2011年04月14日

朝の定期便 2011-04-14(木)

 
>143243(←トップページアクセスカウンタ)/41809(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者159人 / 316ページビュー)。

>今朝の最低気温6.9度(05:53;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます(あ、まもなく正午ですね)。今日は風も穏やかで気温も上がってきています。

>ついにヨーロッパの野菜やミルクからも福島の放射性物質が検出されました。南フランスの葉物野菜でで0.08Bq/Kg、ヤギ乳で2.1Bq/L。今後、当然のことながら日本に対する損害賠償請求が生じることになるでしょう。それを支払うのは日本人全員です。

参考:Radiation risks from Fukushima 'no longer negligible'

>ニューヨークタイムズは、日本政府設定の「要避難基準」はチェルノブイリの「移住基準」の4倍に設定されていると報道しています。日本のメディアが、ますます「大本営発表」色を強めているなか、私たちは海外メディアから情報を得なければならないのかも知れません。

>現首相、東電トップ、原子力保安院は20年後の日本史教科書に歴史上の愚かな大罪人として名を残す可能性があります。政治が守るのは国のメンツではなく、国民の命であるべきです。

参考:Japan Nuclear Disaster Put on Par With Chernobyl

>中東の衛星テレビ局「アルジャジーラ」のクルーが津波被害を受けた岩手県宮古市を取材しました。映像は日本のテレビ局から提供を受けたものもありますが、その質の高さに、思わず日本のテレビ局を無批判に見ていたのではないかと反省したほどです。英語番組ですが、インタビューを受けている人は全員日本語ですから大丈夫です。25分。お薦めです。

Japan: Aftermath of a disaster

>最後にもうひとつ。映画「100000年後の安全」の公式サイトです。

>この映画はフィンランドが原発の使用済み核燃料などの放射性廃棄物を地下500mの堅牢な施設で100000年間保管しようという試みについて取材しています。原子力というというものが、いかに不条理であるかを語るものですが、実行している人たちは最善を尽くしているのでしょう。

映画「100000年後の安全」公式サイト

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点の25.2度(14:01)、最低・日最低気温は岐阜県 六厩(むまや)観測点のマイナス7.9度(05:06)、最低・日最高気温は北海道 上川地方 占冠(しむかっぷ)観測点の4.4度(15:41)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の19.8度(05:10)でした。

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

C.P.E.バッハ、ブラームス、カール・ライネッケ(1824-1910;ドイツ)、カール・ニールセン(1865-1931:デンマーク)。
カール・フィリップ・エマヌエル・バッハは、作曲家として名を成したバッハの4人の息子のの中でも特に優れていたと言えます。ウラノメトリアも影響を受けています。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック シャーリー・ブリル クラリネット・リサイタル

番組詳細

シャーリー・ブリルは、イスラエル生まれの女性クラリネット奏者。プログラムはプーランク、吉松隆ほか。

4月14日の過去のできごと

1629年 土星の輪、衛星タイタンを発見したオランダの天文学者、クリスティアン・ホイヘンス誕生。
1759年 ドイツの作曲家ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル没。
1866年 ヘレン・ケラーの家庭教師であったアン・サリヴァン誕生。
1889年 イギリスの歴史学者、アーノルド・トインビー誕生。
1913年 フランスの指揮者、ジャン・フルネ誕生。フィリップ・ゴーベールの弟子。しばしば来日したので、生でお聴きになられた方も多いことでしょう。
1957年 ロシアのピアニスト・指揮者のミハイル・プレトニョフ誕生。
1964年 アメリカの生物学者、レイチェル・カーソン没。
1978年 ギタリストの村治佳織誕生。
1986年 フランスの作家・哲学者、シモーヌ・ド・ボーヴォワール没。サルトルの伴侶としても有名。
2003年 国際ヒトゲノム計画によってヒトゲノムの全解読作業が完了。

 


ラベル:
posted by tomlin at 12:30| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする