2011年09月01日

朝の定期便 2011-09-01(木)

 
>146079(←トップページアクセスカウンタ)/47193(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者153人 / 407ページビュー)。

>今朝の最低気温25.3度(04:12;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。接近中の台風第12号の影響なのか、昨夜は熱帯夜でした。

>今日は二百十日(にひゃくとおか)。これは雑節のひとつで立春を第1日(起算日)として210日目にあたる日を指します(立春から普通に数えると209日目)。

>二百十日は天気が荒れやすい日として江戸時代初期から暦に載せられています。当時は台風という概念はなかったかも知れませんが、大荒れの天気を「大山風(おおやまじ)」と言っていました。

>それで、恐ろしい災害を「地震・雷・火事・大山風」と言っていました。それが転訛して「地震・雷・火事・親父」となったと考えられます。

>朝、電力計指針のチェックのために外に出ると、明け方に降った雨の湿度が加わってムンムンするような空気でした。まさに台風前夜の空気。二百十日とはよく言ったものです。

>今日はヨハン・パッヘルベル358歳の誕生日。シャコンヌへ短調をどうぞ。

Chaconne (Ciacona) in F minor for organ- Pachelbel

>チケット販売開始のお知らせ

「野村茎一の世界」第1回公演の「夜の幸いならんために」(11月19日(土)午後2時開演)のチケット販売を今日から開始いたしました。蕨市内の方は、蕨市立文化ホールくるるで直接お買い求めいただけます。くるる共催公演ですので、蕨市民は割引料金となります。

入場料は 一般2000円、蕨市在住の方1800円、高校生以下1000円です。

メールでのお申し込みは、あっとを@に変えて下記アドレスまで。券種と枚数を忘れずにお知らせください。
nomurakeiichi_no_sekaiあっとmail.goo.ne.jp(“野村茎一の世界” 実行委員会)
tomlinあっとinfoseek.jp(野村茎一作曲工房)
tomlinzzzあっとgmail.com(ウラノメトリア・ストア)



>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

台風第12号(タラス)は9月3日(土)ころに四国・近畿・東海地方に接近、または上陸する予報となっています。あくまでも予報ですから、逐次変化する可能性のある台風情報をご確認ください。

台風第12号(タラス)

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は熊本県 岱明(たいめい)観測点の35.9度(13:29)、最低・日最低気温は岩手県 藪川観測点の12.4度(04:58)、最低・日最高気温は北海道 釧路地方 榊町観測点の20.9度(21:33)、最高・日最低気温は沖縄県 仲筋観測点の28.6度(06:09)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日8月31日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

作曲家の国籍にはこだわらず、スペイン関連の曲を集めています。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション カルミナ四重奏団 室内楽コンサート

カルミナ四重奏団は1984年にスイスで結成された弦楽四重奏団。第2ヴァイオリンとヴィオラが女性の男女混成カルテット。
プログラムはバルトーク第2番、ヴェレシュ・シャンドール(1907-1992:ハンガリー→スイス)の第1番、ダニエル・シュナイダー(1961- )第3番「日は昇り、日は沈む」、ラヴェル ヘ長調ほか。
バルトークの「弦楽四重奏曲第2番」は、初めて聴く人にとっては晦渋な音楽です。第1楽章は無調感ただよう緊張度の高い曲。第2楽章は生き生きと刻まれるリズムによって音楽を追っていくことができると思いますが、第3楽章は第1楽章以上にとらえにくい曲です。しかし、繰り返し聴いているうちに聴けるようになってくるのがバルトークの不思議なところ。どの曲もそうですが、縁のある人とそうでない人がいる曲です。

番組詳細

>9月1日の過去のできごと

1653年 ドイツの作曲家、ヨハン・パッヘルベル誕生。
1804年 ドイツの天文学者カール・ハーディングが3番目の小惑星「ジュノー」を発見。
1878年 イタリアの指揮者、トゥリオ・セラフィン誕生。
1891年 東北線の上野-青森間が全通。
1923年 11時58分、関東地震発生。
1935年 世界的指揮者の小澤征爾誕生。
1939年 ドイツがポーランドに侵攻。3日後にイギリスとフランスがドイツに宣戦、第2次世界大戦が勃発。
1944年 アメリカの指揮者、レナード・スラットキン誕生。
1953年 フランスのヴァイオリニスト、ジャック・ティボー没。
1957年 イギリスの天才的ホルン奏者デニス・ブレイン没。
1979年 パイオニア11号が土星に最接近。

 


ラベル:
posted by tomlin at 11:39| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする