による東日本大震災の犠牲者に捧げるコンサート」

番組詳細

>4月8日の過去のできごと

1492年 イタリア、フィレンツェのルネッサンス期におけるメディチ家最盛期の当主、ロレンツォ・デ・メディチ没。
1692年 イタリアのヴァイオリニストで作曲家のジュゼッペ・タルティーニ誕生。
1820年 エーゲ海のメロス島で「ミロのヴィーナス発掘」。畑で農作業中に農夫が掘り出した。1964年のこの日、国立西洋美術館でミロのヴィーナスの公開が始まる。
1848年 イタリアの作曲家、ガタエーノ・ドニゼッティ没。
1859年 オーストリアの数学者・哲学者で「現象学」の提唱者として知られるエトムント・フッサール誕生。
1889年 イギリスの指揮者、エイドリアン・ボールト誕生。
1902年 指揮者のヨーゼフ・クリップス誕生。
1950年 ロシアのバレエダンサーで振り付け師のヴァーツラフ・ニジンスキー没。
1964年  国立西洋美術館で『ミロのヴィーナス』を特別公開。
1973年 スペインの画家・彫刻家のパブロ・ピカソ没。
2003年 作曲家の石井真木没。
ラベル:
posted by tomlin at 12:05| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

朝の定期便 2011-04-07(木)

 
>143106(←トップページアクセスカウンタ)/41505(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者133人 / 300ページビュー)。

>今朝の最低気温6.1度(04:34;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。花曇りというのでしょうか。満開の桜とよく似合う明るいくもり空です。

>午前中、父のモリアキ翁が桜の写真を撮ってきたので、一緒にDPE店まで行って来ました。

>モリアキ翁は毎年、たくさんの桜の写真を撮影します。80代の終わり頃には「来年の桜は見られるかな・・」などと言っていたものですが、90代になってからは「来年の桜も見られるにきまっている」という自信に変わってきています(逆に、周囲は油断できません)。

>とても素敵なCMです。半世紀を過ぎてなお輝きを失わない中村八大、いずみたく作品の偉大さをあらためて感じます。ちなみに、40代以上の人なら覚えていらっしゃると思いますが「チョッコレート、チョッコレート、チョコレイトはメ・イ・ジ」という短くも印象的なフレーズは、いずみたくさん作曲です。

サントリーCM

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 仲筋観測点の25.2度(12:07)、最低・日最低気温は長野県 菅平観測点のマイナス11.0度(05:23)、最低・日最高気温は北海道 日高地方 えりも岬観測点の6.1度(13:37)、最高・日最低気温は沖縄県 宮古島観測点の18.9度(00:01)でした。

>今日のFM番組から

・午前10時00分 吹奏楽の響き(再)

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

ドビュッシー、ミヨー、フォーレ、サン=サーンス、アルカン。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベルリン・フィル特集(4)

ネーメ・ヤルヴィ指揮 / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

リムスキー=コルサコフ「“ムラーダ”組曲」
チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 作品12」
セルゲイ・タニェエフ(1856-1915;タネーエフとも)「交響曲第4番 ハ短調 作品12」

アレクサンドル・タネーエフ(1850-1918)という作曲家もいるので、NHKはフルネームで表記すべきでしょう。アレクサンドルは交響曲を3曲しか書いていないので、第4番はセルゲイ・タネーエフであることが分かるということでしょうか(かなり難しいですよね)。

番組詳細

>4月7日の過去のできごと

1614年 スペインの画家、エル・グレコ没。
1795年 フランスがメートルを長さの単位とする。その由来は北極点と赤道との距離の1千万分の1。
1805年 ベートーヴェンの「交響曲第3番変ホ長調 作品55 “英雄”」初演。この日が音楽史上の交響曲観が変わるきっかけに。
1858年 オーストリアの作曲家、アントニオ・ディアベリ没。
1883年 イタリアの画家、ジーノ・セヴェリーニ誕生。
1894年 筝曲家で作曲家の宮城道雄誕生。
1899年 フランスのピアニスト、ロベール・カザドシュ誕生。
1920年 インドのシタール奏者、ラビ・シャンカール誕生。
1924年 作曲家の團伊玖磨誕生。
1938年 フランスの画家、シュザンヌ・バラドン没。ユトリロの母。
1954年 ヘルベルト・フォン・カラヤンが初来日、N響を指揮。
1961年 上野の東京文化会館の落成式。

 
ラベル:
posted by tomlin at 12:13| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

朝の定期便 2011-04-06(水)

 
>143085(←トップページアクセスカウンタ)/41463(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者141人 / 297ページビュー)。

>今朝の最低気温2.2度(05:28;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。春めいた快晴の朝を迎えています。今日は暖かくなりそうです。

>お知らせ

北井音楽教室 発表会が以下の日時に行われます。ぜひお出かけください。
特に、発表会のレパートリーをお探しのピアノの先生には宝庫のような発表会です。

2011年4月10日(日)午後1時45分開演
会場 新宿文化センターホール 小ホール 入場無料

>今日はラファエロ528歳の誕生日、アルブレヒト・デューラー没後483年、ギュスターヴ・モロー186歳の誕生日、ストラヴィンスキー没後40年という日です。

>92歳の女性がホノルルマラソンを完走したというニュースがありました。快挙です。全人類に力を与えてくれるような出来事です。マラソン初挑戦は86歳だそうです。ちなみに92歳時の記録は9時間53分。

ニュース記事

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 久米島観測点の22.8度(14:31)、最低・日最低気温は岩手県 藪川観測点のマイナス11.1度(05:36)、最低・日最高気温は北海道 日高地方 えりも岬観測点の4.3度(16:31)、最高・日最低気温は沖縄県 仲筋観測点の17.8度(02:42)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

皮肉なことに、被災地を中心に4月の日最低気温の記録を更新しています。暖房用燃料の供給が滞らないように祈るばかりです。

昨日4月5日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

20世紀非前衛オケ作品。ショスタコーヴィチ3曲、ストラヴィンスキー1曲、ハワード・ハンソン1曲、バーンスタイン2曲。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベルリン・フィル特集(3)

アンドラーシュ・シフ指揮・ピアノ / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

バッハ「ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052」
ハイドン「交響曲第100番 ト長調 “軍隊”」
モーツァルト「歌劇 “ドン・ショヴァンニ” 序曲」
モーツァルト「ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K.466」ほか。

番組詳細

>4月6日の過去のできごと

1483年 イタリア・盛期ルネッサンスの画家ラファエロ・サンティ誕生。1520年の4月6日に没。
1528年 ドイツの画家、アルブレヒト・デューラー没。
1660年 ドイツの作曲家、ヨハン・クーナウ誕生。聖トーマス教会音楽監督としてバッハの前任者。鍵盤楽器のための作品が重要。
1826年 フランスの画家、ギュスターヴ・モロー誕生。
1829年 ノルウェーの数学者、ニールス・アーベル没。
1860年 フランスのガラス工芸家、ルネ・ラリック誕生。
1896年 アテネで第1回近代オリンピック開催。
1898年 モディリアーニの妻で、フランスの画家、ジャンヌ・エビュテルヌ誕生。私は、モディリアーニが数多く描いた「ジャンヌの肖像」のうちの1枚がお気に入りで、中学時代から長い間、勉強机の上の壁に飾ってありました。
1909年 アメリカの探検家、ロバート・ピアリーが北極点に到達。
1928年 DNA二重らせん構造の発見者のひとりであるアメリカの分子生物学者、ジェームズ・ワトソン誕生。
1929年 
1943年 サン=テグジュペリ作星の王子さまの初版、ニューヨークで刊行。
1968年 映画「2001年宇宙の旅」がアメリカで公開。
1971年 ロシアの作曲家、イーゴリ・ストラヴィンスキー没。
2004年 日本画家の加山又造没。


 
ラベル:
posted by tomlin at 11:15| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

朝の定期便 2011-04-05(火)

 
>143065(←トップページアクセスカウンタ)/41426(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者143人 / 322ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス0.5度(05:44;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。快晴の朝を迎えています。今日も計画停電は実施されません。

>10時49分 土星が衝(太陽-地球-土星と並ぶ)。土星観望の好機です。

>12時12分には二十四節気の“清明”(太陽黄経15度)。七十二候では“玄鳥至”(つばめ きたる)。

>NHK番組から、日本への原子力発電導入の経緯。日本人が、どのように懐柔されて現在に至ったのかが描かれています。必ず知っておくべきことです。3つの動画に分割されています。

原発導入のシナリオ 〜冷戦下の対日原子力戦略〜NHK_1
原発導入のシナリオ 〜冷戦下の対日原子力戦略〜NHK_2
原発導入のシナリオ 〜冷戦下の対日原子力戦略〜NHK_3

>ドイツ放射線防護協会が日本向けに発した指針です(日本語)。日本政府の公式発表よりもはるかに具体的で役に立ちます。

日本における放射線リスク最小化のための提言

>ドイツ気象庁による粒子拡散シミュレーションの日本語訳

日本政府は発表を拒んでいますが、知ることこそ最大の防御です。積極的に立ち向かいましょう。4月6日には核汚染は西日本一帯に広がりますが、それ自体は屋内で過ごすなどしてやりすごすことが可能です。その2-4日後に水道水へ影響が出ますから、早めに水道水の汲み置きをして時間差で利用しましょう。4人家族で1日に2リットルのペットボトル4本の備蓄が目安です。3日分12本あれば、飲用と炊飯(無洗米推重)、味噌汁などに使えます。

ドイツ気象庁(DWD)による粒子拡散シミュレーション

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

熱帯低気圧情報

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 南大東観測点の24.6度(13:58)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 朱鞠内観測点のマイナス18.0度(06:00)、最低・日最高気温は福島県 鷲倉観測点のマイナス2.4度(13:54)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原観測点の19.1度(18:13)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

低気温が続いています。

昨日4月4日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

スメタナ、ドヴォルザーク、ヤナーチェク。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベルリン・フィル特集(2)

デーヴィッド・ジンマン指揮 / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

番組詳細



>4月5日の過去のできごと

1732年 フランスの画家、ジャン・オノレ・フラゴナール誕生。
1784年 ドイツの作曲家、ルイ・シュポーア誕生。
1803年 ベートーヴェンの交響曲第2番初演。
1869年 フランスの作曲家、アルベール・ルーセル誕生。
1896年 君が代の作曲者、林廣守没。
1908年 オーストリアの指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤン誕生。
1932年 富士山頂で日本山岳最大風72.5m/秒を記録。
1959年 ロシアの作曲家ストラヴィンスキーが初来日。
1985年 日本が商業捕鯨撤退を決定。

ラベル:
posted by tomlin at 11:34| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

朝の定期便 2011-04-04(月)

 
>143047(←トップページアクセスカウンタ)/41386(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者131人 / 345ページビュー)。

>今朝の最低気温3.4度(05:55;さいたま市観測点)、快晴、風。

>快晴で、少々強い風が吹いています。

>ドイツ気象庁のシミュレーションでは関東地方から中部地方にかけて、放射性物質の到達が予想されています。

>小さなお子さんがいらっしゃるご家庭では、今のうち(少なくとも今日中)に水道水をペットボトルに詰めて、できれば、数日の時間差をおいて使いましょう。実効もありますが、抗いがたい不安など、精神的にも効果があることでしょう。

>気象庁地震情報

規模は小さいのですが、2日と4日に東京湾の全く同じ震源で地震が起こっています。東北沖地震の後にも同じことが起こっていました。そもそも東京湾を震源とする地震は多くありません。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 石垣島観測点の25.8度(14:04)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 朱鞠内観測点のマイナス13.0度(23:53)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯観測点のマイナス5.2度(11:10)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原観測点の21.0度(06:25)でした。

>今日のFM番組から

・午前7時20分 気ままにクラシック(本放送)

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

バッハ、ハイドン、レオポルト・モーツァルト、アマデウス・モーツァルト。

「おもちゃの交響曲」は、気ままにクラシックで放送された演奏と同一の可能性があります(CD番号は異なります)。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベルリン・フィル特集

アンドリス・ネルソンス指揮 / ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

ベルク「ヴァイオリン協奏曲」(Vn:バイバ・スクリデ)
ショスタコーヴィチ「交響曲第8番 ハ短調 作品65」

番組詳細

>4月4日の過去のできごと

397年 アウンブロジウス聖歌に名を残すミラノの司教アンブロジウス誕生。音楽史の授業ではキリスト教のもっとも古い時代(4世紀)の聖歌として登場しました。mk
1779年 モーツァルトのミサ曲ハ長調「載冠式ミサ」初演。
1843年 ドイツの指揮者ハンス・リヒター誕生。初演曲は「ニーベルンクの指輪」全曲、ブラームス「交響曲第2番、第3番」、チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」、ブルックナー「交響曲第4番、第6番」、エルガー「エニグマ変奏曲」、「交響曲第1番」など。
1875年 「春の祭典」を初演したフランスの指揮者ピエール・モントゥー誕生。
1876年 フランスの画家、モーリス・ド・ヴラマンク誕生。一時期、オーケストラでヴァイオリン奏者を務めるという経歴も持っています。高校生の頃には全く好きな画家ではありませんでしたが、その後、美術館や展覧会で何度となく出会ううちに極めて独自性の強い画家であることを認めざるを得なくなってきました。
1885年 童謡作曲家の本居長世誕生。
1890年 ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)が来日。日本は異文化の目を持つシーボルトやブルーノ・タウトなどの外国人から日本文化の独自性と特異性を学んできました。ラフカディオ・ハーンもそのひとりです。
1919年 クルックス管の発明、タリウムの発見などで知られるイギリスの化学者・物理学者のウィリアム・クルックス没。
1932年 ソビエト時代の映画監督アンドレイ・タルコフスキー誕生。

 
ラベル:
posted by tomlin at 15:28| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

朝の定期便 2011-01-03(日)

 
>143027(←トップページアクセスカウンタ)/41347(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者116人 / 232ページビュー)。

>今朝の最低気温6.0度(05:30;さいたま市観測点)、くもり。

>遅くなりました。朝からくもりの一日で、気温も上がりません。

>23時32分には新月。書き忘れてしまったのですが、昨日4月2日18時00分には月の距離が最遠(1.058、40万6652km、視直径29.3')でした。これは2011年のレコードです。

>今日の午前中は、夏に予想される電力供給の逼迫を鑑みて、作曲工房の節電対策をさらに進めました。

>点灯時間の長いダイニング、レッスン室のシーリングライト(蛍光灯/直管40w)を半分外しました。ダイニングでは60wの白熱球が4球並んだテーブルライトをLED電球に換装。また、点灯時間は短くとも、スイッチひとつで白熱球3球以上が同時点灯するホールなど2ヶ所をLED電球に換装しました。これで600w→70wへと88.4パーセントの削減となりました。

>すでに作曲工房のエントランス(玄関まわり)、レッスン室までの階段灯とホールのLED換装は昨年の早い時点で完了、私が一人で仕事をする時の照明も4.7wのみです。

>今回の設備投資にかかったコストは電気代で回収できる計算ですが、比較的点灯時間の短い6球に関しては少々怪しい点があります。それは以下のとおりです。

>今回はアイリスオーヤマ製の60wタイプ(440ルーメン)を980円(さらに5パーセント引き)で買いました。今までに比べてかなり大幅な価格低下で、コスト回収の点では有利になりました。

>今回購入したLED電球の設計寿命は今では標準的な40000時間なので、積算消費電力は280kwhとなり、1kwh24円で計算しても6720円。本体価格を足しても7651円です。それに対して60wの白熱電球の設計寿命は1000時間ですから、40000時間で40個の電球が必要となり、1個100円として4000円。60wh(省エネ型は56wとして)の40000倍は2240kwhなので電力料金は53760円。電球代と合わせて57760円となります。

>ところが、上記の計算は実は現実的ではありません。毎日2時間しか点灯しなければ40000時間の寿命は約55年も持つことになり(実際には経年劣化があるので55年使い続けるのは無理でしょう)、私の寿命も考えて半分の27年とすると、白熱電球のコストは28880円。さらに、白熱電球の製造が近々終了することも考えると、コスト回収の点ではあまり期待できないというのが本当のところかも知れません。

>しかし、使用電力量の削減には確実に貢献することでしょう。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 石垣島観測点の25.9度(13:24)、最低・日最低気温は青森県 酸ケ湯観測点のマイナス7.9度(22:35)、最低・日最高気温は北海道 後志地方 真狩(まっかり)観測点のマイナス0.7度(00:26)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原観測点の21.2度(06:41)でした。

>今日のFM番組から

・午前8時15分 吹奏楽のひびき リクエスト特集

番組詳細

・午前9時00分 名演奏ライブラリー 若き日のアンドレ・プレヴィン

私がクラシック音楽を聴き始めた1970年頃には、アンドレ・プレヴィン(1929-)は、若手指揮者でした。当時は、プロフィールに必ずジャズピアニストから指揮者へ転身というようなエピソードがついて回っていました。プレヴィンがロンドン響(LSO)を振ったヴォーン=ウィリアムズの「田園交響曲」が非常に気に入っていた時期がありました。

番組詳細


・午後2時00分 サンデークラシックワイド 海外コンサート ラテンアメリカとスペインの音楽

実は、ずっとこの番組を聴きながら更新しているのですが、ついついタイピングが止まってしまって、ようやくここまでこぎ着けたという感じです。ノリが良くて、聴いていて踊りだしそうです。

番組詳細

・午後6時00分 現代の音楽現代の音楽 音の現在(いま)〜マグヌス・リンドベルイ(1)

マグヌス・リンドベルイ(1958- )はフィンランドの作曲家でピアニスト。

番組詳細

・午後7時20分 FMシンフォニーコンサート 東フィル第32回響きの森クラシック・シリーズから

ショスタコーヴィチ「祝典序曲」
カッチーニ(朝川朋之/編曲)「アヴェ・マリア」
プッチーニ「歌劇“トゥーランドット”から 誰も寝てはならぬ」
加藤昌則「スロバキアン・ラプソディー」(サクソフォーン:須川展也)
チャイコフスキー「交響曲第5番 ホ短調 作品64」

番組詳細

>4月3日の過去のできごと

604年 聖徳太子が「十七条の憲法」制定。
1682年 スペインの画家、バルトロメ・エステバン・ムリーリョ没。
1841年 ドイツの天文学者、ヘルマン・カール・フォーゲル誕生。天体の分光観測の先駆者。たとえば、恒星の自転速度を赤道部分両端のスペクトルを比較して、そのドップラーシフトから決定したり、分光連星を発見したりしました。恒星は非常に遠く、眼視観測では解明不可能なことが多いので、天文学者にとって分光観測は強力な武器となりました。
1868年 スウェーデンの作曲家、フランツ・アドルフ・ベルワルド没。
1869年 グリーグのピアノ協奏曲イ短調初演。
1889年 「ホラ・スタッカート」で知られるルーマニアのロマの作曲家、グリゴラシュ・ディニク誕生。
1895年 イタリアの作曲家、マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ誕生。近ごろ私が注目している作曲家の一人です。
1897年 ドイツの作曲家、ヨハネス・ブラームス没。
1950年 ドイツの作曲家、クルト・ワイル没。
1952年 小説家の中島らも誕生。
1957年 日本画家の小林古径没。
1962年 ヴァイオリニストの千住真理子誕生。
1972年 管弦楽組曲「大峡谷(グランドキャニオン)」で知られるアメリカの作曲家、ファーディ・グローフェ没。
1982年 イギリスのテノール歌手、ピーター・ピアーズ没。

 
ラベル:
posted by tomlin at 17:20| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月02日

朝の定期便 2011-04-02(土)

 
>143005(←トップページアクセスカウンタ)/41312(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者139人 / 327ページビュー)。

>今朝の最低気温3.9度(05:27;さいたま市観測点)、くもり。

>早朝には陽射しもありましたが、すっかりくもってしまいました。

>最初に演奏会のお知らせです。

>4月25日(月)午後7時30分から錦糸町駅近くの墨田トリフォニーホールで、ピアニストの三浦京子さんのリサイタルが行われます。自粛ムードの中で大英断です。ぜひ応援したいと思います。

>三浦京子さんは「ヴェルレーヌの詩による6つの小品」を委嘱してくださったピアニストです。その後も、ご自身のリサイタルなどで私の作品を取り上げてくださっていて、特に「海からの風 第2番」では作曲者の私も知らなかった美しさには驚きすぎたため、もう第3番は書けません。

>私が「ウラノメトリア」という発想を得た頃、偶然出会ったのが三浦京子さんで、打鍵、ペリオーデなどをすでに体現していらっしゃた彼女からの影響は大きいものがありました。

>私が「ヴェルレーヌ・・」の初稿をお渡しした時、彼女は一刀両断で私に没を言い渡しました(どひゃあ〜!)。作曲家に向かって、なんの躊躇もなくそのようなことが言える人は、間違いなく“凄い人”です。自分の音楽観に迷いがなく、逆に自信があるということだからです。そして彼女の指摘は正しいものでした。

>「ヴェルレーヌ・・」の完成度は彼女に負うところが大きく、それ以後の私の作品も「三浦京子基準」によっています。

>プログラムはモーツァルトの「幻想曲ニ短調 K.397」、シューベルト「ピアノソナタ イ長調 D664」、ショパン「ノクターン 嬰ハ短調 遺作」「スケルツォ第1番 ロ短調」。そして後半が「フランツ・リスト生誕200年によせて」となっていて「エステ荘の噴水」「愛の夢第3番」「ラ・カンパネラ」「バラード第2番 ロ短調」ほかです。

>当日券3500円 前売り3000円ですが、詳しく書けませんが作曲工房関係者には特別な優待があります。ご希望の方は、ぜひ作曲工房にメールでお知らせください。もちろん、私も行きます。駆けつけたいですね。

>なおウラノメトリアには、もう一人のピアニスト、長堀好美さんの影響もあります。こちらは「長堀好美基準」です。お二人とも、楽譜をチラ見しただけで頭の中で全部の音が鳴ってしまうという能力の持ち主です。

>数年まえ、長堀好美さんは京都の森田ピアノ工房でバロック調律された(A=416?)ヴィンテージピアノをうまく弾くことができませんでした。なぜなら全て半音上の鍵盤を正しいと認識してしまうからでした。目の前で繰り広げられる即興単2度移調演奏を見て、私はオワワワワ!とビビりまくりでした。

>気象庁地震情報

昨夜(4月1日19時49分頃)、秋田県内陸北部を震源とするM5.1、最大震度5強の地震が発生しました。これは東北沖大地震の震源域とは別のところで起きた独立した地震です。現在も余震が続いています。大震災の翌日、3月12日に発生して大きな被害をもたらした長野県北部地震も余震が散発しています。東日本大震災と重ならなければメディアによって連日報道されたかも知れない地震と考えられます。日本周辺(カムチャツカなど環太平洋沿岸を含む地域)は活動期にあると考え、備え(心構えと、避難場所の確認などの実務的準備)を怠らないようにしましょう。物への執着を捨て去れば、命が助かる可能性は高まることでしょう。

各地の震度に関する情報

>気象情報

ドイツ気象庁が4月1日から4月4日(国際標準時)までの日本の風向風速シミュレーションを発表しています(ありがたい時代になりました)。それによると、日本時間では、4月2日昼ごろから関東地方に放射性物質を含んだ風が到達し、翌3日には中部地方までを包み込みます。それらが水道水に反映されるには2日から4日のタイムラグがありますから、今日、ありったけのペットボトル、ヤカン、鍋に水を汲み置きしておきましょう。4人家族で一日8リットルあれば、飲み水、炊飯(無洗米推奨)、味噌汁などに使えることでしょう。ヨウ素131の半減期は8日ですから、今後も水を汲み置きして時間差で利用すれば放射線濃度を下げることもできます(下げなければならない理由については後述)。

ドイツ気象庁 日本周辺の風向風速シミュレーション

>作曲工房では2リットルペットボトルに10本に番号をふって、汲み置きした水道水を順番に使っています。恐れるばかりではなく、積極的に対策を。

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 与那国島観測点の25.7度(14:21)、最低・日最低気温は長野県 菅平観測点のマイナス13.8度(05:56)、最低・日最高気温は北海道 釧路地方 弟子屈(でしかが)観測点の1.4度(14:21)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の20.3度(05:01)でした。

>水道水に含まれる放射性ヨウ素131の濃度安全基準値はにほんが、1リットルあたり大人で300ベクレル、乳児が100ベクレルとなっていますが、WHOの安全基準値は大人で10ベクレルです。これは、日本の汚染状況がWHOの基準値をクリアすることが現実的ではないので基準値の緩和によってパニックを防ぐ目的があるのだと思われます。

>実際、WHOの基準値には安全率が見込まれていますから、日本の基準値がすぐに危ないとは言い切れません。ここから先は一人ひとりの人生観の問題になります。

>放射性ヨウ素と共に含まれる放射性物質はいくつもありますが、もうひとつの代表格である放射性セシウムの半減期は30年です。こちらは水の汲み置きで線量を減らすことはできません。しかし、ヨウ素131の線量を減らすだけでも全体の線量を下げることには貢献します。

>現在さいたま市の水道水に含まれるヨウ素131は1リットルあたり48ベクレルで、WHOの安全基準を4倍上回っています。冷蔵庫に入れて16日間汲み置きすると12ベクレルまでさがることになります。保存による水質劣化を考えると現実的ではありませんが、8日保存で24ベクレルです。数ヵ月という飲用期間なら多少安心できるような気もします。

>無理なくできる放射能対策として、各家庭で「心の負担」を増すことなくできることを実行するのはどうでしょうか。水の汲み置きなど子どもにだってできます。母親ひとりで背負い込むこともないでしょう。子どもにラジオアイソトープの性質を教えるチャンスと考えることもできます(半減期の話ならウィキペディアのにわか仕込みで充分です)。

>大人ばかりの家庭ならば、今の段階では対策しなくても大丈夫という考えも成り立つことでしょう(それが各人の人生観です)。

>参考までにWHOの各放射性物質の安全基準値一覧をリンクしておきます。赤枠で囲まれているのがヨウ素131です。

WHO書放射性ヨウ素安全基準値一覧

>怖がるなら、レオナルドのように判断の基準を事実に置いて、正しく「怖がる」べきだと思いますが、いかがでしょうか。楽観的であることも、悲観的であることも私たちに真の心の安定をもたらすことはありません。

>今日のFM番組から

・午後7時20分 名曲リサイタル

番組詳細

・午後9時00分 名曲のたのしみ ハイドン その音楽と生涯(61)

番組詳細

>4月2日の過去のできごと

1805年 デンマークの童話作家・詩人のハンス・クリスチャン・アンデルセン誕生。
1840年 フランスの小説家、エミール・ゾラ誕生。
1880年 洋画家の熊谷守一誕生。
1922年 「ロールシャッハ・テスト」で知られるスイスの精神医学者、ヘルマン・ロールシャッハ没。
1956年 彫刻家で詩人の高村光太郎没。
1973年 ウクライナ生まれのユダヤ系指揮者、ヤッシャ・ホーレンシュタイン没。姉はピアニストのレオ・シロタの夫人、姪のベアテ・シロタ・ゴードンはGHQ憲法草案制定会議のメンバーとして日本国憲法の起草に関わった。
1982年 フォークランド紛争勃発。
1891年 ドイツの画家、マックス・エルンスト誕生(昨日は忌日)。
1988年 作曲家の菅原明朗没。91歳の没年まで現役で作曲を続けた。
2007年 ソロモン諸島付近でM8.0の強い地震が発生し、津波により20名以上の死者。ソロモン諸島で非常事態宣言。

 
ラベル:
posted by tomlin at 13:36| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

朝の定期便 2011-04-01(金)

 
>142984(←トップページアクセスカウンタ)/41277(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者123人 / 246ページビュー)。

>今朝の最低気温1.4度(04:43;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。快晴の穏やかな朝を迎えています。

>作曲工房の早咲き桜は満開を過ぎ、葉が開いてきました。背丈にも届かない小さな桜ですが、毎日少しずつ姿を変えるので朝が楽しみ。

>今日も作曲工房では計画停電はありません。レッスンは通常どおりです。

>今日はラフマニノフ138歳(1873生まれ)の誕生日です。生前、一部の音楽評論家たちが「早晩、ラフマニノフは忘れ去られるだろう」と書き記しています。しかし、忘れ去られたのは彼らが支持した作曲家たちでした。

>当時の音楽界の急速な前衛化の中で、評論家たちも軸足をどこに置けば良いのか迷いがあったのでしょう(そもそも、ラフマニノフを正当に評論できるのはラフマニノフと同等の評論家だけのはずです)。

>ラフマニノフと同世代(1875年生まれ)のラヴェルも、若き音楽家たちの台頭に「ああ、とうとう私も時代遅れになってしまった」と嘆いたそうです。

>私にとってラフマニノフもラヴェルも全く古くありません。バッハやベートーヴェンだって「古くさい」などと思ったこともありません。

>結局、人々は新しさを聴きたいのではなく、本物の音楽を聴きたいのです。いくら聴いても安っぽさや安易さを感じさせず、それどころか聴く者に気高さで圧倒してくるような音楽だけがいつまでも聴き継がれるのだと思います。

>ニュースや、政府広報などで報じられる各地の放射線量は単位が毎時なので、1日量は24倍、年間被曝量を知りたい時には8760倍する必要があります。

>胸部レントゲンの被曝量が50マイクロシーベルトであると比較のために記述がありますが、レントゲン検査を年に一回受けるとして毎時に直せば0.0057マイクロシーベルトになります。

>今朝7時の北茨城市の放射線量が毎時0.600シーベルトなので、年間に直すと5256マイクロシーベルト。レントゲン検査を100年以上、あるいは3日に1回胸部レントゲン検査を受けたのと同じ数値です。さいたま市では今朝7時の放射線量が毎時0.080マイクロシーベルトなので、年間700.8マイクロシーベルト。

>放射線量は日々変化しますから、発表は毎時が妥当であると思います。問題は、私たちがその情報を正確に把握して利用できることです。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は宮崎県 西米良観測点の23.2度(14:00)、最低・日最低気温は長野県 菅平観測点のマイナス12.3度(04:33)、最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 常呂観測点のマイナス0.4度(11:13)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原観測点の17.9度(05:28)でした。

>今日のFM番組から

・午前9時20分 ビバ!合唱 もうすぐ春

番組詳細

・午後2時00分 気ままにクラシック(再)

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック エレーヌ・グリモー ピアノ・リサイタル

エレーヌ・グリモーは野生オオカミの研究・保護活動でも知られる異色のピアニストです。フランス生まれのピアニストですが、フランスもののレパートリーにはあまり興味を示さず、ラフマニノフやベートーヴェン、シューマン、ブラームスなどを積極的に演奏しています。
今夜のプログラムはモーツァルト、ベルク、リスト、バルトーク、ショパンほか。

番組詳細

>4月1日の過去のできごと

1866年 イタリア出身の作曲家、ピアニストのフェルッチョ・ブゾーニ誕生。
1873年 ロシア生まれの作曲家、セルゲイ・ラフマニノフ誕生。当時のロシアで使われていたユリウス暦では3月20日。
1917年 アメリカの作曲家、スコット・ジョプリン没。
1928年 天文学者の古在由秀(こざい・よしひで)誕生。
1958年 ドイツの指揮者、クリスティアン・ティーレマン誕生。
1962年 俳人の西東三鬼没。
1973年 日本画家の横山操没。
1976年 スティーヴ・ジョブズとスティーヴ・ウォズニアックによってアップルコンピュータ設立。
1976年 ドイツの画家、マックス・エルンスト没。
1989年 日本で3パーセントの消費税導入。

ラベル:
posted by tomlin at 11:03| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする