2011年11月14日

(午後ですが)朝の定期便 2011-11-14(月)埼玉県民の日 

 
>147407(←トップページアクセスカウンタ)/ 49898(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者141人 / 432ページビュー)。

>今朝の最低気温13.0度(06:37;さいたま市観測点)、晴れ時々くもり(くもり時々晴れか?)。

>遅くなりました。「午後でも朝の定期便」です。

>今日は、私の作曲と人生の師である土肥 泰(どい・ゆたか)先生の13回目の命日です。土肥先生との出会いがなければ、今の私を考えることはできません。全く異なる人生を歩んでいたことでしょう。

>故人にとってもっとも大切なことは思い出すこと。これも土肥先生の言葉で、私も心から共感しています。

>一番下に、大地震の時に役立つ情報をリンクしてあります。ぜひどうぞ。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点の29.2度(12:25)、最低・日最低気温は北海道 釧路地方 川湯観測点のマイナス3.1度(05:26)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点(13:56)、福島県 鷲倉観測点(08:40)の7.5度、最高・日最低気温は沖縄県 石垣島観測点の24.5度(01:35)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日11月13日

>今日のFM番組から

・午前7時20分 気ままにクラシック(本放送)

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

20世紀ロシア(旧ソビエト時代)。ハチャトゥリアン、カバレフスキー、ショスタコーヴィチ。メインプログラムはショスタコヴィチ「交響曲第5番 ニ短調 作品47」。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック 佐渡裕指揮 / ベルリン・ドイツ交響楽団演奏会

リヒャルト・シュトラウス「交響詩 “ドン・ファン” 作品20」
ラフマニノフ「パガニーニの主題による狂詩曲 作品43」(Pf:エフゲーニ・ボジャノフ)
ショパン「ワルツ 変イ長調 作品42」
ベートーヴェン「交響曲 第7番 イ長調 作品92」
ブラームス「ハンガリー舞曲 第5番」

番組詳細

>11月14日の過去のできごと

1716年 ドイツの哲学者・数学者のゴットフリート・ライプニッツ没。
1719年 モーツァルトの父で音楽家のレオポルト・モーツァルト誕生。
1778年 ハンガリー出身の作曲家、ヨハン・ネポムク・フンメル誕生。モーツァルトの弟子でベートーヴェンの友人、メンデルスゾーンの師。
1831年 ドイツの哲学者、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル没。
1840年 フランスの画家、クロード・モネ誕生。
1879年 日本画家の菊池 契月(きくち けいげつ)誕生。
1900年 アメリカの作曲家、アーロン・コープランド誕生。
1927年 スペインのギター奏者、ナルシソ・イエペス誕生。
1998年 作曲家で、私の人生の師匠であった土肥泰(どい・ゆたか)没。
2003年 直径100km以上の天体の中では、最も遠い軌道(近地点79天文単位、遠日点900天文単位)を回る小惑星セドナ発見(直径1700km)。ちなみに冥王星の軌道の太陽から平均距離は40天文単位。

>スマトラ島沖地震は2004年にM9.1、2005年にM8.6、2007年にM8.5というように短い間隔でくり返し発生しました。東日本沖地震が同じ経過をたどるのかどうかは分かりませんが、備えだけは怠るべきではありません。

>地震発生時にテレビやラジオでは「落ち着いて行動してください」と呼びかけます。これはおとなしくテレビを見ていてくださいという意味ではなく「慌てずに取るべき行動をとってください」という意味です。

>最初の行動は、揺れへの対処です。物が倒れたり落ちたりしてこないところを探して安全を確保しましょう。

>次は津波からの避難です。東京は土地の低い地域面積が思いのほか広く存在します。以下のリンクを開くと、海面高度上昇時のシミュレーションができます。お住まいの地域を拡大して、どこが高台であるのか確認してください。沿岸部では海面レベルを13m以上に設定して避難場所を探してください。

>東京都内では、JR京浜東北線より西側、東側は千葉県流山市、松戸市、市川市より東側が高台となっていますが、その間は土地が低く、高い建物に避難することになります。この地図をよく眺めて東京の土地の高度を記憶すると安心でしょう。

Flood Maps(中国&日本)

>もし、再び津波が原発を襲えば、さらに大きな被害もあり得ます。下のリンクは福島第一原発事故のものですが、風の道が分かります。万が一の避難の時には多少の参考になるかも知れません。

福島第1原発から漏れた放射能汚染ルートとタイミング

>備えるということは、災害時に必要な物を揃えることと同時に、その時に取るべき行動をイメージトレーニングすることです。それで初めて「落ち着いた行動」ができるのだと思います。



ラベル:
posted by tomlin at 16:55| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする