2011年07月11日

朝の定期便 2011-07-11(月)

 
>145120(←トップページアクセスカウンタ)/45225(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者157人 / 345ページビュー)。

>今朝の最低気温23.9度(04:49;さいたま市観測点)、晴れ。

>おはようございます。すでに猛暑を感じさせる朝を迎えています。

>昨日は、暑い日中に屋外で長時間作業をしたので(壁面へのネット張り)、今日は全身筋肉痛です。今日は、そこに遮光ネットを取り付けて更なる省エネを図る予定。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は群馬県 館林観測点の37.9度(15:09)、最低・日最低気温は北海道 網走・北見・紋別地方 宇登呂観測点の12.6度(19:54)、最低・日最高気温は北海道 宗谷地方 浜鬼志別観測点の15.8度(15:20)、最高・日最低気温は鹿児島県 喜界島観測点の27.3度(19:45)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日7月10日

>今日のFM番組から

・午前7時20分 気ままにクラシック(本放送)

グラナードスの「アンダルーサ」をはじめとする一連のギター曲は、オリジナルのピアノ曲からトランスクリプションされたものです。デイヴィッド・ラッセルによるものが有名ですが、まるでオリジナルがギター曲であったかのような印象を受けます。グラナードスの原曲にギター曲の要素があったことは間違いありませんが、編曲の理想の姿を目の当たりにする印象があります。

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

ラフマニノフ、ドヴォルザーク、モーツァルト、ベートーヴェン。メインプログラムはベートヴェン「交響曲第6番 ヘ長調 作品68 “田園”」。
先週からFMのクラシック番組はベートーヴェンに傾いていますから、これを機会にベートーヴェンへの接近を図るというのはどうでしょうか。第6番は、第1楽章を徹底的に聴き込むことをお薦めします。ヘビー&ディープを目指す方は“ながら”聴きをやめて、何回も聴きます。全曲をそらで歌えるようになったらスコアを入手して、1パートずつ聴いてきます。まるで自分がその楽器の演奏者の席に座っているかのように。前パートを聴き分けられるようになったら、あーら不思議。あなたの耳は指揮者に近くなっていることでしょう。さらに、作曲者の耳に近づきたかったら、今度はスコアを時系列構造順に区切り(全曲を覚えていれば、どこで同じメロディーが登場するかというようなことはすぐに分かります)、そして、各主要主題を部分動機に分割します。その部分動機が主題以外のどこに使われているかを調べると、主要部分動機が浮かび上がってきます。それが分かると、いままで単なる経過句と思われていたものが部分動機の発展形であることに気づくかもしれません。部分動機のリズム形も転用されていないかどうか探します。さらに部分動機の反行形や逆行形、あるいは反逆行形も探します。すると、そこには単なる思いつきによるメロディーの連続ではなく、建築物としての交響曲の意味が浮かび上がってきます。ベートーヴェンならではの醍醐味です。このような分析の練習曲としてはドヴォルザークの「交響曲第9番」を挙げることができます。アナリーゼ初心者でも、かなり多くの秘密を発見できる曲でしょう。初めてのアナリーゼには数カ月、あるいは数年かかることも稀ではありません。それでもまだ、後から後から発見があります。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション 永野英樹 ピアノ・リサイタル

永野英樹さんは、パリを中心に活躍するピアニスト。ピエール・ブーレーズによってアンサンブル・アンテルコンタンポラン(現代音楽専門のアンサンブル)のピアニストに抜擢された凄腕の演奏家です。プログラムはショパン、ヤナーチェク、バルトーク、リゲティ、エネスコと、興味深い構成になっています。ヤナーチェクの「霧の中」は幻想的な雰囲気のすてきな曲です(ただし、ピアニスティックという観点からは“?”な曲ですが)。

番組詳細

>7月11日の過去のできごと

1836年 19世紀ブラジルを代表するオペラ作曲家、カルロス・ゴメス誕生。
1912年 ルーマニアの指揮者セルジュ・チェリビダッケ誕生(当時ルーマニアで使われていたユリウス暦では6月28日)。
1935年 静岡地震。死傷者9299人。
1927年 アメリカ生まれのスウェーデン人の指揮者、ヘルベルト・ブロムシュテット誕生。
1929年 ドイツのバス・バリトン歌手。ヘルマン・プライ誕生。
1937年 アメリカの作曲家、ジョージ・ガーシュイン没。
1941年 クレタ島のクノッソス遺跡を発掘したイギリスの考古学者、アーサー・エヴァンズ没。 
1979年 東名高速道路・日本坂トンネル内で玉突き事故による火災発生。

 


ラベル:
posted by tomlin at 11:28| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

朝の定期便 2011-07-10(日)

 
>145103(←トップページアクセスカウンタ)/45200(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者181人 / 410ページビュー)。

>今朝の最低気温24.8度(03:11;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。梅雨明け翌日の良く晴れた朝を迎えています。朝8時台に30度を超えました。

>朝、直射日光を受けた外壁をさわりとが非常に熱くなっていました。今日は、作曲工房東側壁面に遮光ネットを巡らせることができるかどうか検討します。

>たったいま(09時57分)強い地震特有の揺れを感じました。長く揺れています。遠いところで強い地震があった印象。

>地震の情報が公開されました。

震源は三陸沖(北緯38.0度、東経143.5度、牡鹿半島の東180km付近)で、震源の深さは10km、マグニチュードは7.1、三陸沿岸に津波注意報が発令されました。三陸沿岸への到達予想時刻は10時20分頃。

当該地震情報

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は群馬県 館林観測点の37.4度(14:33)、最低・日最低気温は北海道 根室地方 根室観測点の12.5度(03:39)、最低・日最高気温は北海道 留萌地方 焼尻観測点の19.4度(13:32)、最高・日最低気温は鹿児島県 喜界島観測点(07:33)、福井県 敦賀観測点(05:39)の27.6度でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日7月9日

>今日のFM番組から

・午前9時15分 吹奏楽のひびき フィルハーモニック・ウィンズ大阪 ライヴ(2)

番組詳細

・名演奏ライブラリー 世界的なヴィオラ奏者ユーリ・バシュメットの芸術

番組詳細

・午後2時00分 サンデークラシックワイド 海外オペラアワー

エヴェリーノ・ピド指揮 / ドニゼッティ作曲 歌劇“アンナ・ボレーナ”ほか

番組詳細

・午後6時00分 現代の音楽 演奏家に聞く〜トロンボーン・村田厚生(2)

番組詳細

・午後7時20分 FMシンフォニーコンサート −東京フィル第796回サントリー定期シリーズから(指揮:ラドミル・エリシュカ)

ショスタコーヴィチ『交響曲第6番 ロ短調 作品54』
プロコフィエフ「交響曲第5番 変ロ長調 作品100」

番組詳細

・午後9時00分 ビバ!合唱 癒やしの合唱曲

番組詳細


7月10日の過去のできごと

1830年 フランスの画家、カミーユ・ピサロ誕生。
1839年 スペインのギター奏者で作曲家のフェルナンド・ソル没。
1888年 イタリアの画家、ジョルジョ・デ・キリコ誕生。
1856年 蛍光灯の実用化、無線トランスミッターをはじめ、数多くの発明でしられる電気技師・発明家のニコラ・テスラ誕生。
1871年 「失われた時を求めて」で知られるフランスの小説家、マルセル・プルースト誕生。
1895年 ドイツの作曲家、カール・オルフ誕生。
1910年 海王星の発見者のひとりとして知られるドイツの天文学者、ヨハン・ゴットフリート・ガレ没。
1920年 飯田蛇笏の四男で、俳人の飯田龍太誕生。
1928年 フランスの画家、ベルナール・ビュッフェ誕生。
1936年 作曲家の平吉毅州(ひらよし・たけくに)誕生。
1976年 イタリアのセベソで工場が爆発し、深刻なダイオキシン汚染事故発生。いわゆる「セベソ事故」。
1978年 天文学者の荒木俊馬(あらき・としま)没。
1979年 ボストン・ポップス・オーケストラの指揮者として知られるアーサー・フィードラー没。
2008年 ニュートリノの質量がゼロではないことを示した物理学者、戸塚洋二没。

>今日の天体画像

スペースッシャトル計画最後の飛行となるアトランティスの勇姿です。

Atlantis Reflection

ラベル:
posted by tomlin at 10:26| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

朝の定期便 2011-07-09(土)

 
>145079(←トップページアクセスカウンタ)/45172(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者188人 / 407ページビュー)。

>今朝の最低気温26.0度(02:56;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。曇りの朝ですが、これから日中は晴れるという予報です。

>民主党政権は、7月1日に米(アメリカとかメートルではなくてコメです)の先物取り引きを認可しました。試験的なものですが、一度動き始めると止まらないというのが過去の例から明らかですから、認可への強い動きと考えてもよいと思います。

>どの国でも食料問題は国家の安全保障の根幹です。有名なところでは、フランスの「パンの公定価格」が知られています。これは12世紀頃から続く伝統的な制度で、パンの価格安定に大きな役割を果たしています。

>穀物価格が安定しないと、民衆の暴動に発展することは去年から今年にかけて数多くの海外報道があったことからも分かると思います。

>しかし、このような報道と日本の食料危機とか結びつかずに危機感が持てない方もいらっしゃるかも知れません。その隙をを突いてきたのが、今回の「米の先物取り引き認可」かも知れません。

>これによって利益を得るのはほんの一部の人に過ぎません(最大の利益をあげるのは海外の投資家かも)。逆に、ひとたび米の需給問題が起これば、日本人全てに不利益が生じる可能性があります。

>主食を投機の対象とする、というのは少し考えただけでも変だと思われることでしょう。

>いったい、どのような考えの上に「米の先物取り引き」のような発想が生まれるのでしょうか。民主党にもすぐれた政治家が数多くいるはずですが、そういう人たちが活躍できないような仕組みがあるようにも感じてしまいます。

>ぜひ、これを機会に食料安全保障について考え、確固たる皆さん自身の考えをお持ちいただければと思います。

>原子力政策も同じです。賛成とか反対ではなく将来のエネルギービジョンを持たないと、原発推進教団と反原発教団の水掛け論になってしまいます。

>事故を起こして動かない2つの高速増殖炉「常陽」と「もんじゅ」が実用化すると予言(予言のレベルです)されている2050年(実際にはさらに数十年遅れるか、結局実現できないだろうという予測もある)には、全く新しい電力システムが構築されている可能性もあります。

>「子孫のために美しい地球環境を遺す」のではなく「私たちは未来の人々から地球を借りている」と考えるべき、という文章を読んで、そのとおりだと感じました。

>1万年も保管しつづけなければならない核燃料を遺すのは未来人への迷惑以外の何ものでもありません。私たちは「飛ぶ鳥あとを濁さず」というように去って行くべきではないかと思います。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は福井県 小浜観測点の37.4度(14:49)、最低・日最低気温は北海道 日高地方 えりも岬観測点の12.0度(03:13)、最低・日最高気温は北海道 根室地方 納沙布観測点の14.9度(13:17)、最高・日最低気温は沖縄県 所野観測点の29.4度(06:51)でした。

>今日のFM番組から

・午後7時20分 名曲リサイタル

前半がピアノの安倍まりあさん、後半は弦楽四重奏団のカントゥス・クァルテット。

番組詳細

・午後9時00分 名曲のたのしみ ハイドン その音楽と生涯(73)

番組詳細

>7月9日の過去のできごと

1615年 江戸で晩雪。
1856年 イタリアの物理学者、アメデオ・アヴォガドロ没。
1879年 イタリアの作曲家、オットリーノ・レスピーギ誕生。
1908年 指揮者の朝比奈隆誕生。
1918年 作曲家の大栗裕誕生。
1922年 森鴎外没。
1955年 バートランド・ラッセルが核戦争の危機を訴える声明を発表。しかし、いまだに為政者たちは核兵器を手放そうとしません。

>今日の天体画像

土星の嵐

ラベル:
posted by tomlin at 09:51| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

朝の定期便 2011-07-08(金)

 
>145060(←トップページアクセスカウンタ)/45146(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者194人 / 403ページビュー)。

>今朝の最低気温24.3度(05:18;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。未明から明け方にかけて雨が降ったので、昨日とおなじような雨上がりの朝を迎えています。しかし、これから晴れるという予報です。

>15時29分には上弦。

>今夜は11月19日の「夜の幸いならんために - 野村茎一の世界」の初リハーサルです。フルートとピアノのための「2つのムード」と「ピアノトリオ」、「ファゴットソナタ」は初めて聴きます。とても楽しみで、今からワクワクしています。

>気象庁地震情報

今日未明03時35分頃、福島県沖(北緯37.1度、東経141.2度)を震源とするM5.6の少し強い地震がありました。福島県、岩手県、茨城県などの広い範囲で震度4の揺れとなり、北は青森県、南は伊豆半島などで有感地震が観測されました。

・当該地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 伊是名観測点(12:21)、宮崎県 赤江観測点(13:33)の33.4度、最低・日最低気温は北海道 根室地方 別海観測点(03:40)、同 釧路地方 白糠観測点(04:17)の10.5度、最低・日最高気温は北海道 釧路地方 榊町観測点の17.5度(13:06)、最高・日最低気温は沖縄県 北大東観測点の28.6度(05:44)でした。

>今日のFM番組から

・午後2時00分 きままにクラシック(再)

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベートーヴェン交響曲全集(5)

いよいよ「第九」です。この曲はべートーヴェンの交響曲の総決算であり、その後の交響曲の姿を明示した記念碑的作品です。音楽史的に重要なのは第4楽章かもしれませんが、アナリーゼして興味深いのは第1楽章と、対位法を駆使した第2楽章です。
和声学では禁則となってる空虚5度から始まるのは、まるでオーケストラがチューニングをしてこれから演奏会が始まることのメタファーのようです。コーダは第1主題の反行形から巧妙にデザインされていて、部分動機作法の点からも高い完成度を示しています。時間切れなのでここまで。続きはレッスンで。

番組詳細


>7月8日の過去のできごと

1695年 オランダの物理学者・天文学者のクリスティアン・ホイヘンス没。
1822年 イギリスの詩人、パーシー・ビッシュ・シェリー没。
1882年 オーストラリア生まれの作曲家、パーシー・グレンジャー誕生。
1908年 日本画家の東山魁夷誕生。
1937年 カール・オルフの「カルミナ・ブラーナ」がフランクフルトで初演。
1941年 フランスのフルート奏者で作曲家のフィリップ・ゴーベール没。フルート音楽の作曲家として重要。
1942年 作曲家の三枝成彰誕生。
1979年 物理学者の朝永振一郎没。

 
ラベル:
posted by tomlin at 10:02| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

朝の定期便 2011-07-07(木)新暦七夕

 
>145040(←トップページアクセスカウンタ)/45118(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者177人 / 370ページビュー)。

>今朝の最低気温22.6度(04:36;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。深夜から明け方にかけて弱い雨が降ったので雨上がりの朝を迎えています。

>今日は新暦七夕。今年の伝統的七夕は8月6日です。新暦七夕は梅雨と重なってしまうので、伝統的七夕の時に夜空を仰ぎましょう。

>19時42分には二十四節気の“小暑”(しょうしょ;太陽黄経105度)、七十二候では“温風至”(あつかぜ いたる)。

>22時53分には月の距離が最近(0.961、36万9567km、視直径32.3')。

>気象庁地震情報

今日、日本時間04時03分頃、南太平洋(南緯29.4度、西経175.7度)を震源とするM7.8の強い地震がありました。ニュージーランド領ケルマデック諸島で約1mの津波が観測されています。被害はまだ伝えられていません。

当該地震情報

今日、日付が変わったばかりの00時15分頃、茨城県沖(北緯36.4度、東経141.8度)を震源とするM5.8の地震がありました。最大震度は福島、茨城、栃木で3でしたが、広い範囲で揺れを感じる地震でした。

当該地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は群馬県 館林観測点の34.8度(13:35)、最低・日最低気温は長野県 開田高原観測点の8.3度(04:48)、最低・日最高気温は北海道 日高地方 えりも岬観測点の17.9度(20:41)、最高・日最低気温は沖縄県 南大東観測点の28.2度(02:20)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

降水量の通年1位更新と、7月の1位更新があります。

昨日7月6日(火)

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

ベートーヴェンとルイジ・ケルビーニ(1760-1842)。ケルビーニはベートーヴェンが高く評価していたと言われる作曲家です。
中学生の時、今日最初プログラムである「序曲“コリオラン”」を聴いてとてもすばらしい曲だと思いました。有名な「エグモント序曲」よりもずっといいと感じました。当時の私はベートーヴェンマニアで、夢は一生の間にベートーヴェン作品を全て聴き尽くすことでした(今でも実現していません)。
ヴァイオリン協奏曲ニ長調は、ベートーヴェンの作品中のみならず、ヴァイオリン界における歴史的名作です。ベートーヴェンは翌年、この曲をピアノ協奏曲として書き直していますが、ヴァイオリンのために発想された曲だけにピアノ協奏曲としては番号付きの5曲には及ばない印象です(とても好きだという人もいますから、ご自分の耳で確認してください)。
ケルビーニの「弦楽四重奏曲」は1曲も記憶にありませんから、聴いたことがないと思います。ちょっと楽しみです。
最後の「ピアノソナタ第31番 変イ長調 作品110」は、それに続く第32番 作品111と並ぶベートーヴェン・ピアノソナタの傑作です。だからと言って、今日この曲を聴いてもそのように思えないかも知れません。この曲は、それ以前のベートーヴェンのピアノソナタを聴き尽くしてきた人たちへのベートーヴェンからのプレゼントだからです。
数学が順を追って理解していく必要があるように、音楽にも理解の順序というものがあります。誰か音楽の道案内をしてくれる人に出会うことがあれば、あなたは想像もしなかったような世界へ到達できることでしょう。書物も役立ちますが、読者全員に同じことを伝えてしまう点が残念です。しかし、1曲1曲を自分自身に正直に聴き込んでいけば道は開けるかも知れません。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベートーベン交響曲全集(4)

今夜は第6番、第7番。少し前まで第6番のほうが圧倒的に有名でしたが「のだめカンタービレ」効果で、第7番のほうが人気曲となり、演奏回数も増えました。ベートーヴェンは一切何もしていないのに、です。まだまだ人々に気づかれていない名曲がたくさん眠っているに違いありません。
とはいえ、私の評価では第6番のほうが発想といい、完成度の高さといい上です。第6番では、ひとつひとつの主題が丁寧に発想されており、その扱いも緻密です。第6番はベートーヴェン交響曲の頂点の一つと言えるでしょう(頂点だらけですが)。スコアを持つべき1曲であり、時間を費やしてオーケストレーションの研究をする価値があります。
第7番は中学生の時に聴きまくりました。その頃は、朝、目覚めると第4楽章をうたい、ホルンのお気に入りの旋律が確保の時には弦になってしまうので、頭の中では2回ともホルンで鳴らし、第3楽章を歌いながら登校し、授業中は第2楽章で退屈をまぎらわすという生活を送っていました。しかし、それも第5番、第6番の凄さに気づくまでの数ヶ月間のことでした。

番組詳細

>7月7日の過去のできごと

1770年 浮世絵師、鈴木春信没。
1816年 太陽黒点の研究で知られるスイスの天文学者、ルドルフ・ウォルフ誕生。
1860年 オーストリアの作曲家、グスタフ・マーラー誕生。
1887年 ロシア出身の画家、マルク・シャガール誕生。
1898年 ウクライナの画家、ニコライ・ヤロシェンコ没。知られていませんが、印象に残る絵です。
1930年 イギリスの小説家で「シャーロック・ホームズ」シリーズで知られるアーサー・コナン・ドイル没。
1962年 消しゴム版画家でコラムニストのナンシー関誕生。彼女の「記憶スケッチアカデミー(全2巻)」は、作曲工房のレッスンテキストのひとつです。
1974年 七夕豪雨。死者146名、不明者1名、負傷者196名、住宅全壊657棟、住宅半壊1331棟の被害。
1982年 児童文学作家の坪田譲治没。
2006年 ピンクフロイド結成時の中心的ミュージシャンであったシド・バレット没。

>今日の天体画像

月のティコクレーター中央山脈の夜明けです。画像をクリックすると詳細画像モードになります。再度クリックで拡大します。

Sunrise at Tycho


 
ラベル:
posted by tomlin at 10:47| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月06日

朝の定期便 2011-07-06(水)

 
>145018(←トップページアクセスカウンタ)/45076(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者205人 / 479ページビュー)。

>今朝の最低気温23.0度(05:23;さいたま市観測点)、晴れ。

>おはようございます。よく晴れた朝ですが、午後からは曇る予報です。

>注文しておいたツェルニーの「ピアノ演奏の基礎」がようやく、僻地(?)作曲工房に届きました。

>「時間と空間が無限に分割できるということは、皆が知っていると思います・・・」という一文から始まるだけで、ツェルニーがただ者ではないことを感じさせます。

>当時のグランドピアノ(シングルアクション)と現在のグランドピアノ(ダブルアクション)は機構上異なる点もあり、書かれいることを全て現代に当てはめることはできないかも知れませんが、ツェルニーの高い洞察力を伺わせる名著です。おまけに作品番号500が与えられています。

>春秋社、岡田暁生訳。2600円+税。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は静岡県 静岡観測点の36.0度(13:42)、最低・日最低気温は長野県 開田高原観測点の11.2度(24:00)、最低・日最高気温は北海道 宗谷地方 沓形(くつがた)観測点の15.7度(16:13)、最高・日最低気温は沖縄県 南大東観測点の28.0度(05:48)でした。

>このところ、毎日富士山頂はポカポカ陽気ですが、今日9時にはすでに12度まで気温が上がっています。

アメダス富士山頂観測点(3775m)

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

メンデルスゾーン、シューマン、リスト、ブラームス。
ブラームスは少し後の世代となりますが、メンデルスゾーン、シューマン、リストは初期ロマン派の中心にいた作曲家たちのうちの3人です。彼らはショパンとも深い交流がありましたが、ショパンには「彼らがロマン派なら、私はロマン派ではない」というような発言があり、ショパンは彼らとはどこかで一線を引いていたと考えられます。ウラノメトリアがショパンの「ピアノ奏法」の草稿を下敷きにしているのも、そこに理由の一端があります(メンデルスゾーンやシューマン、リストが駄目だと言っているのではありません。ショパンはロマン派としてひとくくりにできず、その後、たとえばドビュッシー、あるいはそれ以後にも通じるピアニズムを持っているため、メソードにふさわしいというようなことです)。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベートーヴェン交響曲全集(3)

今夜は、第4番(1807)と第8番(1814)。どちらも一般の音楽ファンには地味な交響曲という印象かも知れません。しかし第4番は、まさに第3番後に書かれた交響曲であり、来るべき第5番、第6番を予告するかのような作品です。
まるでオペラの序曲を思わせるような序奏部、そして第1主題に入る前には、ゆっくりとではありますが、第5番冒頭のリズムが登場します。主題提示部のコデッタは初めて聴いた人が最初に覚えるメロディー(他の交響曲区別するための)かもしれません。
第4楽章の冒頭に現れる弦による速いパッセージを聴くと、これがバルトークの「オケコン」終楽章に影響を与えたのではないかと感じてしまいます(そんなことはないとも思いますが)。ベートーヴェンの多くの交響曲に共通することですが、この曲も「非ピアノ的」な書法に貫かれています。古典派オーケストレーションの規範として、研究価値のあるスコアといえるでしょう。
もうかなり昔のことになりますが、カルロス・クライバーの振る演奏(CDで)を聴いて、第4番に目覚めました。

第8番は、前年に書かれた第7番(1814)と同じステージで初演されました(7番は前年に初演済み)。伝えられる逸話によると、聴衆は第7番に熱狂して第8番は不評とも受け取れるような状況だったので、ベートーヴェンは「第8番のほうがずっとよく書けているのに」と憤慨したということです。そのエピソードを読んだ私は、中学生の時にさっそくLPレコードを買ってきて第8番を聴いてみました。当時の私にはベートーヴェンが先祖帰りしたとしか思えず、ハイドンの交響曲を聴いているような気分でした。今でこそ、無駄なく切り詰められた構成や対位法を駆使したオーケストレーションなどが聴き取れますが、第1印象は身体から抜けることはなく、この曲を「ロマン派的」などと評する解説を読むと「うっそー!」などと思ってしまいます。これはプロコフィエフの第1交響曲のようなベートーヴェンによる質の高い遊びの世界なのではないでしょうか。

番組詳細

>7月6日の過去のできごと

781年 記録上最古の富士山噴火。
1535年 著書「ユートピア」で知られるイギリスの思想家、トマス・モア没。
1783年 浅間山が噴火。死者2万人。
1854年 オームの法則で知られるドイツの物理学者、ゲオルク・オーム没。
1885年 パスツールによって開発された狂犬病ワクチンの人への初接種。
1898年 シェーンベルクの高弟の一人であるドイツの作曲家ハンス・アイスラー誕生。
1916年 フランスの画家、オディロン・ルドン没。
1919年 スイス出身のテノール歌手、エルンスト・ヘフリガー誕生。
1936年 岐阜県のテーマパーク「養老天命反転地」などをデザインした美術家、荒川修作誕生。ニューヨークを拠点に活動。今年5月19日に没。
1937年 ロシア生まれのピアニスト・指揮者のヴラディミール・アシュケナージ誕生。
1957年 東京谷中の天王寺五重塔が放火によって焼失。
1973年 ドイツの指揮者、オットー・クレンペラー没。
1999年 スペインの作曲家、ホアキン・ロドリーゴ没。

 
ラベル:
posted by tomlin at 10:52| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

朝の定期便 2011-07-05(火)朝の定期便

 
>144996(←トップページアクセスカウンタ)/45030(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者173人 / 352ページビュー)。

>今朝の最低気温24.4度(05:06;さいたま市観測点)、晴れ。

>おはようございます。時系列予報は曇りですが、よく晴れています。暑くなりそうですから熱中症を警戒しなければ。

>松本龍復興相が辞任したというニュースが流れました。昨日の記者会見でもB型だから、九州の生まれだからというような訳の分からない釈明をしていましたが、発言の撤回は行ないませんでした。

>以後、九州生まれでB型の人は大臣には不適格であると言いたかったようにもとれます。松本氏には実際に避難所暮らしを体験していただいて、復興相がどれだけスピードを求められる責務を追っているのか知ってほしかったと思うのですがどうでしょうか。次の復興大臣に期待したいと思います。

>限界原発、いや玄海原発の再稼働容認発言問題も、町の予算の6割が原発から入ってくることが最大の要因と考えられます。国は町の経済の立て直しの支援を。日本中どこでも、働けばきちんと対価が得られるという国づくりが急務です。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は茨城県 古河観測点の37.9度(14:23)、最低・日最低気温は北海道 根室地方 根室中標津観測点(14:41)、同 納沙布観測点(09:25)の11.3度、最低・日最高気温は北海道 根室地方 納沙布観測点の14.9度(21:37)、最高・日最低気温は沖縄県 石垣島観測点の27.9度(06:06)でした。


>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

マスネとフォーレの1曲ずつを除いてフローラン・シュミット(1870-1958)特集とも言うべき選曲。
フローラン・シュミットはストラヴィンスキーと同じタイトルの「5つの音で」という曲を書いていて、それなどはウラノメトリアの先駆的な曲集と言えるかも知れません。5曲目の「ファランドール」の動画を下にリンクしておきます(今日、放送されない曲です)。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベートーベン交響曲全集(2)

今夜は第2番と第3番。第2番は作曲者の後の作品の先駆けとなった交響曲と考えられます。この曲にはたくさんのアイディアが詰まっていて、この曲からいくつもの作品が生まれたのではないかと想像してしまいます。第1楽章の序奏部には、明らかに第9番第1楽章の第1主題と思われるパッセージが現れ、第1主題に続く経過句はピアノソナタ第21番ワルトシュタイン第1楽章の第1主題と第2主題を結ぶ経過句と酷似しています。メヌエットの代わりに初めてスケルツォを置いたのも、この曲です。そのスケルツォ(第3楽章)も第9番の第2楽章にアイディアを与えたように思えます。
第2番で良い気持ちになっていた評論家たちを怒らせた(あるいは当惑させた)のが第3番です。第3番については音楽コラムなどでも取り上げたことがあるので詳しくは書きませんが、ベートーヴェンと、その後に続く作曲家たちを変えてしまった1曲です。音楽史的にも極めて重要な交響曲と言えるでしょう。完成度は第5番などに比べれば到底かないませんが(構成などの点で)、にもかからわず、この曲の持つ圧倒的な先進性、発想の新しさ、ベートーヴェンの熱意などにおいて傑出した作品となっています。
もうずっと前のことになりますが、カミさんが会員になっていた日フィル定期に、カミさんが都合が悪くて行けなくなったので代わりに出かけました。「なんだ、英雄か〜」などと不遜な気持ちで出かけたのですが、聴き終える頃には、それまで気づかなかった第3番の凄さに圧倒されて、すっかりエロイカ信者となって帰宅したのでした。それまでに何回も聴いていたのに、実は聴こえていなかったのでした。

番組詳細

>7月5日の過去のできごと

1687年 ニュートンの「プリンキピア」(自然哲学の数学的諸原理)刊行。
1879年 チェンバロ復活に尽力したポーランド出身のチェンバロ奏者、ワンダ・ランドフスカ誕生。
1879年 フランスのフルーティストで作曲家のフィリップ・ゴーベール誕生。
1889年 フランスの詩人・作家のジャン・コクトー誕生。
1924年 ハンガリー出身のチェロ奏者、ヤーノシュ・シュタルケル誕生。
1942年 スイスの指揮者、マティアス・バーメルト誕生。
1969年 ドイツのピアニスト、ヴィルヘルム・バックハウス没。
1969年 バウハウスの創始者でドイツの建築家、ヴァルター・グロピウス没。
2006年 北朝鮮による弾道ミサイル発射実験。


>フローラン・シュミットの「5つの音で」から「ファランドール」です。

FLORENT SCHMITT "SUR CINQ NOTES" OP. 34 V : FARANDOLE

 
ラベル:
posted by tomlin at 11:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月04日

朝の定期便 2011-07-04(月)

 
>144976(←トップページアクセスカウンタ)/44996(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者179人 / 426ページビュー)。

>今朝の最低気温24.9度(05:24;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。明るい曇りの朝を迎えています。最低気温24.9度、定義上熱帯夜ではありませんでしたが。体感的には微妙。午後から雨の予報です。レッスンの方は雨具のご用紙を忘れずに。

>23時54分には地球が遠日点通過(1.0167404天文単位、1億5210万2198km、太陽視直径31.5')。今日は地球が太陽からもっとも遠ざかる日です。ちなみに今年1月4日の近日点通過時のデータは次のとおり。0.9833413天文単位、1億4710万5764km、太陽視直径32.5'。

>今日はアメリカの建国(独立)記念日。なぜ、我々はアメリカの建国記念日を知っているのでしょうか。アメリカの影響力のせいでしょうか。それとも「インディペンデンスデイ」という映画のせいでしょうか。ここに多くの人々に周知する秘密(理由・方法など)があるのだと思います。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は福井県 小浜観測点の34.1度(13:01)、最低・日最低気温は北海道 宗谷地方 中頓別観測点の9.8度(00:59)、最低・日最高気温は北海道 日高地方 えりも岬観測点の12.7度(23:56)、最高・日最低気温は沖縄県 石垣島観測点の28.0度(06:05)でした。

>今日のFM番組から

・午前7時20分 気ままにクラシック(本放送)

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

ロシア特集

グリエール、アレンスキー、グラズノフ、リムスキー=コルサコフ。ロシア好きにはたまらないプログラムかも。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベートーヴェン交響曲全集(1)

これはすばらしい企画です。レッスンにお見えになられている皆さんで、ベートーヴェンの交響曲番号付き9曲と「ウェリントンの勝利」を全て聴いたことがあるという方は一人もいらっしゃいませんでした(ベートーヴェンの交響曲全曲を部屋に流して、そこにいたことはあるという方はいらっしゃいました)。ウェリントンの勝利は除いても、わずか9曲なのに聴こうと努力しなければ聴く機会のないのがベートーヴェンの交響曲です。1番、2番、4番、8番あたりが抜けやすい曲だと思います。この機会にぜひ全曲を聴いてください。

番組詳細

>7月4日の過去のできごと

1623年 イギリス、エリザベス王朝最大の作曲家ウィリアム・バード没。「ソールズベリ伯爵のパヴァーヌ」は忘れることのできない名曲です。
1694年 フランスの作曲家ルイ=クロード・ダカン誕生。
1776年 アメリカがイギリスに対して独立を宣言。
1826年 アメリカの作曲家、スティーヴン・フォスター誕生。
1900年 雪の研究で知られる物理学者、中谷宇吉郎誕生。
1910年 火星の研究で知られるイタリアの天文学者、ジョヴァンニ・スキアパレッリ没。
1934年 ポーランド出身の物理学者・科学者、マリー・キュリー没。
1939年 猫の画家として知られるイギリスのルイス・ウェイン没。晩年の作品は鬼気迫るものがあります。
1992年 アルゼンチンの作曲家、アストル・ピアソラ没。
1997年 アメリカの火星探査機「マーズパスファインダー」が火星に着陸。1976年のバイキング2号以来20ぶり。搭載していたローバーは「ソジャーナ」。着陸船はそのまま観測基地となり「カール・セーガン記念基地」と命名。
2005年 アメリカの彗星探査機「ディープ・インパクト」がテンペル第1彗星にインパクターを打ち込むことに成功。まさに彗星爆撃でした。ディープインパクトは2007年に「エポキシ」と名前を変えて、別のミッションに就いています。

 
>東電が汚染水浄化に安価で、しかも技術が確立されているとされている国産技術を使わずに海外の技術に頼っていると主張する技術者の方のサイトです。

東電から依頼されていた凝集沈殿法による汚染水の処理について


ラベル:
posted by tomlin at 10:57| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

朝の定期便 2011-07-03(日)

 
>144949(←トップページアクセスカウンタ)/44957(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者198人 / 420ページビュー)。

>今朝の最低気温22.4度(04:05;さいたま市観測点)、明るいくもり。

>遅くなりました。眩しいようなくもり空です。

>午前中のレッスンを1つ終えたところです。これから午後のレッスン。たぶん、途中で更新を中断して夕方以降に追加更新することになると思います。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は山梨県 甲府観測点の35.3度(16:12)、最低・日最低気温は北海道 根室地方 厚床観測点の9.4度(22:01)、最低・日最高気温は北海道 日高地方 えりも岬観測点の14.7度(12:29)、最高・日最低気温は沖縄県 石垣島観測点の27.8度(05:41)でした。

>今日のFM番組から

・午前8時15分 吹奏楽のひびき フィルハーモニック・ウィンズ大阪 ライヴ(1)

番組詳細

・午前9時00分 名演奏ライブラリー 多彩なり!ネーメ・ヤルヴィ

番組詳細

・午後2時00分 サンデークラシックワイド 海外コンサート

ブロムシュテットとライプチヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

ヒンデミットの「交響曲“画家マチス”」があります。

番組詳細

・午後6時00分 現代の音楽 演奏家に聞く〜トロンボーン・村田厚生(1)

番組詳細

・午後7時20分 FMシンフォニーコンサート 東京フィル 響きの森クラシック・シリーズ第34回

番組詳細

・午後9時00分 ビバ!合唱 元気が出る合唱曲

番組詳細

>7月3日の過去のできごと

1778年 モーツァルトの母、アンナ・マリア没。
1844年 オオウミガラスが絶滅。
1854年 モラヴィア(現チェコ東部)出身の作曲家、レオシュ・ヤナーチェク誕生。
1880年 ポーランド生まれの指揮者、カール・シューリヒト誕生。
1883年 チェコ生まれの小説家、フランツ・カフカ誕生。
1930年 ドイツ出身(後にオーストリア国籍)の指揮者。カルロス・クライバー誕生。
1938年 イギリスの蒸気機関車マラード号が蒸気機関車の最高速度203km/hを記録。この記録は公式には未だに破られてはいない。
マラード号
1973年 チェコの指揮者、カレル・アンチェル没。
1979年 フランス6人組のひとりでもあった作曲家、ルイ・デュレ没。
1988年 イラン航空655便撃墜事件。アメリカ海軍の艦艇がイラン航空の民間旅客機を誤って撃墜。一般人290人が死亡。
1993年 俳人の加藤楸邨没。
1907年 太陽に非常に接近する一連の彗星を表す「クロイツ群」に名を残すドイツの天文学者、ハインリヒ・クロイツ没。
1997年 「フランス6人組」の作曲家の一人、ルイ・デュレ没。
1998年 イギリスの作曲家、ジョージ・ロイド没。

ラベル:
posted by tomlin at 12:48| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月02日

朝の定期便 2011-07-02(土)

 
>144925(←トップページアクセスカウンタ)/44920(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者177人 / 327ページビュー)。

>今朝の最低気温24.1度(03:46;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。昨夜弱い雨が降ったので植え込みの植物が濡れていますが、1.0mm/h未満だったので記録上降雨はありません。しかし、風景は雨上がりの朝という印象です。

>昨夜の作曲工房日記に書いたように、私は重度の脂肪肝(お酒も飲まないし[でも大好き]、ガリガリに痩せていて、健康診断では羸痩判定なのにびっくり)です。

>ところが、NHKの「ためしてガッテン」という番組でその謎が氷解。原因は睡眠不足でした。

>人が起きて活動している時には、肝臓は脳の栄養素である「ブドウ糖」をせっせと血液中に送り出します。しかし、脳が眠ったとたんスイッチが切り替わって肝臓は脂肪を使い始めます。睡眠時間が確保されている人は肝臓の脂肪がうまく消費されるけれども、睡眠不足の人は脂肪が蓄積していくというメカニズムです。

>この状態が続くと、危険を感じたミトコンドリアが蓄積した脂肪を取り込んで「ジャイアント・ミトコンドリア」に変化します。ところが限度を超えるとジャイアント・ミトコンドリアはバーンアウトしてしまい、肝臓の変質がはじまります。最悪の場合、肝臓がんに移行することもあり得るという怖い話でした。

>私は怖いものに対して強く反応するので、さっそく対策を考えて即実行してみました。それは次のようなものです。

>私は睡眠障害という特技を持っていて(これは作曲活動に大きく貢献していくれているのですが)、子どもの頃からショート・スリーパーです。だから睡眠時間を延ばすことは無理でしょう。ところが、試してガッテンによると横になって目を閉じているだけでも効果があるとのこと。

>これならできる! 意気揚々と未明3時に就寝。寝る前の読書をやめてすぐに眠りにつきました。私は寝付きは悪くないのです。昨夜(未明ですが)は一度も目覚めることなく、6時直前に目覚めました。ナポレオンと同じ睡眠時間。愛用の新明解国語辞典から不可能の文字を消せば偉くなれそうです(エルバ島脱出キットとセント・ヘレナ島脱出キットを忘れずに用意しなくちゃね)。

>土曜日はゴミ出しの日です。回収車が来るのは8時半から9時のあいだ。8時に起きれば間に合います。私は2時間、目を閉じて肝脂肪の燃焼に励むことにしました。

>すると、さっそく耳の奥で、昨日書き始めたばかりの「ひとりの踊り(仮題)」が鳴り始めました。4/4で始まったかと思うと、主題は確保されることなく8分の3+3+3+2拍子のB主題に移ります。そのあと3+2+3拍子のゼクエンツ風の短い経過句が続くのですが、その拍子が不自然であることに気づきました。いろいろと異なる拍子を試してみます。3+3+2/3+2/3+2や3+2+3/2+3+3+/2+3+3・・・。

>おお、答えが出たぞ! 思わず目を開けそうに。すぐに楽譜を書きに行きたかったのですが、ぐっとこらえる。

>いかんいかん。初日から失敗するほど意思は弱くないぞ。

>そして、興奮の2時間(布団の中で拍子をとりながら踊りまくっていた)を過ごして汗だくで8時起床。起きると、長男の“風”がゴミの大部分をまとめ終えていました。

>初日は、とりあえず目を閉じて過ごしましたが、脳ミソを冷温停止されておくことはできませんでした。これでは意味がなさそうです。明日からは「瞑想」できるように訓練しなければ。

>修行は続きます。

>13時52分には半夏生(太陽黄経100度)。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は茨城県 大子観測点の35.1度(11:01)、最低・日最低気温は北海道 宗谷地方 本泊観測点の10.2度(03:20)、最低・日最高気温は北海道 根室地方 羅臼観測点の154度(13:15)、最高・日最低気温は沖縄県 旧東観測点(23:43)、沖縄県 北原観測点(04:07)の27.1度でした。

>今日のFM番組から

・午後7時20分 名曲リサイタル

前半がソプラノの廣田美穂さん、後半はトランペットの岡崎耕二さん。

番組詳細

・午後9時00分 名曲のたのしみ ハイドン その音楽と生涯(72)

「弦楽四重奏曲 作品77」の2曲。

番組詳細

>7月2日の過去のできごと

1566年 フランスの医師で占星術師のノストラダムス没。
1591年 作曲家のヴィンチェンツォ・ガリレイ没。ガリレオ・ガリレイの父。カメラータに参加して、モンテヴェルディらと1600年に史上最初のオペラの上演に関わったとされています。
1698年 トーマス・セイヴァリが蒸気機関の特許を取得。スチームパンクな人たちにとっては記念すべき日に違いありません。ちなみに原子力潜水艦も原子力発電所も蒸気タービン駆動。
1778年 フランスの哲学者・思想家で、作曲家でもあったジャン=ジャック・ルソー没。
1714年 オーストリアとフランスで活躍した作曲家、クリストフ・ヴィリバルト・グルック誕生。
1733年 「アンナ・マグダレーナのための音楽帳」にある、2曲の有名なメヌエット(G、g)の作曲者であるドイツの作曲家、クリスティアン・ペツォールト没。
1778年 スイス生まれの哲学者・思想家のジャン=ジャック・ルソー没。作曲家でもあり、「むすんでひらいて」は彼のオペラ「村の占者」のなかの一曲に別の歌詞を付したもの。
1819年 フランスの作曲家でピアノ教師であったシャルル・ルイ・ハノン(フランス語の発音は“アノン”)誕生。指を強化しようと、ハノン用の打鍵で練習する人が少なくありませんが、実際には日頃演奏で使う打鍵で練習しなければ意味がありません。
1898年 洋画家の岡鹿之助誕生。
1900年 ドイツの硬式飛行船ツェッペリン号が初飛行。ライト兄弟に先立つこと3年。
1920年 地球物理学者で、科学雑誌ニュートンの初代編集長を務めた竹内均誕生。
1937年 女性として初めて大西洋単独横断飛行に成功したアメリカのアメリア・エアハートが世界一周飛行の途中で南太平洋で消息を絶つ。
1959年 作曲家深井史郎。才能溢れる作曲家です。
1961年 アメリカの小説家・詩人のアーネスト・ヘミングウェイ没。
1995年 チェコの指揮者、ズデニェク・コシュラー没。
1966年 フランス初の水爆実験(大気中)がムルロア環礁で実施。
2002年 図形記譜法で知られるアメリカの作曲家、アール・ブラウン没。

>もっとも遠いクエーサーが発見されたというニュースです。クェーサーというのは、非常に強い活動領域(巨大ブラックホールであろうというのが現在の大方の見解)を持つなぞの天体で、銀河系近傍からは見つかっていません。宇宙膨張によるドップラー効果によって起こるレッドシフト(赤方偏移)を表すZという値で距離が表され、今回見つかったクェーサーはz=7.1というものです。私たちが知っている単位で言うと、約129億光年。1980年代にz=4の天体が発見された時にはびっくりしたものですが、今ではクエーサーではないもののz=8.6という天体が見つかっていることも記事にあります。少々専門的ですので、興味のある方はどうぞ。

クエーサーの最遠記録が更新



 
posted by tomlin at 11:04| 埼玉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

朝の定期便 2011-07-01(金)

 
>144903(←トップページアクセスカウンタ)/44884(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者179人 / 352ページビュー)。

>今朝の最低気温23.1度(05:03;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。眩しい曇りの朝を迎えています。午後から雨の予報です。

>17時54分には新月。

>早くも2011年後半が始まりました。今年前半は日本史に残る、言い換えると永遠に語り継がなければならない状況が次々と起こりました。

>大震災、核事故、首相がいるのに政治的空白状態(被災者が素早い救援を受けられない、法案が成立しないなど)が続き、静かに忍び寄る食料危機も徐々に姿を現しています。

>政治的空白状態は、今まで政治に無関心ではなかったにせよ、行動を起こさなかった私たち国民にも原因があるかも知れません。いかん、と思ったら声をあげていきたいと思います。

>我が家の雑草ガーデンも、季節が進むにつれて生長のペースが速くなってきました。フェンスを越えて道路側にはみ出す枝を毎週苅り落としています。アオイ科の花(名前不明)が私の身長よりも高くなって咲き誇っていて、凛としたその立ち姿が素敵です。

>日中気温が上がるといなくなってしまう小さな虫たちも早朝には忙しそうに動き回っていて、だんだん我が家の家族っぽく思えてきました。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は三重県 桑名観測点の37.3度(14:38)、最低・日最低気温は北海道 日高地方 えりも岬観測点の10.3度(13:07)、最低・日最高気温は北海道 日高地方 えりも岬観測点の18.1度(22:30)、最高・日最低気温は沖縄県 北大東観測点の28.0度(24:00)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日6月30日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 気ままにクラシック(再放送)

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション メタ・フォー弦楽四重奏団演奏会

初めて聞く名前だったので調べてみました。メタ・フォー弦楽四重奏団は2001年にフィンランドで結成されたアンサンブル。数々の国際コンクール優勝の実績を持つ、実は有名な弦楽四重奏団でした。
プログラムはショスタコーヴィチの第7番、バルトーク第5番、シベリウスのニ短調作品56“親しい声”。

番組詳細

>7月1日の過去のできごと

1646年 ドイツ生まれの数学者、ゴットフリート・ライプニッツ誕生。
1784年 バッハの長男で作曲家のウィルヘルム・フリーデマン・バッハ没。
1804年 ショパンと関係の深かった作家のジョルジュ・サンド誕生。
1872年 史上初のドーヴァー海峡横断飛行に成功したフランスの飛行機製作者、ルイ・ブレリオ誕生。
1889年 東海道線(新橋-神戸)開通。所要時間20時間5分。現在は新橋-新神戸間なら3時間以下です。
1925年 フランスの作曲家、エリック・サティ没。
1926年 ドイツの作曲家、ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ誕生。
1932年 富士山頂で気象観測を開始。
1934年 洋画家の三岸好太郎没。
1943年 東京府、東京市が廃止されて東京都となる。
1964年 フランスの指揮者、ピエール・モントゥー没。


>6月27日に小惑星2011MDという小天体が地球に最接近しました。その距離は12000km。これは月と地球の距離の約30分の1という近さでした。下のリンクは南大西洋の上空を通過する2011MDの動画。長径20m、短径5mといういびつな形をしているため、自転によって変光しています。

Flyby of asteroid 2011 MD near Earth

 
ラベル:
posted by tomlin at 10:33| 埼玉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする