2011年12月13日

(夜でも)朝の定期便 2011-12-13(火)

 
>147886(←トップページアクセスカウンタ)/ 50818(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者127人 / 307ページビュー)。

>今朝の最低気温3.0度(01:21;さいたま市観測点)、ずっと快晴。ちなみに今日の最高気温は12.9度(13:51)。

>とても遅い “朝の” 定期便となってしまいまいした。

>今日は(毎日と言いたいところですが)八面六臂の活躍をしていたので、ようやくPCの前に座ることができました。



>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 仲筋(なかすじ)観測点の22.6度(12:53)、最低・日最低気温は北海道 十勝地方 陸別(りくべつ)観測点のマイナス18.4度(07:12)、最低・日最高気温は北海道 上川地方 上川観測点(12:55)、網走・北見・紋別地方 白滝観測点(11:06)のマイナス4.5度、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の19.3度(01:02)でした。

>観測史上1位の値 更新状況

昨日12月12日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

近代イタリアの作曲家たち。エルマンノ・ヴォルフ=フェラーリ(1876-1948)、マリオ・カステルヌオーヴォ・テデスコ(1895-1968)、フランチェスコ・パオロ・トスティ(1846-1912)、オットリーノ・レスピーギ(1879-1936)。
ヴォルフ=フェラーリは「歌劇 “聖母の宝石”」の間奏曲ばかりが有名ですが、今日は同歌劇から「祭りの情景」「セレナード」「ナポリ人の踊り」が放送されたようです。私が選ぶメインプログラムはレスピーギの「教会のステンドグラス」でしょうか。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ウィーン・フィル特集(2)マリス・ヤンソンス指揮 / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏会

ショスタコーヴィチ「交響曲第6番 ロ短調 作品54」
ベルリオーズ「幻想交響曲 作品14」ほか。

番組詳細

>12月13日の過去のできごと

1797年 ドイツの詩人・作家、ハインリヒ・ハイネ誕生。
1874年 「双子の場合は、先に産まれた方を兄・姉とする」という太政官布告が出される。
1922年 フランスのクラヴサン奏者、ロベール・ヴェイロン=ラクロワ誕生。
1944年 ロシア生まれの画家で抽象画の先駆者のひとり、ワシリー・カンディンスキー没。
1987年 「フェスティバル・ヴァリエーション」で知られるアメリカの作曲家、クロード・トーマス・スミス没。
2006年 長江流域の大規模な調査の結果、ヨウスコウカワイルカが「ほぼ絶滅」と宣言。



ラベル:
posted by tomlin at 22:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。