2012年01月23日

朝の定期便 2012-01-23(月)

 
>148515(←トップページアクセスカウンタ)/ 52041(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者163人 / 352ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス0.2度(03:16;さいたま市観測点)、小雨が降ったり止んだり。

>おはようございます。寒く、雨がちな天気が続いています。夜は再び雪になるという予報です。ソーラー発電は開店休業状態中。

>今日はムツィオ・クレメンティの260歳の誕生日です。私の曲は果たして2215年になっても演奏されているでしょうか? がんばります。

>16時39分には新月。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

どういうことなのかよく分かりませんが、北海道のいくつかの観測点と東京神津島、三宅島観測点で、今朝9時台に今年最高気温を記録しています。午後にはさらに気温が上がるのでしょうか。

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 南大東観測点の22.9度(12:19)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 音威子府(おといねっぷ)観測点のマイナス18.9度(00:29)、最低・日最高気温は北海道 上川地方 和寒(わっさむ)観測点のマイナス6.5度(22:43)、最高・日最低気温は沖縄県 北大東観測点の18.5度(06:56)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日1月22日

>今日のFM番組から

・午前7時20分 気ままにクラシック(本放送)

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

イギリス近代音楽特集。冒頭のポール・リードという作曲家については聴いたこともないし、調べてもよくわかりませんが、演奏される「ヴィクトリアン・キッチン・ガーデン」という組曲は、クラリネット界では知られているようです。検索で出てきたブログに「イギリスBBC放送の自然や伝統料理文化を伝える為の番組のテーマ音楽として作曲されました」という記述がありました。
そして、エルガーの作品を7曲。威風堂々の第4番と第1番が含まれています。
作曲家よりも、むしろ指揮者として知られるヘンリー・ウッド(1869-1944)の「イギリスの海の歌による幻想曲」を挟んで、パーシー・グレンジャーの作品を7曲。グレンジャーはオーストラリア人ですが、イギリス伝統音楽に基づいて作曲しています。バーミンガム市交響楽団のメンバーによる管楽器と打楽器の「リンカンシャーの花束」が楽しみです。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック オランダのオーケストラ(1)

アンドリス・ネルソンス指揮:ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団演奏会

ベルナルト・ハイティンク時代のコンセルトヘボウ(当時はアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団)は、あまり趣味が合わなくて聴く機会が多くはなかったのですが、リッカルド・シャイー、マリス・ヤンソンスになってからは聴く機会が少し増えました。しかし、生粋のオランダ人指揮者による伝統はハイティンクで絶えたため、コンセルトヘボウファンは、名指揮者であったメンゲルベルク、オイゲン・ヨッフム、ハイティンク時代までを黄金期としているようです。みなさんは私の趣味に釣られずに、ご自分で判断を。そういえば、LPではヨッフム盤を数枚持っていました。

イェフィム・ブロフマンをソリストに迎えたベートーヴェンの「皇帝」が楽しみです。ほかに「アテネの廃墟 “序曲”」と「シェエラザード」。

番組詳細

>1月23日の過去のできごと

1752年 ソナチネで知られるイタリアの作曲家、ムツィオ・クレメンティ誕生。ピアニスト、ピアノ教育、ピアノ製造、出版事業など多方面で才能を発揮。
1832年 フランスの画家エドゥアール・マネ誕生。
1837年 ノクターンの創始者でもあるイギリスの作曲家ジョン・フィールド没。
1905年 ニホンオオカミの最後の一匹が奈良県で捕獲。
1907年 理論物理学者の湯川秀樹誕生。
1908年 アメリカの作曲家エドワード・アレグザンダー・マクダウェル没。
1922年 ハンガリー出身の指揮者アルトゥール・ニキシュ没。
1944年 ノルウェーの画家エドヴァルト・ムンク没。
1947年 フランスの画家、ピエール・ボナール没。
1959年 アメリカの有人深海潜水艇「トリエステ」がマリアナ海溝チャレンジャー海淵(地球の海の最深部)10916メートルに到達。以後、有人潜水艇がこの深度に到達したことはない。
1981年 アメリカの作曲家サミュエル・バーバー没。
1989年 スペインの画家、サルバドール・ダリ没。



ラベル:
posted by tomlin at 12:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする