2011年07月28日

朝の定期便 2011-07-28(木)

 
>145436(←トップページアクセスカウンタ)/45829(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者212人 / 433ページビュー)。

>今朝の最低気温23.5度(07:51;さいたま市観測点)、雨上がり。

>おはようございます。朝方弱い雨が降ったので、いまは草木や道路が濡れて雨上がりの景色になっています。

>湿度がとても高いのでピアノのある部屋の湿度計をこまめに確認して除湿を心がけてください。冷房すると空気が乾くというのは、ほとんと迷信に近いものがあります。

>エアコンの起動直後に少し下がりますが、温度が安定してくると湿度はたちまち70パーセントを超えたりします。除湿器との併用がかかせません。部屋が広い場合には1台の除湿器で部屋中が同じ湿度になるとは限りません(むしろならないことが多い)。

>作曲工房では、冷房時に2台の除湿器が稼働しています。理想は、ホールのピアノ保管庫などで使われていたりする「ルームドライヤー(ダイキン)」の連続運転ですが、まだ未装備。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

台風第8号 (ノックテン)は南シナ海にあり、海南島方面に向けて進んでいます。フィリピンの東海上には台風に発達する可能性のある熱帯低気圧があります。

台風第8号 (ノックテン)

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 伊是名観測点の34.9度(12:45)、最低・日最低気温は北海道 網走・北見・紋別地方 西興部(にしおこしべ)観測点の12.1度(03:53)、最低・日最高気温は北海道 宗谷地方 浜鬼志別(はまきしべつ)観測点の20.3度(12:28)、最高・日最低気温は沖縄県 石垣島観測点の28.7度(05:42)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日7月27日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

チャイコフスキー(1840-1893;ロシア)、バルトーク・ベーラ(1881-1945;ハンガリー)、ジョルジェ・エネスク(エネスコとも。1881-1955;ルーマニア)、アルフレット・シュニトケ(1934-1998;ロシア)。
チャイコフスキーのテンペストは未聴曲。楽しみですが今日は印刷会社で色合わせをする時間帯と重なっていて聴けるかどうか微妙なところ。だめなら来週の再放送に期待。バルトークの「弦楽四重奏曲第5番」(1934)は、6曲中、もっともよく知られているものです。最初は晦渋な印象を受けるかもしれませんが、聴いているといつの間にかソラで歌い始めてしまうというような曲です。シンメトリカル(第3楽章を中心に1-5、2-4がそれぞれ対応して挟み込む構造)な5楽章構成。
エネスクの「ヴァイオリンソナタ第3番」は20世紀ヴァイオリンソナタの傑作のひとつ。これに対抗できるのはバルトークの第2番くらいか? 次男坊が小学校低学年だったころ、エネスクのトッカータを聴いて「これはとうちゃんの新しい曲?すごくいいね」と言いました。つまり、そんなつもりはないのに、私はエネスクにいつの間にか影響されている可能性があるということで、エネスクは気をつけなければならない作曲家です。
シュニトケの「ピアノ五重奏曲」は未聴曲。どんな曲なのでしょうか。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック セーラ・ウィリアムソン クラリネット・リサイタル

セーラ・ウィリアムソンはイギリスの新鋭のようです。知らない演奏家ですが、熱烈なファンがいるので実力派なのでしょう。
プーランク、マルティヌー、シューマン、ジョン・アイアランド(1879-1962;イギリス)、ブラームスほか。

番組詳細

>7月28日の過去のできごと

1655年 フランスの剣豪、作家、哲学者、理学者のシラノ・ド・ベルジュラック没。戯曲中のキャラクターと思われがちですが実在の人物。
1741年 イタリアの作曲家、アントニオ・ヴィヴァルディ没。
1750年 ドイツの作曲家、ヨハン・ゼバスティアン・バッハ没。音楽史におけるバロック時代の終焉。
1887年 フランスの美術界における前衛芸術家、マルセル・デュシャン誕生。去年も記しましたが、彼の墓碑銘は「死ぬのはいつも他人ばかり」。
1904年 チェレンコフ効果で知られるロシア(旧ソビエト)の物理学者、パーヴェル・チェレンコフ誕生。
1914年 第1次世界大戦勃発。
1941年 イタリアの指揮者リッカルド・ムーティ誕生。
1962年 ドイツの指揮者、フランツ・コンヴィチュニー没。
1968年 核分裂を発見したドイツの化学者・物理学者、オットー・ハーン没。
2004年 DNAの二重螺旋構造の発見者のひとりでイギリスの生物学者、フランシス・クリック没。

 


ラベル:
posted by tomlin at 10:58| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック