2011年07月12日

朝の定期便 2011-07-12(火)

 
>145142(←トップページアクセスカウンタ)/45266(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者183人 / 448ページビュー)。

>今朝の最低気温25.4度(04:12;さいたま市観測点)、晴れ。

>おはようございます。早朝は晴れ、いまは雲の多い晴れという空です。

>今日は七十二候の“蓮始開”(はす はじめて ひらく:太陽黄経110度)です。

>今日は海王星が発見以来、ちょうど軌道を一公転するとされる日です(星空年鑑2011説。ウィキペディアでは2011年12月14日説)。どちらが正確なのが確かめていませんが、めでたい日はたくさんあったほうが良いので12月14日になったらまた記念日を祝いましょう(ちなみに海王星の公転周期は165.2269 年、発見日は1846年9月23日。どなたか計算してください)。

>昨日は作曲工房日記も書かないうちに明け方を迎えてしまいました。ここに書くのも妙ですが、いくつかご報告を。

>日曜日に作曲工房の東側壁面全面に張った目の粗い農業用ネットに試験的に遮光ネット(遮光率70パーセント)とアルミ蒸着した遮熱ネットを重ねて、窓の一つに日陰を作ってみました(カットした遮光ネットを結束バンドで農業用ネットに留めただけ。作業は簡単でした)。

>今までは、朝日を浴びた窓枠は午前8時を待たずして「目玉焼きが焼けそう」は大げさにしても、室内側からも触れないくらい熱くなりました(50度くらい?)。それが今日は温かい程度(たぶん40度以下)となり、部屋全体も冷房なしで過ごせる程度でした。

>予想以上の効果です。室内側のカーテンが、それ自体発熱してしまうのとは大きな違いでした。全ての窓に遮光ネットで日陰を作るだけでエアコンの電力消費は有為に下がることでしょう。

>来年はゴーヤカーテンに挑戦です。

>昨日の夜は、ファゴットソナタの最終チェックをする予定でしたが、たまたま見たYoutubeの20世紀中葉の一般には無名と言えるような作曲家たちの音楽動画に気づかされるものがありました。それで、6時間以上、身じろぎもせずに12世紀末のペロティヌスから20世紀のエリオット・カーターまで、700年間、100人くらいの作曲家たちの底流にある、共通する音楽観を探して、追い続けてしまいました。

>気がついたら夜明けが近くなっており、椅子から立ち上がろうとしたら身体が固まっていてなかなか動けず、血栓でもできてしまったのかとビビリました。脚はむくみ、腕は上がらず、ピアノ室でしばらくストレッチをして、ようやく階段を降りました。

>う〜ん、健康に悪い。

>とまあ、そのような訳で、今後私が変容できるかどうかは、数年後に答えがでることでしょう。変化のきっかけは徐々にではなく、一気にやってくるものです。

>長生きしなくちゃ、と本気で思ってしまいました(ほとんど眠っていないので、すぐにでも死にそうですが)。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>昨日今日これまでに発生したM5.1以上の地震情報

11日13時29分頃 岩手県沖 M5.0

12日09時17分頃 千島列島 M5.4

>気象情報

熱帯低気圧情報(熱帯低気圧a : 広域図)

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は群馬県館林観測点の37.5度(14:51)、最低・日最低気温は北海道 釧路地方 知方学(ちっぽまない)観測点の11.6度(08:26)、最低・日最高気温も北海道 釧路地方 知方学観測点の15.2度(07:19)、最高・日最低気温は沖縄県 石垣島観測点(18:53)、鹿児島県 鹿児島観測点(05:21)の26.7度でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日7月11日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック

スティーヴン・オズボーンは1970年、スコットランド生まれのイギリスのピアニスト。N響とも共演していたとは寡聞にして知りませんでした。
プログラムはラフマニノフ『前奏曲3-2』、ドビュッシー「妖精はよい踊り子」、ラヴェル「鏡」(全曲)、「亡き王女のためのパヴァーヌ」、ドビュッシー「沈める寺」、ラフマニノフ「ピアノソナタ第2番」ほか。(2011年1月18日 トッパンホール)

番組詳細

>7月12日の過去のできごと

1536年 ネーデルランド出身の司祭で人文学者のデジデリウス・エラスムス誕生。
1635年  江戸幕府が第3次鎖国令を布告。日本人の海外渡航および海外滞在者の帰国が禁止される(寛永12年5月28日)。鎖国政策の正当性は別として、今の日本の政治家に国の運命を明らかに左右する、このような法を定める力があるでしょうか。
1730年 イギリスの陶芸家、ジョサイア・ウェッジウッド誕生。ウェッジウッド社創設は1759年28歳の時。
1773年 ドイツの作曲家でフルート奏者のヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ没。
1824年 フランスの画家、ウジェーヌ・ブーダン誕生。
1884年 イタリア出身の画家・彫刻家、アメデオ・モディリアーニ誕生。
1917年 アメリカの画家。アンドリュー・ワイエス誕生。
1925年 作曲家の芥川也寸志誕生。
1934年 アメリカのピアニスト、ヴァン・クライバーン誕生。
1993年 北海道南西沖地震発生。M7.8、死者202人。
1996年 ピアニストでピアノ教育にも力を注いだ安川加壽子没。
 
>最新ニュース。ヴァイオリニストの諏訪内晶子さん(39)が7000万円の所得隠しで追徴課税3000万円。がびちょ〜ん。天才音楽家には、そういう通俗的なイメージは致命的ですよ。練習に明け暮れて納税を忘れて推定課税となって、実所得よりもたっぷり納税するくらいでちょうどよいかも。(ただし、無申告だった茂木健一郎さんは税制そのものを理解していない人たちに「強欲」と批判されていましたが、まるで逆です。強欲な人は必ず申告します。それも例外なく過少申告)

ニュースソース

>諏訪内さん、必ず復活してさらに素晴らしいヴァイオリニストになってください。

 
 


ラベル:
posted by tomlin at 11:23| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする