2012年01月11日

朝の定期便 2012-01-11(水)

 
>148326(←トップページアクセスカウンタ)/ 51636(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者138人 / 355ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス1.1度(03:47;さいたま市観測点)、くもり→晴れ。

>おはようございます。早朝は曇っていましたが、徐々に日差しがでてきました。

>今日はモリアキ翁が93歳になってはじめての定期通院。また戸籍上の誕生日でもあります。新年は混み合うので、午前の受付終了時刻間際をねらって行ってみます。



>気象庁地震情報

昨日は日本域の有感地震が5回と非常に少なく、逆に気になったりします。
日本中どこでも震災が起こる可能性はありますが、東京圏で次の震災が起こった時には下のリンクの道路が前線車両通行止めになります。交通規制が実施された時、クルマでの避難は困難を極めることでしょう。なぜなら幹線道路の単位時間あたりの交通量は裏道の比ではなく、裏道だけで交通量を確保することは物理的に無理があるからです。また幹線道路を横切ることができるのかどうかも不透明です。
仮に福島4号機燃料プールの倒壊を直感したとしたら、すぐ家族全員がクルマに乗って、交通規制以前に関越トンネルを通過してしまうくらいのミラクルな行動以外、放射線被曝は免れないかも知れません。冬季の山越えは関東平野のドライバーには困難でしょう。新幹線の駅が近い方は、不通になっていなければもっとも速い移動手段です(ただし、誰よりも早く駅まで到達しなければなりませんから、判断の遅れは許されません)。
パズルだと思って、地図上に陸路、鉄路、空路などの避難経路を書きこんでみるのはどうでしょうか。震源によって避難先が変わるので、何通りもの経路を用意する必要があります。
「落ち着いて行動する」ためには、何をすればよいかが決まっていることが前提です。その場になってどうすればよいのか分からない時に人は「慌てます」。

緊急交通路として全線車両通行止となる路線名(東京)

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 北大東観測点の23.1度(11:35)、最低・日最低気温は北海道 宗谷地方 中頓別(なかとんべつ)観測点のマイナス24.6度(08:04)、最低・日最高気温は北海道 宗谷地方 声問(こえとい)観測点のマイナス8.7度(18:33)、最高・日最低気温は沖縄県 南大東観測点の19.5度(24:00)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月10日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

グリンカ、スヴィリドフ(Yury (Georgy) Vasil'evich Sviridov;1915-1998:ロシア)、サン=サーンス、チャイコフスキー。スヴィリドフは、旧ソビエト時代に体制側(社会主義リアリズム路線の指導的立場)にあったために、マイナス評価されているようですが、その作品を評価する人は日本にも少なくないようです。
メインプログラムはチャイコフスキーの「交響曲第1番」。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック アメリカのオーケストラ(2)

シャルル・デュトワ指揮 / フィラデルフィア管弦楽団演奏会

番組詳細

>1月11日の過去のできごと

1787年 ウィリアム・ハーシェルによって天王星の2つの衛星、チタニアおよびオベロンが発見される。ちなみにハーシェルは、ドイツ出身のイギリスの音楽家で天文学者。24曲の交響曲をはじめ、多数の作品を残しています。
1801年 イタリアの作曲家、ドメニコ・チマローザ没。
1829年 ドイツの思想家・詩人・評論家のフリードリヒ・シュレーゲル没。シュレーゲル兄弟の弟(兄はアウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル)。
1881年「からくり儀右衛門」と呼ばれた発明家で東芝(田中製作所)の創業者、田中久重没。
1901年 ロシアの作曲家、ヴァシリー・カリンニコフ没。
1902年 「レクイエム」で知られるフランスの作曲家でオルガン奏者のモーリス・デュリフレ誕生。
1966年 スイス出身の彫刻家。アルベルト・ジャコメッティ没。
1998年 ドイツの指揮者、クラウス・テンシュテット没。
2009年 グラフィックデザイナーの福田繁雄没。名前を聞いてピンとこない人でも、彼の名前でグーグルなどで画像検索すれば、すぐに誰だか分かることでしょう。



ラベル:
posted by tomlin at 11:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月10日

朝の定期便 2012-01-10(火)

 
>148309(←トップページアクセスカウンタ)/ 51606(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者154人 / 341ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.3度(04:11;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。快晴の朝を迎えています。

>実況天気図を見ると、日本付近の等高線の幅が非常に広くなっています。今日は一日風もなく、穏やかなウォーキング日和になることでしょう。

>年賀状の返信に5時間と踏んでいるので、モリアキ翁の昼食の用意を考えると夕方のレッスンまでぎりぎりの時間。なんとか、少しでも歩きたいものです。

>今日は三善晃さん79歳の誕生日です。おめでとうございます。まだ作曲なさっているのでしょうか。ぜひとも続けて頂きたいお一人です。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 北大東観測点の23.7度(13:24)、最低・日最低気温は北海道 十勝地方 陸別(りくべつ)観測点のマイナス24.2度(07:20)、最低・日最高気温も北海道 十勝地方 陸別観測点のマイナス6.0度(14:12)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点(24:00)、同 石垣島観測点(21:08)の19.6度でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

宮城道雄の「春の海」(吉田雅夫編曲)をエマニュエル・パユが吹いて番組スタート。続いてバッハ、モーツァルト、ベートーヴェンが並びます。メインプログラムは、ベートーヴェンの「交響曲第8番 ヘ長調 作品93」

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック

番組詳細

>1月10日の過去のできごと

1778年 動植物の学名において二名法を確立したスウェーデンの博物学者・生物学者・植物学者のカール・フォン・リンネ没。
1910年 フランスの指揮者、ジャン・マルティノン誕生。
1933年 作曲家の三善晃誕生。
1948年 ラトヴィア出身のチェリスト、ミッシャ・マイスキー誕生。
1959年 NHK教育テレビが放送開始(東京圏におけるチャンネルは1、後に総合テレビと入れ替わって3チャンネル)。私が子どもの頃、信じられないほどつまらない番組制作が行われていた。日本映画が方向性を見いだせずに迷っていた時期と似ている。他人の理念だか、無意味な思い込みに縛られていたとしか思えない極めてカルトなチャンネルだった。21世紀に入ってから「迷いのプロデューサー」または、面白いアイディアにダメだしをする制作トップが退任したからか、あるいは才能あるプロデューサーが育ったからか分からないが、俄然、すぐれた番組が並ぶ素晴らしいチャンネルとなった。NHKは受像機縛りの受信料徴収をやめてスクランブル課金方式にすべきだと考えているけれど、Eテレ(2011年5月からの呼称)なら有料でも観るだろう。Eテレを観ている人は、観ていない人に大きなアドバンテージがあると思います。
1895年 フランスの作曲家、バンジャマン・ゴダール没。
1941年 イギリスの作曲家、指揮者でブリテンの師として知られるフランク・ブリッジ没。
1951年 物理学者の仁科芳雄没。この偉大な物理学者について知るには概略だけなら15分で済みます。もっとも、その15分のために、後に長い有意義な時間が待っていますが。
2002年 グラフィックデザイナーの田中一光没。
2004年 日本にゆかりの深い生物学者ジャック・モイヤー没。

 
ラベル:
posted by tomlin at 11:09| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

朝の定期便 2011-01-09(月)成人の日

 
>148287(←トップページアクセスカウンタ)/ 51566(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者113人 / 315ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.3度(07:21;さいたま市観測点)、快晴。

>今日の誕生花「パンジー」。

>おはようございます。毎日寒い朝が続いています(夜も寒いですけど)。にもかかわらず、作曲工房雑草ガーデンにはピンクの点々模様が入った黄色いバラ(本来は黄色だけ)が1輪ずつ交代で咲き続けています。

>玄関横ではカゲツ(花月)、別名「金のなる木」(英名 Dollar plant)が元気に育っています。冬なのに一番生き生きとしているので調べてみると、開花期が冬という、今が旬の植物でした。今年は多少金運が上向くかも。

>私はあまり夢を見ない(覚えていない)のですが、たまに見ると嫌な夢ばかりです。

>今朝見た夢も、中学か高校の時(?)宿泊研修のようなところに出かけて、最終日になっても朝食を食べる部屋にたどりつけない夢でした。

>でも、夢をみた日は間違いなくレム睡眠があった日で(睡眠障害でなければ、普通はある)、こういう日はインスピレーションがやってきたりします。

>というわけで、モリアキ翁の朝食後、いくつものスケッチを取ることができました。ヴァイオリンソナタの第1楽章第2主題の部分動機となるかも知れない重要なメロディーも含まれています。

>でも、コーダを思いつくまでは作曲を始められません。私は(小品は別として)プロットの組み立ては結尾から前へ前へとアイディアを進めていく書き方なので、材料が揃わないと書き進められません。

>その代わり大曲でも漫然とならず、かつ伏線がきちっと収まるのでアナリーゼする人をびっくりさせられるのではないかと思っています(名曲でなければ意味はありませんが。それが問題)。

>アイディアも出尽くしたので、ようやく更新。これを終えたら昼食の準備と夕食の買い物。そしてレッスンが始まりますが、なんとか時間を作って年賀状に返礼したいと思います。こちらもインスピレーションがやってきたので、儀礼的な返礼にならずに書けそうです(虚礼廃止というのは年賀状を辞めるのではなくて、虚礼ではない年賀状を書くことだと、遅まきながら気づきました)。

>16時30分に満月。

>気象庁地震情報

今朝07時13分頃、岩手県沖(北緯39.3度、東経142.1度)を震源とするM5.0、最大震度3の地震がありました。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 下地(しもじ)観測点の23.9度(11:58)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 下川(しもかわ)観測点(07:12)、同 朱鞠内(しゅまりない)観測点(07:01)、同 幌加内(ほろかない)観測点(06:13)のマイナス25.1度、最低・日最高気温は北海道 上川地方 名寄(なよろ)観測点のマイナス10.0度(15:31)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の20.,度(07:38)でした。

>今日のFM番組から

・午前7時20分 気ままにクラシック(本放送)

番組詳細

以後、特別編成のためレギュラークラシック番組はありません。

>1月9日の過去のできごと

1431年 ルーアンでジャンヌ・ダルクの異端審問裁判が始まる。今でも裁判は、この頃とあまり変わっていないところがあります。その証拠に捜査側の先入観による冤罪はもとより検察によって作られた犯罪者が少なからずいて、真犯人を助ける結果となっています。「優れている」とは、本当のことが分かることです。勉強するということがは、誰かの考えを自分にコピーすることではなく、数多くの事実を検証し、それらが全て同時に成り立つ(矛盾しあわない)仕組み、理論にたどりつくことです。所要時間は一生涯。
1674年 生前はバッハやヘンデルと並ぶ巨匠と呼ばれ、その後忘れられた作曲家ラインハルト・カイザー誕生。再評価するのは現代の私たちです(時間がないので私にはできそうもありませんが)。所要時間不明。
1964年 警視庁が、個展に模造千円札を出品した画家・赤瀬川原平を通貨及証券模造取締法違反容疑で任意取調べ。私は赤瀬川原平さんの大ファンです。マルセル・デュシャンと並ぶほど数多くの「問題提起」をしています。所要時間は、両者をウィキペディアで読むだけなら数分、基本理念を理解する(著書や解説書を読み、美術展に出かける)には100時間、クオリアとして体験する(実際に創造行為を行なってコンシューマーからクリエイター側に回る)には500-1000時間くらい消費します。それで駄目なら、この2人はあなたの人生とは縁がなかったと思って、さっさと他の芸術家に視点を移します。
1868年 水素イオン濃度をpHで表すことを提唱したデンマークの化学者セーレンセン誕生。ちなみに “ペーハー” という読み方はデンマーク語読みということです。
1890年 ロボットという言葉を生み出したチェコの小説家カレル・チャペック誕生。
1908年 フランスの作家・哲学者のシモーヌ・ド・ボーヴォワール誕生。
1923年 スペイン人のファン・ド・ラ・シェルバ(Juan de la Cierva)が開発したオートジャイロが初飛行(1月17日説もあり)。オートジャイロの飛行と制御の理解までの所要時間は、人によって大きな差があると思います。飛行中の回転翼は動力駆動されていません。
1981年 ポーランドの作曲家、カジミェシュ・セロツキ没。彼を記念してカジミェシュ・セロツキ国際作曲コンクールが開かれています。下に動画をリンクしました。前衛ではありません。
1998年 1981年にノーベル化学賞を受賞した化学者の福井謙一没。


>カジミェシュ・セロツキの「トロンボーンとピアノのためのソナチネ」と曲名が読めないものの、美しい歌。

K.Serocki "Sonatina" For Trombone and Piano

Kazimierz Serocki - Oj, wyjdę ja

 
ラベル:
posted by tomlin at 13:15| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

朝の定期便 2011-01-08(日)

 
>148270(←トップページアクセスカウンタ)/ 51542(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者166人 / 367ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス1.9度(07:09;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。快晴の朝を迎えています。千葉県の成田観測点でマイナス6.6度、香取観測点でマイナス6.2度と今季最低の冷え込み。これは栃木県レベルの最低気温です。

>今日は、昼からウラノメトリア美術系チームの会合です。第4巻以降からは、拍子のイメージは変えずに、内容が上級者向けであることを感じさせるデザインに変更していこうと考えています。

>第5巻、第6巻は、ピアニストがコンサートレパートリーとして使えるような曲で構成できれば、と画策しています。まずは私自身がより高みに到達しなければ。

>赤緯が今年最北となった昨日深夜の月は、天頂とはいきませんでしたが、ほぼ真上から地上を照らしていました。

>気象庁地震情報

有感地震の発生頻度が上昇しています。特に東北沖。下記リンクの「各地の震度の情報」を時々チェックすることをお勧めします。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点の22.0度(15:48)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 下川観測点のマイナス20.6度(23:24)、最低・日最高気温は福島県 鷲倉観測点のマイナス6.2度(12:45)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の18.9度(00:14)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月7日

>今日のFM番組から

・午前8時15分 吹奏楽のひびき 吹奏楽で描く“鳳凰(ほうおう)”の姿

番組詳細

・午前9時00分 名演奏ライブラリー 特集・アニバーサリーイヤーの名演奏家たち(1)ショルティの指揮芸術

ハンガリー出身でドイツでの活躍を経てイギリス国籍となった指揮者ゲオルク・ショルティ(1912-1997)は、若い頃。バルビローリと並んで私の好きな指揮者でした(別に過去形ではありません)。ハンガリー時代の名前の表記はショルティ・ジェルジュ。キャリアのスタートはジュネーブ国際コンクール・ピアノ部門における優勝でした。その時の審査員にはフランク・マルタンが含まれていました(バックハウスも)。私にとっては「シカゴ交響楽団のショルティ」というイメージです。

番組詳細

・午後2時00分 第65回全日本学生音楽コンクール全国大会(午後6時まで)

ピアノ、ヴァイオリン、フルート、声楽部門。とても興味がありますが、今日は聴けそうにありません。残念。

番組詳細

午後6時00分 現代の音楽 タンブッコ・パーカッション・アンサンブル(1)

番組詳細

・午後7時20分 シンフォニーコンサート 東京フィル 第36回響きの森クラシックシリーズ

2曲目に、吉松隆さんの「マリンバ協奏曲 “バードリズミクス” 作品109」が演奏されます。吉松さんと言えば、今日午後8時から「平清盛」がスタートします。時間がかぶっているのが皮肉です。清盛は録画して、こちらをリアルタイムで聴くことにします。ちなみに「東フィル」は日本最大(世界的に見ても大規模)のオーケストラです(2001年に新星日本交響楽団と合併したため)。

番組詳細

・午後9時00分 ビバ!合唱 輝かしいバロックの調べ

番組詳細

>1月8日の過去のできごと

645年 唐の仏僧の玄奘三蔵がインドなどを巡る16年の旅から帰国。
1324年 東方見聞録で知られるヴェネツィアの商人で旅行家のマルコ・ポーロ没。
1337年 イタリア・ゴシック期の画家、ジョット・ディ・ボンドーネ没。
1642年 イタリアの物理学者・天文学者、ガリレオ・ガリレイ没。
1713年 イタリアの作曲家、アルカンジェロ・コレッリ没。
1823年 分布境界線(ウォレス線)で知られるイギリスの生物学者、アルフレッド・ラッセル・ウォレス誕生。
1873年 フランスのヴァイオリニスト、リュシアン・カペー誕生。カペー弦楽四重奏団は伝説として語られています。
1896年 フランスの詩人、ポール・ヴェルレーヌ没。
1942年 イギリスの理論物理学者、スティーヴン・ホーキング誕生。
1986年 フランスのチェロ奏者、ピエール・フルニエ没。
1998年 イギリスの作曲家、マイケル・ティペット没。

>今日の天体画像

NGC 1232 はエリダヌス座にあるSc型過剰銀河。ヨーロッパ南天文台(ESO)のVLT(超大型望遠鏡)が捉えた画像の一枚です。画像クリックで拡大します。

Grand Spiral Galaxy NGC 1232


 
ラベル:
posted by tomlin at 10:32| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月07日

朝の定期便 2012-01-07(土)

 
>148259(←トップページアクセスカウンタ)/ 51508(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者150人 / 369ページビュー)。

>今朝の最低気温1.9度(07:26;さいたま市観測点)、快晴、強風。

>おはようございます。氷点下にはなりませんでしたが、冷たい北風のために体感温度は「さむ〜〜〜〜〜〜〜〜!」というレベルです。今日のウォーキングは気合が必要。

>今日はプーランク113歳、クララ・ハスキルXXX歳(女性に年齢は失礼?)、ギュンター・ヴァント100歳(Centennial anniversary)、ジャン=ピエール・ランパル90歳の誕生日です(全員故人)。

>強風時には地表に降下した放射性物質が舞い上がる可能性もあるので、外出時、子どもたちには必ずマスクを。もちろん大人もです。

>西日本の皆さんに気になる情報です。福井県原子力環境監視センターの空間放射線量率が1月6日深夜に大きく上昇しています。原因は分かりません。日本の原発の事故かも知れませんし、噂になっている北朝鮮の核施設の事故かも知れません。

>福井県での観測ですが、本当に放射線量が高いのは他の地域である可能性もあります。原因はどうであれ、今日の外出は控えるか、気をつけたほうがよいと思います。

空間放射線量率(高浜サイト:北)ここ2日間のグラフ

>作曲家の林光(はやし・ひかる)さんが今月5日亡くなられました。享年80歳。日本語オペラの革新をなさった作曲家です。多くの作品を世に送り出したその生涯は精力的でした。心よりお悔やみ申し上げます。

>今から30年以上前、高校生の時に聴いた彼のフルートソナタがカッコよくて、小遣いを貯めて楽譜を買いました。だから今でも初版1刷を大切に持っています。現行楽譜には「花のうた」という副題が添えられていますが、私の中では一切の表題のない絶対音楽としての「フルートソナタ」です。タイトルが上端部にある装丁もシャープで大好きです。

20120107_林光1.JPG

>林光さんには「ピアノの本」という初心者向けのピアノメソードがあります。心のこもった佳作で、レッスンにはつかっていないのですが、自分が弾いて楽しんでいます。私は隠れ絵本コレクターなのですが、装丁は「てんぐちゃん」などを手がけた宇野亜喜良(うの・あきら)さんだと思います。ここでもタイトルが上端部ぎりぎりにあります。

20120107_林光2.JPG

>余談ですが、クルマでカミさんの実家に向かう時、目印になるのが「林光寺」という立派なお寺です(どこの林光寺かは内緒)。初めて見た時、おもわず「はやしひかるでら」と読んでしまいました。

>06時46分、月が今年最北となります。今夜の月(月齢13.4)は、私達をほとんど真上から照らすことでしょう。

>ところで、今日の星占いは蟹座が第1位。いい仕事ができますように。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 旧東(きゅうとう)観測点の20.4度(10:50)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 占冠(しむかっぷ)観測点のマイナス21.5度(05:39)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス7.9度(13:29)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の16.5度(07:04)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月6日

>今日のFM番組から

・午後7時20分 名曲リサイタル

前半がピアノの佐藤彦大さん、後半はチェロの毛利伯郎さん。

番組詳細

・午後9時00分 名曲のたのしみ ラフマニノフ その音楽と生涯(10)

私の父、野村盛明(モリアキ)翁は無事に93歳を迎えましたが、吉田秀和さんは御年98歳。その明晰な解説は年齢を感じさせません。彼は偉大な音楽図書館です。

番組詳細

>明日1月7日の過去のできごと

1610年 ガリレオ・ガリレイが木星の衛星「カリスト」「エウロパ」「イオ」を発見。
1895年 ルーマニアのピアニスト、クララ・ハスキル誕生。
1899年 フランスの作曲家、フランシス・プーランク誕生。
1912年 ドイツの指揮者、ギュンター・ヴァント誕生。
1943年 クロアチア生まれのセルビア人で、アメリカで活躍した電気技術者・発明家のニコラ・テスラ没。エジソンの直流送電に対し、現行の交流送電システムを提案したことで知られています。
1922年 フランスのフルート奏者、ジャン=ピエール・ランパル誕生。
1967年 ドイツの指揮者、カール・シューリヒト没。
1996年 画家に留まらず、あらゆる分野で活躍した美術家の岡本太郎没。

ラベル:
posted by tomlin at 13:23| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

朝の定期便 2012-01-06(金)

 
>148237(←トップページアクセスカウンタ)/ 51471(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者143人 / 378ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.8度(05:54;さいたま市観測点)、晴れ。

>おはようございます。早朝には雲が多かったのですが、昼が近づくにつれて快晴となってきています。

>07時44分には二十四節気の “小寒”(しょうかん:太陽黄経285度)。七十二候では “芹乃栄”(せり すなわち さかう)。

>地球は、公転軌道上を毎日およそ1度移動します。地球の1自転は約23時間56分で、それは恒星が翌日、同じ位置(子午線通過)に戻ってくるまでの時間を測れば確かめることができます。

>しかし太陽に対する地球の相対位置は1度だけ移動しているので、さらに4分自転しないと子午線を通過しません。これが24時間です。そして、地球は24時間で自転しているという誤解を生みやすくなっています。

>さて、一日を分単位で表すと1440分です。4分を365倍すると1460分。ほぼ一日になります。これが1公転あたり366自転しているのに365日である理由です。

>厳密には地球の1自転(恒星日)は23時間56分04秒09053平均太陽時間ですから、4秒を365倍すると約24分。だから概算でも1464分となってほぼ一致します。この誤差分については、後述します。

>地球が365自転した時、1公転には約6時間足りません。それで4年に一度の閏年を設けて季節がずれないように調節します。

>このルールで作られた暦が「ユリウス暦」です。しかし、地球の自転と公転の倍数が一致しているわけではなく(1太陽年との誤差は1年に11分15秒生じる)、長い間には地球の春分点通過がずれてきていることが観測されるようになりました。

>そこで、閏年を厳密に配置しなおしたのが「グレゴリオ暦」です。新しいルールは「西暦の年数が100で割り切れて、かつ400で割り切れない年は閏年としない」というものです。

>グレゴリオ暦は時のローマ教皇グレゴリウス13世の指示によって作成され、その導入は1582年でした。

>1582年は10月4日の翌日が10月15日となり、歴史上1582年10月5日から14日までは存在しません。もし、1582年10月7日というような日付が出てきたら、それはユリウス暦を採用し続けた、たとえばロシアのような国の記録であることが推測できます(または無知な作家による歴史小説かも)。

>さて、1582年は日本史では「本能寺の変」があった年なので覚えやすいと思います(いちごパンツ:1582)。今から430年も前に天体の運行を正確に観測して暦を作っていたことを考えると、現代人が果たして賢くなったのかどうか怪しい気持ちになります。

>次の話は決して自慢話ではありませんから、素直にお読みください。

>小学生の時、天体観測(ほとんど観望ですが)にのめり込んでいました。ですから、天文書を読んで前述した太陽系の惑星の運行と暦の関係をすでに理解していました(きちんと教えれば小学生にも理解できるレベルの内容です)。

>小学校では日時計について学びました。科学館のようなところに行くと日時計があって、その影の移動を追うことができるくらい大きなものでした。その周年変化を追うと、地球の公転軌道が真円ではないことが分かります。それは時計の正午(平均太陽時)と実際の太陽の動き(視太陽時)がずれるからです。

>中学に入れば、理科で太陽系の運行や暦について習うだろうと思っていましたが、四季が生じる理由程度のことで終わってしまいました(こんなに大切なことを学ばないことは、私にとって大きな驚きでした)。

>高校の地学では先生が地質専門の方だったので「天文分野には一切触れず」(いま考えると学習指導要領に違反しています)、ひょっとすると暦と時間の実際の姿を知らずに暮らしている人が数多く存在するのではないかと推測できます。

>中学生になって相対論に興味を持っていからは、重力(イコール加速度)の影響で、同時という概念がないことなどを知り、その神秘に打たれました。

>原子時計の発明によって、地球の自転のゆらぎが明らかになり、世界時には閏秒が導入されるようになりました。もし、正確な時を採用すると、いずれは正午が夕闇につつまれてしまうかも知れないからです。

>高速で移動する惑星探査機内では相対論的高価によって時間の遅れが生じるために、地球から指令を出す時には、そのために修正された特別な時間を使います。

>天文学では年月日という概念を用いません。宇宙では地球が夏なのか冬なのか、あるいは昼なのか夜なのか関係ないからです。

>それはユリウス日(あるいはユリウス通日)と言い、紀元前4713年1月1日正午からの日数をカウントしていくものです。時間や秒の概念も用いず、小数点以下で表します。これなら時間経過やあるいは時間の計算を全て十進法で行なうことができるからです。

>ただし、桁数が多くなってしまったので、現在では修正ユリウス日が使われます。ちなみに2012年1月0日の修正ユリウス日は55906です。0日としたのは、今日のように6日なら6を加算すれば済むからです。だから今日は55912日ということになります(修正ユリウス日の起点は正午ではなく、午前0時になっています)。

>長くなってしまいました。400年前の人たちに負けないように、ぜひ暦について知ってください。

>昨日放送された「人はなぜ老いるのか」は、福岡伸一さんが常日頃から述べておられるルドルフ・シェーンハイマーの「動的平衡」から見た生命について考える番組でした。非常に興味深い番組だったので、昨夜1回視聴しただけでは足りず、朝食後に再視聴しました。

>ひょっとしたら、作曲工房日記はその話題になるかも知れません。

>気象庁地震情報

昨夜から東北地方を中心に有感地震が続いています。ぜひ下のリンクをご覧になってください。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 南大東観測点の19.9度(13:09)、最低・日最低気温は北海道 十勝地方 大樹(たいき)観測点のマイナス22.0度(01:13)、最低・日最高気温は福島県 鷲倉観測点のマイナス8.0度(12:48)、最高・日最低気温は東京都 父島観測点の16.0度(19.02:)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月5日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 気ままにクラシック(再)

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック

番組詳細

>1月6日の過去のできごと

1803年 悪名高きピアノ練習器具「ダクティリオン」を開発したフランスのピアニストで作曲家のアンリ・エルツ誕生。ダクティリオンについては岡田暁生著「ピアニストになりたい」に写真入りで解説されています。ちなみにウラノメトリアはアンリ・エルツやカルクブレンナー、タウジッヒらとは対極のスタンスにあります。
1822年 トロイア遺跡の発見で知られるドイツの実業家で考古学者のハインリッヒ・シュリーマン誕生。
1838年 ヴォーン=ウィリアムズの師でもあったドイツの作曲家、マックス・ブルッフ誕生。
1856年 オペラ全盛のイタリアにあって器楽曲復興に努めた作曲家、ジュゼッペ・マルトゥッチ誕生。
1858年 色彩を色相・明度・彩度の三属性によって定量的に表すマンセル色体系(マンセル・カラー・システム)を考案したアメリカの画家、アルバート・マンセル誕生。これは画期的な出来事で、印刷時の色指定やPCソフト上でのカラー選択など多く応用されています。日本工業規格では「JIS Z 8721」で規格化されています。
1872年 ロシアの作曲家、アレクサンドル・スクリャービン誕生。音と色の共感覚を持っていたと考えられており、光オルガンを考案。
1881年 ベルギーのヴァイオリニスト・作曲家のアンリ・ヴュータン没。
1884年 遺伝学の祖、グレゴール・ヨハン・メンデル没。
1891年 フランスの作曲家、レオ・ドリーヴ没。
1924年 イベールの「寄港地」初演。いま聴くと新鮮さがないようなきがするかも知れませんが、それは後に続く作曲家たちが、イベールを真似しつづけたからでしょう(ハリウッドの一部の作曲家たちは、いまだに常套手段として使っています)。それほど当時は衝撃的であったと推察しています。
1946年 ピンク・フロイド結成時の中心的メンバーであったシド・バレット誕生。薬物中毒と精神病に苦しみ、極めて短期間で脱退したが、後に続くロックミュージシャンに多大な影響を残す。
1959年 ピアニストの伊藤恵(いとう・けい)誕生。
1990年 チェレンコフ効果で知られるロシア(ソビエト時代)の物理学者、パーヴェル・チェレンコフ没。

ラベル:
posted by tomlin at 13:38| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月05日

朝の定期便 2011-01-05(木)仕事始め

 
>148226(←トップページアクセスカウンタ)/ 51443(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者138人 / 316ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス1.9度(07:00;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。よく晴れて冷え込んだ朝を迎えています。

>09時32分には、地球が近日点を通過(0.9832841天文単位、1億4709万7207km、太陽視直径32.6')。

>今日の太陽は1年で最も大きく見え(視直径が大きい)、地球の軌道速度も最大となります。ということは、惑星の運動に関するケプラーの第2法則「惑星と太陽とを結ぶ線分が単位時間に描く面積は、一定である」という「面積速度一定の法則」により一日(太陽日)も最も長くなるということです。

>地動説(太陽中心説)は「地球は太陽を公転している」ということではなく、それを実現している、とても単純な物理法則を体感することによって、初めて理解したことになります。景色や星空が少し変わって見えるかも知れません。本当に単純なことですから、ぜひお調べになってください。

>そこから派生して、なぜ季節があるのか、なぜ季節ごとに夜空の星座が変わるのか(地球は1年間に366自転しているのに365日しかない理由です)、カレンダーや時間の仕組みがどうなっているのかがわかってくることでしょう。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は東京都 父島観測点の21.9度(12:21)、最低・日最低気温は北海道 十勝地方 本別(ほんべつ)観測点のマイナス25.1度(06:48)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス7.2度(12:09)、最高・日最低気温は東京都 父島観測点の18.3度(00:09)でした。

>今日の富士山頂も厳寒となっています。

アメダス富士山頂観測点

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月4日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

ロッシーニ、ヨハン・シュトラウス、ビゼー、ショパン、チャイコフスキー。メインプログラムはチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」、ピアノは今では指揮者として有名なチョン・ミュンフンです(1974年のチャイコフスキーコンクール第2位の腕前)。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション セルソ・アルベロ テノール・リサイタル

セルソ・アルベロはスペインうまれのテノール歌手。トスティ、ヴェルディ、チレーア、ドニゼッティほか。

番組詳細

>1月5日の過去のできごと

1740年 イタリアの作曲家、アントニオ・ロッティ没。門下にドメニコ・アルベルティ、ベネデット・マルチェッロ、バルダッサーレ・ガルッピ、ヤン・ディスマス・ゼレンカ。弟子たち凄すぎ。
1762年 モーツァルトの妻でソプラノ歌手であったコンスタンツェ・モーツァルト誕生。カルル・マリア・フォン・ウェーバーの23歳年上の従姉妹でもあった。
1880年 ロシアの作曲家、ニコライ・メトネル誕生。
1888年 オーストリア出身のフランスのピアニスト・作曲家のアンリ・エルツ没。1836年にピアノの練習器具「ダクティリオン」を発明。世界中の練習熱心なピアニストの指にダメージを与えた可能性も否定できません。
1900年 フランスの画家、イヴ・タンギー誕生。
1905年 日本画家の片岡球子(かたおか・たまこ)誕生。昨年1月16日に103歳で没。
1919年 イタリアのフルート奏者、セヴェリーノ・ガッゼローニ誕生。超絶技巧で知られ、現代音楽の作曲家から数う多くの曲を献呈されました。「ガッゼローニのために」というジャンル(?)さえあります。
1920年 イタリアのピアニスト、アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ誕生。
1922年 アイルランド生まれの探検家、アーネスト・シャクルトン没。シャクルトンの南極点到達は失敗に終わりましたが、隊員にひとりの犠牲者も出さず、素晴らしい指揮官であったことが伺えます。その1914年の困難な旅について読む機会を得た人は幸運です(運や縁だからです)。
1931年 オーストリアのピアニスト、アルフレート・ブレンデル誕生。
1932年 イタリアの哲学者・小説家のウンベルト・エーコ誕生。代表作は「薔薇の名前」。
1942年 イタリアのピアニスト、マウリツィオ・ポリーニ誕生。
1969年 千葉県野島崎沖で33814トン、全長223m、就航3年3ヶ月の撒積貨物船「ぼりばあ丸」が沈没。
2005年 準惑星エリス(136199 Eris)発見。ちなみに小惑星エリスは綴りが異なり(11980 Ellis)。

ラベル:
posted by tomlin at 11:59| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

朝の定期便 2011-01-04(水)

 
>148203(←トップページアクセスカウンタ)/ 51406(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者106人 / 242ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.9度(06:45;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。快晴の冷え込んだ朝を迎えています。

>今年のしぶんぎ座流星群は極大予想が16時です。毎年明け方4時前後に、月明がなければ1時間あたり30個くらい流れると言われています。

>今日未明も04時にはまだ起きていたのですが、体力切れで空を眺める元気がありませんでした。明日1月5日の明け方にも流れる可能性が指摘されていますが、出現ピークは短いという説と、最近では電波観測で、実は出現時間帯が分散しているという説もあります。

>今日は年賀状への返信と作曲環境の再構築を行います。それからレッスンの準備。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点の23.1度(13:18)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 江丹別(えたんべつ)観測点のマイナス23.3度(03:31)、最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 白滝(しらたき)観測点のマイナス8.0度(13:06)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の16.7度(13:06)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月3日

>今日のFM番組から

・午前07時20分(120分)NHK音楽祭2011アンコール −華麗なるピアニストたちの競演(4)エフゲーニ・キーシン

 ショパン「ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11」、「スケルツォ第2番」他

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

モーツァルト、ベートーヴェン、ブラームス、シューマン。チェロのソナタと協奏曲が1曲ずつあります。チェロの曲を計画している人はぜひ。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ブルーノ・レオナルド・ゲルバー ピアノ・リサイタル

ブルーノ・レオナルド・ゲルバー(1941- :アルゼンチン)は、ベートヴェンの演奏が特に高く評価されているピアニストです。今回もプログラムに「月光」と「熱情」が含まれています。ほかにムソルグスキーの「展覧会の絵」。

番組詳細

>1月4日の過去のできごと

1643年 イギリスの物理学者、アイザック・ニュートン誕生。
1710年 夭折したイタリアの作曲家、ジョヴァンニ・バッティスタ・ペルゴレージ誕生。
1829年 江戸琳派の創始者、画家(絵師)の酒井抱一(さかい・ほういつ)没。
1874年 チェコの作曲家・ヴァイオリニストのヨセフ・スク(ヨゼフ・スーク)誕生。
1905年 シカゴ交響楽団の創設者でもある、指揮者のセオドア・トマス没。
1940年 ジョセフソン効果で知られるイギリスの物理学者、ブライアン・ジョゼフソン誕生。
1960年 フランスの小説家、アルベール・カミュ没。
1961年 オーストリアの理論物理学者、エルヴィン・シュレーディンガー没。
1965年 イギリスの詩人、T.S.エリオット没。
1985年 旧ユーゴ出身の指揮者、ロブロ・フォン・マタチッチ没。
1988年 フランスのハープ奏者、リリー・ラスキーヌ没。
2004年 NASAの火星探査機「スピリット」が火星表面に着陸。
2009年 「2009年ニューギニア島沖地震」(M7.3)発生。
2010年 アラブ首長国連邦のドバイで、ブルジュ・ハリファ(世界一高い超高層ビル)が完成。


>昨夜(1月4日未明)午前2時30分から、ETV特集・選 シリーズ 大震災発掘 第2回「巨大津波 新たなる脅威」が再放送されたので、また視聴してしまいました。これは科学的調査による事実の集積ですから、信頼性は高いと考えます。それと符合する記事がありましたのでリンクします。このような記事を読んで「不安を煽るな」という感想を持たれる方は、ご自分の人生観に従って生きてくださるようお願いいたします。赤道上における地球の自転速度が1674.4km/hと知って恐怖心にかられた方がいるという話を聞いたことがありますが、私も閉鎖空間がわけもなく怖いので、そういうことは仕方がないと思います。日本で暮らすということは、大地震や大津波を覚悟して生きるということです。立ち向かうもよし、備えるもよし、明日命が絶たれても悔いのない暮らしをするもよし(非常に難しい生き方ですが、あこがれます)、いっそのこと気にしないという生き方もよしだと思います。私は「少し立ち向かい、少し備え、少し頑張って、少し気にしない」というベストミックスな生き方に傾きつつあります。それよりも、その場での正しい判断という対応力を身につけたいものです。

【2012年を達人が斬る!(3)】長尾年恭(東海大学地震予知研究センター長)「近い将来、首都圏は3回大きく揺れます」

 
ラベル:
posted by tomlin at 12:44| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

夜の不定期便 2012-01-03(火)

 
>148200(←トップページアクセスカウンタ)/ 51393(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者129人 / 313ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス1.3度(04:37;さいたま市観測点)、晴れ。最高気温10.2度(13:58) 。

>遅くなりました。日付が変わる前に更新ボタンをクリックできるでしょうか。

>今日は、カミさんと山種美術館に行ってきました。

>「ザ・ベスト・オブ・山種コレクション」の後期展示でしたが、収蔵絵画のクオリティーの高さに感動して帰って来ました。詳細は作曲工房日記に書きますが、可能な限り会期中(2/5まで)に訪れることを強くお勧めします。

>05時19分 月の距離が最遠(1.052、40万4572km、視直径29.5')。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は東京都 父島観測点の21.9度(11:22)、最低・日最低気温は北海道 空知地方 深川観測点のマイナス18.7度(23:22)、最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 白滝観測点のマイナス4.0度(11:25)、最高・日最低気温は東京都 父島観測点の17.1度(22:13)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月2日

>1月3日の過去のできごと

1785年 ヴェネツィアの作曲家、バルダッサーレ・ガルッピ没。
1795年 イギリスの陶芸家、ジョサイア・ウェッジウッド没。
1836年 坂本龍馬誕生。
1852年 6点式アルファベット点字の発明者、ルイ・ブライユ(フランス)没。
1887年 ドイツの画家、アウグスト・マッケ誕生。
1888年 当時世界最大の望遠鏡であるリック天文台の屈折望遠鏡(口径91.44cm)がファーストライト。今でも屈折望遠鏡としては世界第2位(第1位はヤーキス天文台の102cm;1897年)。どちらの望遠鏡も足掛け3世紀にわたって現役のはずです。
1890年 チャイコフスキーのバレエ音楽「眠りの森の美女」初演。
1911年 「OK牧場の決闘」「老人と海」「荒野の七人」「大脱走」などで知られるアメリカの映画監督、ジョン・スタージェス誕生。
1956年 ロシア生まれの作曲家、アレクサンドル・グレチャニノフがニューヨークで没。
1959年 洋画家の和田英作(わだ・えいさく)没。明治神宮外苑にある「聖徳記念絵画館」所蔵の「憲法発布式」が有名ですが、山種美術館所蔵の「黄衣の少女」を見て、その素晴らしさに感激してファンになりました。
1999年 NASAが火星探査機マーズ・ポーラー・サンダーを打ち上げ。しかし、その後通信が途絶し計画は中止。


ラベル:
posted by tomlin at 23:42| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

朝の定期便 2012-01-02(月)

 
>148173(←トップページアクセスカウンタ)/ 51353(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者114人 / 278ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.2度(02:06;さいたま市観測点)、くもり→晴れ。

>おはようございます。早朝は曇っていましたが、9時過ぎから徐々に晴れてきました。

>野村太陽光発電所の2011年運転実績がまとまりました。

・交流変換後発電量 4693kwh これは最も発電量の多かった2001年の5213kwhのちょうど90%に相当します。
・二酸化炭素削減量 2604.615kg 約2.7t。計算方法によって差が出ますが、これは地球温暖化対策の推進に関する法律施行令 第三条に基づいた値で、算出の基礎となる変換式は0.555kg-CO2/kWhを用いています。昨年は日本全体の原子力発電の割合が減っているので、実際には、もう少し削減量が多くなっている可能性もあります。
・売電電力量(電力線に戻した電力量)1902.7kwh。近隣のご家庭で、これだけのエコエネルギーを使っていただくことができました。

>太陽光発電は計画的な発電が難しいために、社会全体の発電の主力となることはできませんが、もし、日本中の家庭、マンション、工場の屋根に設置されたら、電力会社が発電しなければならない電力量が減ることは確実です。

>各家庭で日照のない時間帯をカバーするのがカーボンニュートラルである木質ペレットによる発電や暖房となるかも知れません。

>ペレットストーブの熱効率は90%という高効率なものです。日本のように森林が多い国では、間伐材も多く産出されてしまうので、今まで産業廃棄物であったものを燃料に変えることができます。欧米では、これを用いた熱と電力の供給システムが構築されつつあります(地域性があります)。

>日本で実用化するためにには、インフラと呼ばれるほどの整備と普及が必要ですが、投機によって乱高下する原油価格に振り回されることがなくなるばかりか、原油依存料を減らすことができます。

>将来クルマを走らせるのは電気と考えられていますが、バイオ燃料の分野でも進展があるようです。

>石油を作る藻にも実用化に向けたいろいろな課題がありました。生産効率が極めて高いオーランチオキトリウムは、光合成を行わないために餌を与えるという矛盾がありました。しかし、光合成する藻を同時に繁殖させることで解決の緒(いとぐち)が見えてきたようです。

>また、みずから光合成を行い、かつ炭化水素の生産効率が高い「榎本藻」の研究もIHIなどの協力を得て進められているようです。

>いくら原発反対を叫んでも簡単には原発がなくなるとは思えませんが、再生エネルギーが一般化してコストが下がれば、自動的に原発は不必要になります。

>原油の輸入量が減って、さらに地域ごとの電気の地産地消が広まれば、雇用も増えることになります。日本社会の再生はエネルギー問題を負のイメージからプラスイメージに変換するところから始まるような気がしています。

>気象庁地震情報

昨日1月1日14時28分頃、鳥島近海(北緯31.4度、東経138.6度)を震源とするM7.0、最大震度4の地震がありました。震源の深さ370kmという大深度地震でした。これが次なる地震の前震である可能性も考えて、この機会に備えを見直すというのはどうでしょうか。私たちの未来は、私たちの小さな判断と実行の積み重ねで構築されていきます。

当該地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 北大東観測点の20.7度(13:12)、最低・日最低気温は北海道 十勝地方 糠内観測点のマイナス21.5度(06:43)、最低・日最高気温は北海道 十勝地方 池田観測点のマイナス4.9度(17:05)、最高・日最低気温は沖縄県 旧東観測点の18.0度(11:13)でした。

>今日のFM番組から

・午前8時10分 NHK音楽祭2011アンコール 華麗なるピアニストたちの競演(2)シプリアン・カツァリス

聴き逃しましたが、カツァリス作曲の「即興曲」が演奏されました。

番組詳細

・午後7時20分 まろのSP日記 第5集(午後9時10分まで)

貴重な過去の音源を聴くことができます。ラフマニノフ自身の演奏や、齋藤秀雄指揮 / 新交響楽団の演奏もあります。

番組詳細

>1月2日の過去のできごと

1822年 熱力学でエントロピー、およびエンタルピーの概念を提唱したことで知られるポーランド出身の物理学者ルドルフ・クラウジウス誕生。
1837年 ロシアの作曲家、ミリイ・バラキレフ誕生。
1843年 ワーグナーのオペラ『さまよえるオランダ人』初演。
1892年 グリニッジの子午線を経度0度にすることを提案したイギリスの天文学者ジョージ・ビドル・エアリー没。屈折望遠鏡の光軸チェックの時に観察するエアリーディスクは彼の名に因んでいます。
1905年 イギリスの作曲家、マイケル・ティペット誕生。
1920年 「ロボット工学三原則」で知られるアメリカのSF作家、科学エッセイストのアイザック・アシモフ(アジモフとも)誕生。
1932年 作曲家の神津善行誕生。CD「六華仙」(絶版、中古で入手可能)は、神津善行氏プロデュースによる「女子12楽坊」に先行するプロジェクトです。
1936年 落語家、立川談志誕生。
1997年 ナホトカ号重油流出事件。この件だけでも石油依存から脱却しなければと思ってしまいます。

ラベル:
posted by tomlin at 11:53| 埼玉 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月01日

朝の定期便 2012-01-01(日)元日

 
>148149(←トップページアクセスカウンタ)/ 51330(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者136人 / 368ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス0.1度(06:04;さいたま市観測点)、くもり→晴れ(当地では初日の出を拝むことはできませんでした)。

>迎春。

>喪は明けましたが個人的に祝う気分はなく、むしろ緊張ぎみの元旦を迎えました。

>去年の定期便を読み返すと、3.11以前は、常に来るべき災害に備えているように見えるものの実に脳天気であったと感じました。

>自然は、人間の想像力を超える振る舞いをすることを思い知らされました。まさに天才(天災の誤変換ではありません)の仕事と同じです。

>福島原発事故の収束の見込みは経っておらず、まだまだ放射性物質が途切れることなく放出され続けています(発表されていいるデータを毎日チェックなさることをお薦めします)。

>新年を無事迎えられたことは素直に喜びたいと思います。しかし、ますます気を引き締めなければならない1年が始まりました。

>世界の金融不安は日本をも飲み込むかも知れません。銀行預金が「なかったこと」になってしまうかも知れません。

>最悪の場合、紙幣は、まさに「何かが印刷されているがためにメモ用紙にも使えない紙」になってしまうことさえあり得ます。

>でも、本当に起こるのはこのようなヘタな予想の立たない、私たちの想像力など及ばない事態かも知れません。

>明日死ぬと思って事を為し、永遠に生きると思って学びたいと思います(ガンジーの言葉から)。

>安楽な暮らしを幸せというとは思いません。必要以上の資産を持つことが幸せであるとも思えません。幸せは本気で生きなければ見えてこないことでしょう。

>3.11は私達に、そんな感慨ももたらしたと思います。

>今年は人として成長したいと願っています。

>作曲工房の皆さん(HPにおいでくださる皆さんも)、目標はそれぞれでも、一丸となって達成に少しでも近づきましょう。決して息切れしない程度に、しかし、たゆまずに歩み続けましょう。

>今日の日の出時刻。札幌07時06分、東京06時50分、大阪07時05分、福岡07時23分。

>15時15分には上弦。

>新年らしくないことを書き連ねましたが、家族では新年を祝いました。

>モリアキ翁は、あと2日で満93歳を迎えます。

>今年のおせち料理は、私の母からカミさんに代替わりしたので内容が少し変わりました。「伊達巻」や「レーズン&林檎きんとん」(栗きんとんの代わり)、「お煮しめ」「なます」などの定番は今までどおり手作りですが、今年は手作りハムと、モリアキ翁専用の「のどに詰まりにくい切り餅」も我が家でつきました。

>とりあえず、こういう儀式によって一年の区切りがはっきりと家族に刻まれました。

>今年のとむりん訓示。

>家族それぞれ目標はバラバラなるも、一丸となってなお一層奮励努力せよ。

>モリアキ翁訓示。

>「はい、お年玉。いつもみんなありがとう」

>50台半ばにして私も落とし玉を頂戴しました。この一件で今年だっていいことはある、とちょっと考えなおしました。

>気象庁地震情報

1月1日00時29分頃、新潟県中越地方(北緯37.0度、東経138.6度)を震源とする最大深度4、M4.1

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 南大東観測点の21.4度(12:12)、最低・日最低気温は北海道 留萌地方 達布(たっぷ)観測点のマイナス20.1度(07:57)、最低・日最高気温は福島県 鷲倉観測点のマイナス4.4度(13:09)、最高・日最低気温は沖縄県 仲筋(なかすじ)観測点の17.0度(07:00)でした。

>今日のFM番組から

・午前8時10分 NHK音楽祭2011アンコール 華麗なるピアニストたちの競演(1)ボリス・ベレゾフスキー

番組詳細

・午後7時15分 ウィーン・フィル ニューイヤーコンサート2012

今年の指揮はマリス・ヤンソンス。

番組詳細

・午後10時00分 坂本龍一 ニューイヤー・スペシャル(120分)

番組詳細

>1月1日の過去のできごと

B.C.153年 共和政ローマで年始の日と定められる。
1780年 ドイツの作曲家で、バッハの高弟であったヨハン・ルートヴィヒ・クレープス没。
1782年 バッハの末息子で作曲家のヨハン・クリスチャン・バッハ没。
1801年 イタリアのピアッツィが小惑星(現在は準惑星)第1番ケレスを発見。
1873年 太陽暦実施。明治5年12月2日の翌日が明治6年1月1日に。
1887年 統計35度の時刻を日本標準時とすることが定められる(勅令第51号)。
1894年 周波数の単位Hzに名を残すドイツの物理学者ハインリヒ・ルドルフ・ヘルツ没。
1894年 ボース粒子(ボソン)に名を残すインドの物理学者サティエンドラ・ボース没。 
1959年 メートル法施行。

ラベル: 元日
posted by tomlin at 12:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする