2011年09月02日

朝の定期便 2011-09-02(金)

 
>146102(←トップページアクセスカウンタ)/ 47238(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者144人 / 325ページビュー)。

>今朝の最低気温25.0度(04:50;さいたま市観測点)、晴れ。

>おはようございます。日差しもあって雲量も8未満ですから天気は「晴れ」ですが、雲が「風雲、急を告げて」います。台風の外縁がここにも届いているのでしょう。

>昨夜から未明にかけて、当地ではかなり強い雨が降りました。今日も断続的な強い雨が予想されますから警戒が必要です。

>今日は七十二候の “禾乃登”(こくもの すなわち みのる:太陽黄経160度)。

>昨日は防災の日でした。首都圏や関西圏など人口が密集した大都市での災害は、過去に例がないような困難がいくつも重なって起こる可能性があります。

>水道管が破断したら、全ての給水車を総動員しても人口分の飲み水さえ供給できないかも知れません。そもそも浄水場が停止してしまったら水そのものがなくなってしまう可能性もあるでしょう。

>2010年の統計で東京都市圏の人口は3666万9000人です。その半分の人への給水が止まったとしても毎日2リットルのペットボトル換算で1800万本以上必要となります。10日で1億8000万本、重量で3万6千トン。36万人のボランティアが集まっても一人100リットルの量です。

>これを用意できたとしても、どのように東京の外側から中心部までまんべんなく輸送するのでしょうか。やはり、各家庭である程度は備えておいた方が良さそうです。

>光触媒の殺菌効果を応用して水道水を常温で3年間保存できる「メデタンク」というものも売られているようです。「ようです」と書いたのは、すでに楽天市場では「完売」となっているからです。

>20リットルで2700円。ペットボトルよりも保管場所をとらず、これが3つあれば60リットルあるので、4人家族が2週間すごせます。

>方法は一つではなく、地域・家族などによってそれぞれ最適のものを選ぶべきですが、日頃から考えていないと「最適」ほど難しいものはないかも知れません。家族みんなの話題になればと思います。

>「まさか!」などと言わなくて済むように日頃から備えを。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

大型で強い台風第12号 (タラス)は四国に接近、あるいは上陸する可能性が高くなりました。

台風第12号 (タラス)

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は熊本県 岱明(たいめい)観測点の37.6度(14:17)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 朱鞠内(しゅまりない)観測点の15.9度(03:44)、最低・日最高気温は群馬県 草津観測点の19.1度(15:20)、最高・日最低気温は沖縄県 石垣島観測点の28.6度(06:48)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日は北海道と九州で、9月の最高気温の観測史上第1位の記録を更新した観測点が数多くありました。

昨日9月1日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 気ままにクラシック(再放送)

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック PMF2011オーケストラ演奏会(指揮:ファビオ・ルイージ )

PMFとは「パシフィック・ミュージック・フェスティバル」という、世界の若手演奏家の育成を目的とした国際教育音楽祭です。その2011年のオーディションで合格したメンバーだけで構成されているのがPMF2011オーケストラです。

マーラー「リュッケルトの詩による歌曲から」
・わたしの歌をのぞき見しないで
・わたしはこの世に忘れられ
 同  「なき子をしのぶ歌」
 同  「交響曲 第1番 ニ長調 “巨人” 」


番組詳細

>9月2日の過去のできごと

1905年 清が科挙を廃止。598年から1905年まで、なんと1307年間も続いたとは知りませんでした。もっと昔に廃止されているとばかり思い込んでいたからです。思い込みはよくない。
1910年 フランスの画家、アンリ・ルソー没。
1913年 思想家、哲学者、美術評論家で、東京美術学校の設立に多大な貢献をした岡倉天心没。
1930年 ロシアの作曲家、アンドレイ・ペトロフ誕生。
1982年 宮崎県日向市のリニア実験線で磁気浮上式リニアモーターカーが、世界初の有人走行に成功。
1995年 チェコの指揮者、ヴァーツラフ・ノイマン没。
1997年 ナチスによって強制収容所に送られて生還した経験を描いた「夜と霧」で知られる精神科医・心理学者のヴィクトール・フランクル没。
2006年 元豪華客船『ステラ・ポラリス号』(伊豆でホテルとして係留されていた「スカンジナビア号」)がスウェーデンへの曳航中に潮岬沖にて沈没。(近くを通るたびに一度泊まってみたいと思っていました)

>ときどき更新「野村茎一の世界」HPはこちら

 


ラベル:
posted by tomlin at 11:29| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする