2012年02月15日

朝の定期便 2012-02-15(水)

 
>148876(←トップページアクセスカウンタ)/ 52800(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者133人 / 306ページビュー)。

>今朝の最低気温3.3度(06:56;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。雨上がりの朝という感じでしたが、その後まぶしいくらい明るい曇り空になってきました。

>昨日の作曲工房日記にも書いたのですが、ウォーキングとストレッチに続いて、毎日のメニューに “瞑想” が加わりました。

>朝食の後片付けと食器洗いを終え、お気に入りのヨーグルトなどとコーヒーを一口楽しんだ後、ストレッチを行い、瞑想の時間です。

>まだ2日目ですが、すっかりハマってしまいました。瞑想の達人になるにはピアノが弾けるようになるくらいの年数がかかりそうですが、そういう長期目標にも挑めそうなくらい効果がありそうです。

>こういうところに書くと、皆さんからお叱りを受けたりするのですが、昨夜(というか今朝)も就寝が午前4時を回ってしまいました。今朝はゴミ出しの日ですから8時前には起きました。

>睡眠時間の短さも問題なのですが、真に問題なのはレム睡眠の短さです。

>これは、おそらく作曲にも影響することでしょう(もう、たっぷり悪影響が出ています)。

>達人は、瞑想時にレム睡眠と同じような脳波になることが確かめられています。まだ、たった2回、合計30分しか体験していないのですが、すでに(そこはかとなく)効果を体感しています。

>さらに、瞑想は夜の熟睡にも効果があるそうなので、睡眠障害から脱出できるかも知れません。楽しみだなあ〜。

>ストレッチもウォーキングも気持ちが良いから続いているのですが、瞑想も気持ちが良い体験です。

>もし始めてみようという方は、自己流ではなく、まず瞑想に関する書物を読み込んで意味と意義を理解してから取り組むのがよいと思います。座禅をしたことがある方なら、かなり近い感覚なのですんなりと理解できると思います。

>02時04分に下弦。

>気象庁地震情報

昨日14日12時28分頃、茨城県沖(北緯36.3度、東経141.6度)を震源とするM5.5、最大震度3の地震がありました。また、15時22分にも、ほぼ同震源でM6.2、最大震度3の地震が発生しています。気になる地震です。
同日21時40分には長野県北部(北緯36.5度、東経137.9度)を震源とするM3.5、最大震度4の地震もありました。
自然からの警告と考えて、備えをチェックする機会としたらどうでしょうか。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点(11:39)、西表島(いりおもてじま)観測点(14:39)の26.5度。
>最低・日最低気温は北海道 十勝地方 陸別(りくべつ)観測点のマイナス22.2度(06:29)。
>最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 網走観測点のマイナス2.0度(12:33)。
>最高・日最低気温は沖縄県 所野(ところの)観測点の22.9度(04:49)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月14日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

ワーグナー、コルンゴルト、マーラー、リヒャルト・シュトラウス、エルガー。
メインプログラムはエルガーの交響曲第1番。実は、つい先日バルビローリの振るこの曲のCDを手に入れたばかりなので、今日、シノーポリの演奏を聴くことを密かに楽しみにしていました。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション 白井光子・ハルトムートヘル デュオリサイタル

メッツォ・ソプラノの白井光子さんが、オール・シューベルト。プログラムを歌います。

番組詳細

>2月15日の過去のできごと

1564年 (ユリウス暦2月15日)イタリアの物理学者、ガリレオ・ガリレイ誕生。
1621年 ドイツの作曲家、ミヒャエル・プレトリウス没。
1857年 ロシアの作曲家、ミハイル・グリンカ没。
1874年 南極探検などで知られるアイルランド生まれの探検家、アーネスト・シャクルトン誕生。
1981年 ドイツの指揮者、カール・リヒター没。
1899年 フランスの作曲家で6人組のひとりでもあったジョルジュ・オーリック誕生。映画「ローマの休日」の音楽を作曲。
1922年 オランダ・ハーグに常設国際司法裁判所が設立。
1971年 ようやくイギリスの通貨制度の十進法への切り替えが完了。イギリスも、本当のところは科学技術後進国だったということかも知れません。十進法やメートル法、SI単位系などのように互換性のある計測・軽量・計算体系を持たないことは、そうでない国との比較で教育や産業、科学の発展に無視できない差が生じます。科学技術先進国と思われているアメリカは、未だに互換性のないヤード・ポンド法が常用されており(科学技術の現場は別)、“実は保守的な国民性” が窺えます。しかし、日本のメートル法導入は1891年と早かったものの、尺貫法が廃止されたのは1951年と遅れました。
1992年 アメリカの作曲家、ウィリアム・シューマン没。








ラベル:
posted by tomlin at 12:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック