2012年01月11日

朝の定期便 2012-01-11(水)

 
>148326(←トップページアクセスカウンタ)/ 51636(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者138人 / 355ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス1.1度(03:47;さいたま市観測点)、くもり→晴れ。

>おはようございます。早朝は曇っていましたが、徐々に日差しがでてきました。

>今日はモリアキ翁が93歳になってはじめての定期通院。また戸籍上の誕生日でもあります。新年は混み合うので、午前の受付終了時刻間際をねらって行ってみます。



>気象庁地震情報

昨日は日本域の有感地震が5回と非常に少なく、逆に気になったりします。
日本中どこでも震災が起こる可能性はありますが、東京圏で次の震災が起こった時には下のリンクの道路が前線車両通行止めになります。交通規制が実施された時、クルマでの避難は困難を極めることでしょう。なぜなら幹線道路の単位時間あたりの交通量は裏道の比ではなく、裏道だけで交通量を確保することは物理的に無理があるからです。また幹線道路を横切ることができるのかどうかも不透明です。
仮に福島4号機燃料プールの倒壊を直感したとしたら、すぐ家族全員がクルマに乗って、交通規制以前に関越トンネルを通過してしまうくらいのミラクルな行動以外、放射線被曝は免れないかも知れません。冬季の山越えは関東平野のドライバーには困難でしょう。新幹線の駅が近い方は、不通になっていなければもっとも速い移動手段です(ただし、誰よりも早く駅まで到達しなければなりませんから、判断の遅れは許されません)。
パズルだと思って、地図上に陸路、鉄路、空路などの避難経路を書きこんでみるのはどうでしょうか。震源によって避難先が変わるので、何通りもの経路を用意する必要があります。
「落ち着いて行動する」ためには、何をすればよいかが決まっていることが前提です。その場になってどうすればよいのか分からない時に人は「慌てます」。

緊急交通路として全線車両通行止となる路線名(東京)

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 北大東観測点の23.1度(11:35)、最低・日最低気温は北海道 宗谷地方 中頓別(なかとんべつ)観測点のマイナス24.6度(08:04)、最低・日最高気温は北海道 宗谷地方 声問(こえとい)観測点のマイナス8.7度(18:33)、最高・日最低気温は沖縄県 南大東観測点の19.5度(24:00)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月10日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

グリンカ、スヴィリドフ(Yury (Georgy) Vasil'evich Sviridov;1915-1998:ロシア)、サン=サーンス、チャイコフスキー。スヴィリドフは、旧ソビエト時代に体制側(社会主義リアリズム路線の指導的立場)にあったために、マイナス評価されているようですが、その作品を評価する人は日本にも少なくないようです。
メインプログラムはチャイコフスキーの「交響曲第1番」。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック アメリカのオーケストラ(2)

シャルル・デュトワ指揮 / フィラデルフィア管弦楽団演奏会

番組詳細

>1月11日の過去のできごと

1787年 ウィリアム・ハーシェルによって天王星の2つの衛星、チタニアおよびオベロンが発見される。ちなみにハーシェルは、ドイツ出身のイギリスの音楽家で天文学者。24曲の交響曲をはじめ、多数の作品を残しています。
1801年 イタリアの作曲家、ドメニコ・チマローザ没。
1829年 ドイツの思想家・詩人・評論家のフリードリヒ・シュレーゲル没。シュレーゲル兄弟の弟(兄はアウグスト・ヴィルヘルム・シュレーゲル)。
1881年「からくり儀右衛門」と呼ばれた発明家で東芝(田中製作所)の創業者、田中久重没。
1901年 ロシアの作曲家、ヴァシリー・カリンニコフ没。
1902年 「レクイエム」で知られるフランスの作曲家でオルガン奏者のモーリス・デュリフレ誕生。
1966年 スイス出身の彫刻家。アルベルト・ジャコメッティ没。
1998年 ドイツの指揮者、クラウス・テンシュテット没。
2009年 グラフィックデザイナーの福田繁雄没。名前を聞いてピンとこない人でも、彼の名前でグーグルなどで画像検索すれば、すぐに誰だか分かることでしょう。



ラベル:
posted by tomlin at 11:01| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする