2012年02月19日

朝の定期便 2011-02-19(日)

 
>148936(←トップページアクセスカウンタ)/ 52912(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者130人 / 349ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス5.1度(06:29;さいたま市観測点)、晴れ。

>おはようございます。非常に寒い朝を迎えています。埼玉県内の5観測点で今季最低気温となり、特に寄居観測点では観測史上最低気温を記録しました。

>ほかにも千葉県香取、船橋観測点、長野県野沢温泉、菅平観測点、三重県四日市、小俣観測点など関東以西の観測点で観測史上最低気温の記録を更新しています。明日、この定期便の「観測史上1位の値 更新状況」をぜひご覧ください。

>15個18分には二十四節気の “雨水”(うすい:太陽黄経330度)。七十二候では “土脉潤起”(つちのしょう うるおい おこる)。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は東京都 父島観測点の18.5度(00:39)。
>最低・日最低気温は北海道 後志地方 喜茂別(きもべつ)観測点のマイナス31.8度(05:53)。
>最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス10.1度(12:10)。
>最高・日最低気温は東京都 父島観測点の15.1度(23:27)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月18日

>今日のFM番組から

・午前8時15分 吹奏楽のひびき  TAD鈴木の音楽(2)

番組詳細

・午前10時00分 名演奏ライブラリー 特集・アニバーサリーイヤーの名演奏家たち

第7回 ピアノの名匠 フィルクシュニー

ルドルフ・フィルクシュニー(1912-1994:チェコ)は名前は知っていましたが、CDをいまだコレクションしていないピアニストです。貴重な機会なので聴いていますが、聴き始めるとキーボードタイピングがストップするので更新は進みません。

番組詳細

・午後2時00分 サンデークラシックワイド 海外オペラアワー 歌劇“さまよえるオランダ人”(ワーグナー)ほか(午後6時まで)

番組詳細

・午後6時00分 現代の音楽 林光をしのんで

番組詳細

・午後7時20分 FMシンフォニーコンサート 関西フィルハーモニー管弦楽団定期演奏会(指揮:藤岡幸夫)

ブラームス「ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 作品15」(Pf:小山実稚恵)
吉松隆「朱鷺によせる哀歌」
シベリウス「交響曲 第7番 ハ長調 作品105」

番組詳細

>2月19日の過去のできごと

1473年 ポーランドの天文学者、ニコラウス・コペルニクス誕生。
1743年 イタリアの作曲家、ルイジ・ボッケリーニ誕生。
1899年 アルゼンチンの画家で彫刻家のルーチョ・フォンタナ誕生。“空間の概念”という一連の作品に子ども時代、大きな影響を受けました。
1916年 オーストリアの物理学者、エルンスト・マッハ没。
1926年 ルーマニア出身のハンガリーのピアニスト、クルターグ・ジェルジュ誕生。
1973年 ハンガリー出身のヴァイオリニスト、ヨゼフ・シゲティ没。
1975年 イタリアの作曲家、ルイジ・ダッラピッコラ没。








ラベル:
posted by tomlin at 10:52| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

朝の定期便 2012-02-18(土)

 
>148922(←トップページアクセスカウンタ)/ 52887(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者151人 / 343ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス0.9度(03:57;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は東京都 父島観測点の21.5度(02:01)。
>最低・日最低気温は北海道 胆振地方 穂別(ほべつ)観測点のマイナス29.1度(04:38)。
>最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス10.9度(09:32)。
>最高・日最低気温は東京都 父島観測点の17.9度(13:09)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月17日

>今日の富士山頂は冷え込んでいます。

アメダス富士山頂観測点

>今日のFM番組から

・午後7時20分 名曲リサイタル

前半がヴァイオリンの眞田彩さん、後半はピアノの蒲生祥子さん。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック

番組詳細

>2月18日の過去のできごと

1455年 イタリアの画家、フラ・アンジェリコ没。
1564年 イタリアの彫刻家・画家のミケランジェロ・ブオナローティ没。
1745年 イタリアの化学者でヴォルタ電池の発明者のアレッサンドロ・ヴォルタ誕生。
1838年 ドイツの物理学者、エルンスト・マッハ誕生。音速をマッハ表記するのは、気圧や温度によって音の伝搬速度が変化するため。マッハ数は物体の対気速度と音速との比。
1853年 アメリカの東洋美術史家で、東京美術学校(現・東京芸大美術学部)の設立に尽力したアーネスト・フェノロサ誕生。
1889年 日本画家の奥村土牛誕生。
1896年 フランスの詩人でシュールリアリストのアンドレ・ブルトン誕生。「シュールリアリズム宣言」によって超現実主義を創始。
1933年 前衛芸術家のオノ・ヨーコ誕生。





ラベル:
posted by tomlin at 09:57| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

朝の定期便 2011-02-17(金)

 
>148908(←トップページアクセスカウンタ)/ 52852(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者150人 / 311ページビュー)。

>今朝の最低気温0.1度(07:52;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。数日ぶりの快晴の朝を迎えています。実に青空は気持ちがいい。

>埼玉県のアメダス観測点で氷点下にならなかったのは、作曲工房にもっとも近いさいたま市観測点だけでした。

>瞑想4日目。家事とストレッチを終えてから、15分間修行しました。脱力しても姿勢が保てるようになってきましたが、肝心の脳内は大しけで、ナギ(凪)の海面のようにはなっていません。

>目指せ、脱なんちゃって瞑想。

>本気で取り組まないと目的地にたどりつけないことでしょう。

>1年前の今日の記事で小麦価格の高騰が予測されることから平時備蓄をお薦めしていました。奇しくも3.11の3週間あまり前のことでした。

>現在、我が家では脱酸素保存した無洗米を3〜4ヵ月、パスタ類は1年間のタイムラグで食べています。

>ただちにこれらの供給が止まっても、主食だけは最低半年は自給できる量です(非常時には食べる量を減らして更なる延長を図ることでしょう)。

>F1(福島第1原発)事故は、終息のめどが立っていません。核燃料の取り出しも10年後となっていますが、その10年以内に大地震や大津波があっても、その対策すらできていません。

>私たちは、まだまだ備えなければならない状況にあります。次の災害では備蓄どころか、関東圏からの避難も想定しておかないと。再び「想定外」などと言ってしまいそうです。

>東京電力に対して「想定外とは何事だ!」と思った方なら、最悪の事態に備える大切さがお分かりのことと思います。

>ところが、短期間に3千万人を超える人々(1995年調査時の東京圏の人口)が避難することは現実的ではありません。道路も新幹線も、そのようには作られていないからです。

>避難してもその人数を受けいれられる避難所も食料備蓄もないことでしょう。

>国と東京電力にやってもらいたいのは、次なる地震へ向けての原発建屋と冷却装置の耐震、対津波対策です。

>それでも、なお、地震が起こればなにがしかの被害が生じることかも知れません。私たちが備えることができるのは、原発 “再災害” 対策後の事故被害に対してだけでしょう。

>原発の耐震・対津波対策に対して声を上げていきたいと思います。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 南大東(みなみだいとう)観測点の23.8度(10:01)。
>最低・日最低気温は北海道 上川地方 江丹別(えたんべつ)観測点(07:31)、同 胆振地方 穂別(ほべつ)観測点(23:58)のマイナス23.7度。
>最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス11.1度(12:36)。
>最高・日最低気温は沖縄県 宮古島(みやこじま)観測点の17.9度(22:07)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月16日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

リムスキー=コルサコフ、プロコフィエフ、ストラヴィンスキー、ラヴェル、ミヨー。有名な曲ばかりです。20世紀初頭の音楽入門によいプログラムでしょう、

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション セドリック・ティベルギアン ピアノリサイタル

セドリック・ティベルギアンは1975年フランス生まれ。1992年に17歳でパリ国立高等音楽院でプルミエ・プリ受賞。1998年にはロン・ティボーコンクール優勝という俊英です。プログラムはショパン、ラヴェル、ドビュッシー。

番組詳細

>2月17日の過去のできごと

1600年 ジョルダーノ・ブルーノ火刑。昔も今も権力を握った者が事実を見誤る例が後を経ちません。
1653年 イタリアの作曲家、アルカンジェロ・コレルリ誕生。ウラノメトリアにも「コレルリ風に」という曲が収録される予定です。
1925年 ハワード・カーターが王家の谷でツタンカーメン(正確にはトゥトゥ・アンク・アメン)の王墓を発見。
1600年 カトリック教会の教義と異なる、現代の宇宙論に極めて近い考えを主張したためにジョルダーノ・ブルーノが異端として火刑に処される。
1732年 フランスのオルガニスト・作曲家のルイ・マルシャン没。バッハとのオルガン対決のエピソードが有名だが、証拠は残されていないという。
1820年 ベルギーのヴァイオリニストで作曲家、アンリ・ヴュータン誕生。
1856年 ドイツの詩人、ハインリヒ・ハイネ没。
1862年 森鴎外誕生。
1902年 日本のオピニオンリーダーであった白洲次郎誕生。妻は白洲正子
1904年 プッチーニの歌劇「蝶々夫人」初演。
1913年 ポーランド出身の作曲家で指揮者のルネ・レイボヴィッツ誕生。シェーンベルク、ヴェーベルン、ラヴェルに師事。
1962年 ドイツの指揮者、ブルーノ・ワルター没。
1977年 沖縄県の久米島にある測候所で、みぞれを観測。沖縄における唯一の降雪の記録。
1978年 北海道大学演習林内でマイナス41.2度。これは日本の最低気温記録。





ラベル:
posted by tomlin at 11:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

朝の定期便 2011-02-16(木)

 
>148897(←トップページアクセスカウンタ)/ 52825(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者137人 / 321ページビュー)。

>今朝の最低気温2.4度(06:54;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。氷点下にはならなかったものの、少し強い風も吹いていて大変寒い日となっています。予想最高気温も6度です。

>朝一番で、モリアキ翁の確定申告のためにクルマで送りました。あとは自分でやるということだったので私は帰って来ました。93歳になっても自分で出向いて行って確定申告ができるという老後は羨ましい限り。

>瞑想3日目。今日は整芯に失敗したのか、徐々に左に傾いてしまいました。時計の音、外の雑音がずっと聴こえていて、瞑想状態に入ったとは言えない感じでした。午後に再挑戦です。

>料理本増殖中。20年くらい前に世界各国の伝統料理の勉強をしたことがあるのですが、今は料理研究家や達人の皆さんのアイディアや工夫を楽しんでいます。

>伝統料理というのは、その完成形に到達するのに莫大な時間とインスピレーションを要する奇跡のレシピのことです。

>伝統料理は、その土地に根ざした食材を用いて、人が健康に一生を送れるだけの栄養バランスも達成していることが少なくありません。そのため、伝統料理が高いレベルに結実しなかった民族は滅び去ったという説さえあるほどです。

>大豆から豆腐、味噌、醤油などを創りだす。あるいはコメから酒を創りだす、梅の実を梅干しにするなど(漬物は芸術的)、一人の人間が一世代の間に到達するのは難しい食材を生み出し、さらにそれを活かしたレシピが伝統料理です。

>コーヒー豆からコーヒーを飲むまでには多くの試行錯誤と閃きが必要であったことでしょう。生のマグロを食べるのにワサビ醤油が相性が良いということに到達するにも時間がかかったことでしょう。

>そのような伝統料理の精神を学んだ上での創作料理に出会うと素晴らしいと感じます。音楽も全く同じで、伝統音楽(民俗音楽とは限りません)を学ぶことによって、私たちは正統を知ることができます(知ることと身につけることは、また別ものです)。

>気象庁地震情報

茨城沖を震源とする、気になる地震が続いています。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 伊原間(いばるま)観測点の28.2度(12:37)。
>最低・日最低気温は北海道 胆振(いぶり)地方 厚真(あつま)観測点のマイナス18.2度(21:38)。
>最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 白滝観測点のマイナス3.7度(23:55)。
>最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の20.7度(23:55)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月15日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

コープランド、バーンスタイン、ガーシュイン。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック アルティ弦楽四重奏団演奏会

ハイドン、ベートーヴェン、チャイコフスキー。

番組詳細

>2月16日の過去のできごと

1829年 フランスの作曲家、フランソワ=ジョセフ・ゴセック没。バロック時代から初期ロマン派の時代までを過ごした。
1878年 文部省唱歌などの作曲家、岡野貞一誕生。
1878年 フィンランドの作曲家、セリム・パルムグレン誕生。
1884年 日本画家の安田 靫彦誕生。
1925年 天文学者の冨田弘一郎誕生。この方の著書にもお世話になりました。
1931年 詩人の大岡信(おおおか・まこと)誕生。
1936年 イスラエルの指揮者、エリアフ・インバル誕生。2008年4月から東京都交響楽団のプリンシパル・コンダクター。
1944年 ベルギーの古楽器演奏家、指揮者のシギスヴァルト・クイケン誕生。古楽界では兄のヴィーラント、弟のバルトルトとともにクイケン3兄弟として著名。
1951年 作曲家の尾高尚忠没。フルート協奏曲は名曲。
1957年 ポーランド出身のユダヤ系アメリカ人ピアニスト、ヨゼフ・ホフマン没。ラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を献呈されたが演奏しなかった。
1971年 東大宇宙航空研が試験衛星「たんせい」を打上げ。
1990年 アメリカのストリート・アートの先駆者、キース・ヘリング没。
2005年 京都議定書が発効。地球温暖化の主原因物質である二酸化炭素の排出量を削減することを先進国に義務付け。





ラベル:
posted by tomlin at 12:06| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

朝の定期便 2012-02-15(水)

 
>148876(←トップページアクセスカウンタ)/ 52800(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者133人 / 306ページビュー)。

>今朝の最低気温3.3度(06:56;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。雨上がりの朝という感じでしたが、その後まぶしいくらい明るい曇り空になってきました。

>昨日の作曲工房日記にも書いたのですが、ウォーキングとストレッチに続いて、毎日のメニューに “瞑想” が加わりました。

>朝食の後片付けと食器洗いを終え、お気に入りのヨーグルトなどとコーヒーを一口楽しんだ後、ストレッチを行い、瞑想の時間です。

>まだ2日目ですが、すっかりハマってしまいました。瞑想の達人になるにはピアノが弾けるようになるくらいの年数がかかりそうですが、そういう長期目標にも挑めそうなくらい効果がありそうです。

>こういうところに書くと、皆さんからお叱りを受けたりするのですが、昨夜(というか今朝)も就寝が午前4時を回ってしまいました。今朝はゴミ出しの日ですから8時前には起きました。

>睡眠時間の短さも問題なのですが、真に問題なのはレム睡眠の短さです。

>これは、おそらく作曲にも影響することでしょう(もう、たっぷり悪影響が出ています)。

>達人は、瞑想時にレム睡眠と同じような脳波になることが確かめられています。まだ、たった2回、合計30分しか体験していないのですが、すでに(そこはかとなく)効果を体感しています。

>さらに、瞑想は夜の熟睡にも効果があるそうなので、睡眠障害から脱出できるかも知れません。楽しみだなあ〜。

>ストレッチもウォーキングも気持ちが良いから続いているのですが、瞑想も気持ちが良い体験です。

>もし始めてみようという方は、自己流ではなく、まず瞑想に関する書物を読み込んで意味と意義を理解してから取り組むのがよいと思います。座禅をしたことがある方なら、かなり近い感覚なのですんなりと理解できると思います。

>02時04分に下弦。

>気象庁地震情報

昨日14日12時28分頃、茨城県沖(北緯36.3度、東経141.6度)を震源とするM5.5、最大震度3の地震がありました。また、15時22分にも、ほぼ同震源でM6.2、最大震度3の地震が発生しています。気になる地震です。
同日21時40分には長野県北部(北緯36.5度、東経137.9度)を震源とするM3.5、最大震度4の地震もありました。
自然からの警告と考えて、備えをチェックする機会としたらどうでしょうか。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点(11:39)、西表島(いりおもてじま)観測点(14:39)の26.5度。
>最低・日最低気温は北海道 十勝地方 陸別(りくべつ)観測点のマイナス22.2度(06:29)。
>最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 網走観測点のマイナス2.0度(12:33)。
>最高・日最低気温は沖縄県 所野(ところの)観測点の22.9度(04:49)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月14日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

ワーグナー、コルンゴルト、マーラー、リヒャルト・シュトラウス、エルガー。
メインプログラムはエルガーの交響曲第1番。実は、つい先日バルビローリの振るこの曲のCDを手に入れたばかりなので、今日、シノーポリの演奏を聴くことを密かに楽しみにしていました。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション 白井光子・ハルトムートヘル デュオリサイタル

メッツォ・ソプラノの白井光子さんが、オール・シューベルト。プログラムを歌います。

番組詳細

>2月15日の過去のできごと

1564年 (ユリウス暦2月15日)イタリアの物理学者、ガリレオ・ガリレイ誕生。
1621年 ドイツの作曲家、ミヒャエル・プレトリウス没。
1857年 ロシアの作曲家、ミハイル・グリンカ没。
1874年 南極探検などで知られるアイルランド生まれの探検家、アーネスト・シャクルトン誕生。
1981年 ドイツの指揮者、カール・リヒター没。
1899年 フランスの作曲家で6人組のひとりでもあったジョルジュ・オーリック誕生。映画「ローマの休日」の音楽を作曲。
1922年 オランダ・ハーグに常設国際司法裁判所が設立。
1971年 ようやくイギリスの通貨制度の十進法への切り替えが完了。イギリスも、本当のところは科学技術後進国だったということかも知れません。十進法やメートル法、SI単位系などのように互換性のある計測・軽量・計算体系を持たないことは、そうでない国との比較で教育や産業、科学の発展に無視できない差が生じます。科学技術先進国と思われているアメリカは、未だに互換性のないヤード・ポンド法が常用されており(科学技術の現場は別)、“実は保守的な国民性” が窺えます。しかし、日本のメートル法導入は1891年と早かったものの、尺貫法が廃止されたのは1951年と遅れました。
1992年 アメリカの作曲家、ウィリアム・シューマン没。






ラベル:
posted by tomlin at 12:03| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

(もはや朝に更新されることがなくなったかのような)朝の定期便 2011-02-14(火)

 
>148860(←トップページアクセスカウンタ)/ 52780(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者146人 / 360ページビュー)。

>今朝の最低気温0.6度(04:23;さいたま市観測点)、霧雨。

>ややや、朝の家事(および水汲み)を終えたらもう昼になってしまいました。昼食の準備が迫っているので更新を急ぎましょう。

>今日は七十二候の “魚上氷”(うお こおりを はいずる:太陽黄経325度)。四季だけではなく、二十四節気によって表される半月ごとの季節変化も感じとりたいものです。でも、もっともっと感覚を研ぎ澄ませて5日おきの“七十二候” で72種類もの季節を感じられるようになったら、世界はどのように見えるのでしょうか。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点の25.9度(11:50)。
>最低・日最低気温は北海道 十勝地方 大樹(たいき)観測点のマイナス25.5度(04:20)。
>最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 小清水(こしみず)観測点のマイナス6.8度(14:52)。
>最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の21.8度(00:48)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月13日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

シューマン、シベリウス、ファリャ、サティー。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ケマル・ゲキチ ピアノ・リサイタル

ケマル・ゲキチ(1962- )は、クロアチア出身のピアニスト。ウィキペディアによると「1985年のショパン国際ピアノコンクールに出場し、自由奔放な演奏と個性的な解釈により聴衆を圧倒するも、最終選考に残ることはできなかった。しかし、その時に収録された音源をもとにドイツと日本でCDを発表して好調な売上げを伸ばすとともに、国際的な演奏活動に着手する」とあります。コンクールの審査は審査員の意見であって私たちの好みを代弁してくれているわけではありませんから、興味あるピアニストです。プログラムはオール・リスト。

番組詳細

>2月14日の過去のできごと

1741年 オーストリアの作曲家で、対位法のテキスト「グラドゥス・アド・パルナッスム」で知られるヨハン・ヨーゼフ・フックス没。ドビュッシーの「子供の領分」に登場する「ドクター・グラドゥス・アド・パルナッスム」は、ムツィオ・クレメンティのピアノ・エチュードのほうの「グラドゥス・アド・パルナッスム」(タウジッヒ校訂版を使う時には妙な運指に注意)。
1876年 グレアム・ベル、電話の特許を取得。
1893年 童謡「ゆりかごのうた」で知られる作曲家の草川信(くさかわ・しん)誕生。
1893年 洋画家の中川一政誕生。
1899年 旧ユーゴ出身の指揮者、ロヴロ・フォン・マタチッチ誕生。
1917年 アメリカの数学者で、結晶構造の決定に大きな役割を果たしたハーバード・ハウプトマン誕生。
1946年 世界最初のデジタル電子計算機とされるENIACがペンシルヴァニア大学で公開。
1950年 電波天文学の開拓者、カール・ジャンスキー(アメリカ)没。
1987年 ロシア(ソビエト)の作曲家、ドミトリー・カバレフスキー没。
1989年 GPSの最初の24機の衛星が軌道に投入される。
1990年 惑星探査機ボイジャー1号が初めて太陽系を見下ろす位置から画像を撮影。
2002年 ドイツの指揮者、ギュンター・ヴァント没。





ラベル:
posted by tomlin at 12:25| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

(夕方でも)朝の定期便 2012-02-13(月)

 
>148847(←トップページアクセスカウンタ)/ 52753
(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者138人 / 392ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス1.6度(07:01;さいたま市観測点)、快晴。

>朝どころか、午前中に更新されることが稀な「朝の定期便」になってしまいました。

>昨夜の作曲工房日記には「舐めなければ」などというミスタイプもして、流行りそうです「舐めなければ」。でも、やたら舐めないように。

>今日は「2台ピアノのためのソナタ」のリハーサルでした。

>2台ピアノソナタを構成しているのは、私の作曲の3要素である「ワクワク」「胸キュン」「ミステリオーゾ」です。短いリハーサルの間に「ワクワク」は「もっとワクワク」に、「胸キュン」は「とっても胸キュン」に「ミステリオーゾ」は「ますますミステリオーゾ」になりました。

>というわけで「な・ん・て、いい曲なんだ〜!(あくまでも個人の感想で、人によって印象には差があります)」と叫びたくなったリハでした。

>「一番好きな曲」と言われるように育てていければと思っています。

>3月2日の本番をお楽しみに。

>気象庁地震情報

12日13時41分頃、三陸沖(北緯38.6度、東経144.1度)を震源とするM5.0、最大震度2の地震がありました。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点(11:48)、同県 所野(ところの)観測点(14:38)、同県 石垣島観測点(15:01)の24.8度。
>最低・日最低気温は北海道 釧路地方 川湯観測点のマイナス24.7度(06:12)。
>最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 白滝観測点のマイナス11.8度(12:40)。
>最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の19.9度(02:08)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月12日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

グラナドス、ミゲル・リョベート(1878-1938:スペイン)、ドビュッシー、ラヴェル、ベルリオーズ。メインプログラムは「幻想交響曲」。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション 鳥取県湯梨浜町公開録音

ヴァイオリンの小林美恵さん、チェロの長谷川陽子さん、ピアノの仲道祐子さんによるリサイタル。

番組詳細

>2月13日の過去のできごと

1778年 スペインの作曲家・ギター奏者、フェルナンド・ソル誕生。
1870年 ポーランド生まれの作曲家・ピアニスト、レオポルド・ゴドフスキー誕生。
1882年 ポーランド生まれのピアニストで作曲家のイグナーツ・フリードマン誕生。
1883年 ドイツの作曲家、リヒャルト・ワーグナー没。
1910年 トランジスタの発明者の一人であるアメリカの物理学者、ウィリアム・ショックレー誕生。トランジスタの発明に関わった残りの2人はジョン・バーディーンとウォルター・ブラッテン。
1916年 デンマークの画家、ヴィルヘルム・ハンマースホイ没。
1952年 ドイツの音楽学者、アルフレート・アインシュタイン没。
1945年 アメリカとイギリスがドレスデンを爆撃。犠牲者2万人以上。
1955年 ミュージシャンの矢野顕子誕生。
1958年 フランスの画家、ジョルジュ・ルオー没。
1963年 ピアニストの仲道郁代誕生。
1966年 フランスのピアニスト、マルグリット・ロン没。






ラベル:
posted by tomlin at 16:26| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

(午後ですが)朝の定期便 2012-02-12(日)

 
>148825(←トップページアクセスカウンタ)/ 52711(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者136人 / 333ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.9度(06:33;さいたま市観測点)、快晴、風。

>午後になってしまいました。冷たい風が吹いていて、晴れているのに体感温度は低めです。

>ようやくC1のピッチが安定しました。今日はC3をC1とぴったり同じになるように調律して明日の「2台ピアノのためのソナタ」のリハーサルに備えます。

>ヴォーン=ウィリアムズが交響曲第8番を作曲したのが82歳から83歳にかけてのことでした。第9番は84歳から85歳にかけて作曲され、初演の4ヶ月後に亡くなりました。

>こんな夢のような「生涯現役」の人生が現実にあったのです。バッハが「フーガの技法(未完)」を亡くなる3日前まで作曲していました(C.P.E.バッハの記録による)。

>モリアキ翁も93歳で自伝執筆中です。私の目標も「生涯現役」。最後の曲が最高傑作になるように精進を重ねなければ。

>無理なことは望まず、しかし力の範囲ないでは決してあきらめない。こんな生き方を続けられれば思い残すことはないでしょう。

>どんどんいろいろなことが分かってくるので、歳をとるのも悪くないかも。

>04時00分 月の距離が最近(0.957、36万7921km、視直径32.5')。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 南大東観測点の22.6度(14:47)。
>最低・日最低気温は北海道 宗谷地方 歌登(うたのぼり)観測点のマイナス26.8度(06:40)。
>最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス11.8度(14:17)。
>最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の18.6度(05:07)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月11日

>今日のFM番組から

・午前8時15分 吹奏楽のひびき TAD鈴木の音楽

番組詳細

午前10時00分 名演奏ライブラリー 特集・アニバーサリーイヤーの名演奏家たち 第6回 シャーンドル・ヴェーグのヴァイオリン芸術

シャーンドル・ヴェーグ(1912-1997)は、ハンガリー生まれのフランスのヴァイオリニスト。

番組詳細

・午後2時00分 サンデークラシックワイド 海外オペラアワー

エンゲルベルト・フンパーディンク「歌劇“ヘンゼルとグレーテル”」

ほかに、ブラームス「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調」(Vn:ヴィクトリア・ムローヴァ)、ワーグナー「楽劇 “神々の黄昏”」から、マーラーとコルンゴルトの歌曲。

番組詳細

・午後6時00分 現代の音楽 三木稔をしのんで

番組詳細

・午後7時20分 FMシンフォニーコンサート 東京フィル 第805回サントリー定期シリーズ(指揮:大植英次)

モーツァルト「ピアノ協奏曲 第27番 変ロ長調 K.595」(Pf:小曽根真)
ビル・エヴァンス「ワルツ・フォー・デヴィー」(アンコール)
ブラームス「交響曲第1番 ハ短調 作品68」

番組詳細

>2月12日の過去のできごと

1612年 ドイツの天文学者で、グレゴリオ暦作成の中心人物であったクリストファー・クラヴィウス没。
1804年 「三批判書」で知られるドイツの思想家で哲学者のイマヌエル・カント没。
1809年 イギリスの自然化学者、チャールズ・ダーウィン誕生。
1894年 ドイツの指揮者、ピアニストのハンス・フォン・ビューロー没。
1896年 フランスの作曲家、アンブロワーズ・トマ没。
1933年 フランスの作曲家、アンリ・デュパルク没。
1935年 フランス料理研究家で名シェフであったオーギュスト・エスコフィエ没。日本のフランス料理のシェフの団体は「日本エスコフィエ協会」。
1984年 冒険家・登山家の植村直己がマッキンレーの冬季単独登頂に成功(その後消息を絶つ)。
1994年 アメリカの画家・彫刻家・美術評論家、ドナルド・ジャッド没。壁に垂直に並ぶたくさんの棚のような立体作品が印象的です。






ラベル:
posted by tomlin at 13:30| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

朝の定期便 2012-02-11(土)建国記念の日

 
>148809(←トップページアクセスカウンタ)/ 52679(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者156人 / 352ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.6度(04:14;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。快晴の朝を迎えています。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点の24.2度(14:53)。
>最低・日最低気温は北海道 胆振(いぶり)地方 穂別(ほべつ)観測点のマイナス26.1度(06:05)。
>最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス11.5度(10:38)。
>最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の18..9度(00:09)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月10日

>今日のFM番組から

・午後6時00分 N響演奏会 第1721回N響定期公演(指揮:ベルトラン・ド・ビリー)

ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」
プロコフィエフ「ヴァイオリン協奏曲 第1番 ニ長調 作品19」
シューベルト「交響曲 第8番 ハ長調 D944」

番組詳細

・午後9時00分 名曲のたのしみ ラフマニノフ その音楽と生涯(14)
「歌曲集 作品14」から、「歌曲集 作品21」ほか。

番組詳細

>2月11日の過去のできごと

1650年 フランス生まれの哲学者ルネ・デカルト没。
1745年 伊能忠敬誕生。
http://ja.wikipedia.org/wiki/伊能忠敬
1762年 バッハの弟子だったドイツの作曲家、ヨハン・トビアス・クレープス没。
1847年 アメリカの発明家・実業家のトーマス・アルヴァ・エジソン誕生。
1868年 フランスの物理学者レオン・フーコー没。
1926年 フランス料理のシェフで、ヌーベル・キュイジーヌの旗手ポール・ボキューズ誕生。彼のレシピは、ピアノで言えばショパン・エチュードのようなもので、高い技術が必要です。
1941年 ブラジルのミュージシャン、セルジオ・メンデス誕生。
1970年 日本初の人工衛星「おおすみ」打ち上げ。





ラベル:
posted by tomlin at 10:28| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

逢魔が刻(おうまがとき)の定期便 2012-02-10(金)

 
>148798(←トップページアクセスカウンタ)/ 52655(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者157人 / 367ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.7度(07:07;さいたま市観測点)、快晴。ちなみに今日これまでの最高気温は9.3度(15:17)。

>またまた遅くなりました。今日も八面六臂(はちめんろっぴ)の大活躍(?)だったので、ようやくネットに接続できました。

>まだ、メールチェックをしていません。3月2日のチケットをお申し込みくださった皆さん、夜遅くなってから返信いたします。

>今日は金星と天王星が最接近します。これは結構役に立つ現象です。なぜならば、天王星が6等級という微妙な明るさのために普段は星々に紛れて見つけにくい星だからです。

>明るい他の惑星との接近があれば見つけるのは容易です。空は暗いほうが良いのですが、街中でも街灯の灯りなどから影になるところで双眼鏡を使えば天王星が見つかるかも知れません。

>接近は今日だけではありません。これから毎日、徐々に離れていく2つの惑星を観察するのもよいかも。

金星と天王星が大接近

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は東京都 父島観測点の19.1度(11:14)。
>最低・日最低気温は北海道 上川地方 下川観測点のマイナス28.6度(06:43)。
>最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス12.3度(14:34)。
>最高・日最低気温は東京都 父島観測点の15.1度(23:58)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月9日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 気ままにクラシック(再)

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック プラハの春音楽祭2011から(5)オルガン演奏会から

オルガン演奏 マルティン・ロスト / パヴェル・チェルニー

番組詳細

>2月10日の過去のできごと

1837年 ロシアの詩人・作家のアレクサンドル・プーシキン没。
1879年 フランスの画家、オノレ・ドーミエ没。
1886年 女性解放運動の指導者、平塚らいてう(らいちょう)誕生。
1890年 「ドクトル・ジバゴ」で知られるロシアの小説家ボリス・パステルナーク誕生。少年時代には作曲も試みており、「ピアノソナタ」などが遺されています。
1899年 俳人の阿波野青畝(あわの・せいほ)誕生。「かげぼふし こもりゐるなり うすら繭」
1902年 アメリカの物理学者で、トランジスタの発明者の一人として知られるウォルター・ブラッテン誕生。他の2人はウィリアム・ショックレーとジョン・バーディーン。3人ともノーベル賞を受賞。
1923年 ドイツの物理学者、ヴィルヘルム・レントゲン没。第1回ノーベル物理学賞受賞者。
1929年 アメリカの映画音楽作曲家、ジェリー・ゴールドスミス誕生。
1948年 ソビエトで前衛音楽家たちを糾弾するジダーノフ批判がはじまる。ショスタコーヴィチ批判と、それに立ち向かう彼の反骨精神が冷戦終結後に広く知られるようになり、西側でのショスタコーヴィチ観が変わりました。
1986年 日本画家の山本丘人(やまもと・きゅうじん)没。






ラベル:
posted by tomlin at 17:45| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

朝の定期便 2012-02-09(木)

 
>148776(←トップページアクセスカウンタ)/ 52604(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者146人 / 351ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.7度(07:02;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。久しぶりの快晴の朝を迎えています。

>今日は七十二候の “黄鶯見完”(おうこう けんかんす:ウグイスが鳴くという意味:太陽黄経320度)。

>ウラノメトリア・ブログに新曲をアップロードしました。まだ仮のタイトルですが「みんな夢中」とつけました。聴いても分かっていただけるかも知れませんが、弾いたら納得という感じの曲です。第1巻ベータの曲は初公開だと思います。

ウラノメトリア第1巻ベータ収録予定「みんな夢中」(連弾)

>お知らせ

3月2日(金)に「2台ピアノのソナタ」の初演が行われる「音の会」コンサートに、ご希望の方をご招待いたします。

彩の国さいたま芸術劇場 音楽ホール 2012年3月2日午後7時開演(JR埼京線 与野本町駅下車:快速停車駅です)

>2台ピアノの演奏会というのは意外にも開くことが大変で、次の機会がいつになるか全く予想がつきません。この機会にどうぞ。

>招待券プレゼントの条件は、予約したら必ず来てくださる方というだけです。この定期便の読者の方ならどなたでもどうぞ(一応、招待券に限りはあります)。

>お名前と必要枚数を、野村茎一作曲工房メールフォームからお知らせ下さい。

>メールフォームにたどり着くのが面倒な方は下記アドレスをご利用ください(@に変えてください)。


・メインアドレス tomlinあっとinfoseek.jp
・サブアドレス tomlinzzzあっとgmail.com

>ちなみに、当日、急に思い立っておいでになられた方は当日券1500円で入場できます。


>気象庁地震情報

昨日8日21時01分頃、佐渡付近(北緯37.9度、東経138.2度)を震源とするM5.7、最大震度5弱の地震が発生しました。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は東京都 父島観測点の22.3度(11:37)。
>最低・日最低気温は北海道 網走・北見・紋別地方 西興部(にしおこしべ)観測点のマイナス22.6度(23:20)。
>最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス8.8度(01:02)。
>最高・日最低気温は東京都 父島観測点の18,5度(24:00)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月8日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

今日は英雄特集。リスト、ベートーヴェン、リヒャルト・シュトラウス、ドビュッシーの作品から英雄のタイトルがつく作品。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック プラハの春音楽祭2011から(4)

プラハ・ガルネリ・トリオ演奏会

ベートーヴェンとメンデルスゾーンのピアノトリオを3曲。

番組詳細

>2月9日の過去のできごと

1801年 伊能忠敬が実測地図の一部(蝦夷南東海岸と奥州街道の略地図)を江戸幕府に献上。もし、想像力を働かせたならば、この一文がどれほどのドラマの結果であるかに気づいて、私たちの人生の後半生を変えてしまうことさえあることでしょう。
1881年 ロシアの文豪、フョードル・ドストエフスキー没。ドストエフスキーが何を考えていたか(何を重要なこととして認識していたか)はウィキペディアや評伝からは分かりません。彼の実作品から私たちが読み取る以外方法はありません。ところが、それを読み取るためには私たち自身がドストエフスキーの精神レベルに限りなく近づく必要があり、どう考えても、人生にはボケッとしている暇などありません。
1885年 オーストリアの作曲家、アルバン・ベルク誕生。同年生まれに指揮者のオットー・クレンペラー、俳人の尾崎放哉がいる。また、この年にブラームスの交響曲第4番が作曲者自身の指揮によって初演。
1893年  ジュゼッペ・ヴェルディの歌劇『ファルスタッフ』がミラノで初演。
1960年 ハンガリーの作曲家、エルンスト・フォン・ドホナーニ没。
1976年 アメリカの作・編曲・指揮者、パーシー・フェイス没。若い頃はクラシックピアニストを目指していたと言われています。
1989年 手塚治虫没。



ラベル:
posted by tomlin at 11:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

朝の定期便 2012-02-08(水)

 
>148763(←トップページアクセスカウンタ)/ 52583(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者136人 / 327ページビュー)。

>今朝の最低気温4.0度(08:10;さいたま市観測点)、くもり。

>おはようございます。今日、生協の配達の方から早朝に雪が舞ったという情報を聞きました。さいたま市観測点の最低気温は4.0度でしたが、作曲工房周辺はもっと下がったのかも知れません。

>今日はモリアキ翁の定期通院でしたが、朝一番で出かけたので正午に帰宅することができました。クリニックの待合室での時間は読書にぴったりです。

>今日は、一市民科学者が泊原発の温排水の影響を調べるために海水温の計測を25年以上に渡って計測し続けた記録である「海の声を聞く」を読了。科学的なデータもさることながら、このような活動を続けることの意義と困難について記されている点に感銘を受けました。

>原発が生態系に影響を与えることに疑問の余地はありません。また、原発の補助金によって潤った地元は地場産業が衰退・壊滅し、原発が廃炉になった時に自治体としてやっていけない体質に変貌してしまう怖さも。

>海水温の計測という地道な行いによって、著者が人としても社会的にも高みに昇っていく過程を読み解くことができ、その点においても優れた書物であると感じました。

>斉藤武一著 / 七ツ森書館 2000円+税 ISBN4-8228-0369-4

>06時45分に満月。

>気象庁地震情報

今朝06自41分頃、茨城県沖(北緯36.6度、東経140.7度)を震源とするM4.1、最大震度4の地震がありました。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 旧東(きゅうとう)観測点(12:40)、同 南大東(みなみだいとう)観測点(11:25)の25.7度。
>最低・日最低気温は北海道 十勝地方 大樹(たいき)観測点のマイナス13.8度(22:44)。
>最低・日最高気温は北海道 網走・北見・紋別地方 白滝(しらたき)観測点(12:41)、同 十勝地方 上札内(かみさつない)観測点(14:23)のマイナス0.8度。
>最高・日最低気温は東京都 父島観測点の19.0度(24:00)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月7日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

セルゲイ・プロコフィエフ(1891-1953:ロシア)、ウジェーヌ・ボザ(1905-1991:フランス)、カレヴィ・アホ(1949- :フィンランド)、ロディオン・シチェドリン(1932- :ロシア)、カール・ニールセン(1865-1931:デンマーク)。
ボザはピアノの発表会などにも登場するようになって、すっかり有名になりました。カレヴィ・アホは、その名前で面白おかしく話題になる作曲家ですが、現代フィンランドを代表する作曲家の一人です。シチェドリンは、偉大なバレリーナ、マイヤ・プリセツカヤの夫として名前が出てきたりしますが、やはり20世紀の大作曲家のひとりです。ニールセンは「交響曲第4番“不滅”」で知られる作曲家ですが、今日は第5番を聴けます。第4番よりもむしろ親しみやすいかも知れません。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック プラハの春音楽祭(3)

アマディンダ・パーカッション・グループ演奏会ほか

アマディンダ・パーカッション・グループについては何も知りません。ぜひご自身で検索をお願いします。プログラムにある作曲家の名前は次のとおり。ジョン・ケージ、アウレール・ホルロー、ジョルジ・リゲティ、スティーブ・ライヒ。あとはウガンダ共和国とタヒチの民族音楽です。

番組詳細

>2月8日の過去のできごと

1709年 イタリアの作曲家、ジュゼッペ・トレルリ没。
1828年 フランスの小説家、ジュール・ヴェルヌ誕生。
1880年 ドイツの画家、フランツ・マルク誕生。
1932年 アメリカの作曲家、ジョン・ウィリアムズ誕生。
1957年 ハンガリー系ユダヤ人数学者、計算機技術者として20世紀に大きな足跡を残したジョン・フォン・ノイマン没。
1964年 人の気質を「神経質」や「粘着質」というように分類したことで知られるドイツの精神医学者、エルンスト・クレッチマー没。
2006年 作曲家の伊福部昭没。






ラベル:
posted by tomlin at 12:56| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

朝の定期便 2012-02-07(火)

 
>148745(←トップページアクセスカウンタ)/ 52553(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者150人 / 334ページビュー)。

>今朝の最低気温3.9度(03:40;さいたま市観測点)、雨。

>おはようございます。各地で気温が上がって、午前9時台に今年の最高気温を記録する観測点が続出しています。

日最高気温一覧表(2月7日)

>気象庁地震情報

東京直下型地震の発生確率が4年以内に70%と発表され話題になりましたが、今度は50%以下と訂正されました。日本では過去に大地震の発生を公式に予測できた例がないので、これらの数字に振り回される必要はないと思います。明らかなことは、大地震は周期的に必ず発生しているということだけです。最低限必要なことは2つのイメージトレーニングと2つの備えです。

>イメージトレーニング1 地震発生時に物が落ちてこない、倒れてこない場所を探す習慣を身につけること。どこにいても、今地震が起こったらどこに身を寄せて揺れが終わるのを待つかを考えるようにします。

>イメージトレーニング2 フラッドマップでどこが高台なのか覚えておきます。揺れが収まったら、ただちに避難行動。高台がないと分かっている地域では津波から避難する高い建物を探す。王子以南の京浜東北線の西側は全て高台と考えて大丈夫です。東側は京成千葉線、総武本線より東に行くまで高台はありません。江東区・江戸川区・墨田区・葛飾区・足立区・荒川区・戸田市・蕨市・川口市・草加市・八潮市・三郷市・浦安市などでは近くに高台がありません。

Flood map

>備え1 地震後も住居を失わなかった場合

一週間程度の水と食料、非常時用トイレ(重要)、常備薬。停電時のための電池式ラジオなど、ライフスタイルに合わせた生活必需品の予備。

>備え2 住居を失った場合のための用意(さらなる原発事故による避難も含める)

東京圏では避難所が圧倒的に不足するので、冬でも野宿の可能性があり得ます。真冬の雪の夜の野宿が考えうる最悪の条件です。薄いポリエチレンフィルムにアルミを蒸着した「緊急用保温シート」はポケットに入るサイズです。これで雨・雪と寒さを少しはしのげます。水は重すぎて現実的には1日分しか持てないと考えて、くり返し使える丈夫な保温・保冷ボトルを用意して機会あるごとに補給するほうがよいでしょう。避難所などでは食事の栄養バランスが崩れますから、総合ビタミン剤のようなものが短期間なら役に立つと思われます。なるべく少しのものだけを持って避難できるように準備しましょう。緊急時には身軽であるというだけで生き延びるチャンスが増えるはずです。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 西表島(いりおもてじま)観測点の25.0度(14:38)、最低・日最低気温は北海道 釧路地方 川湯(かわゆ)観測点のマイナス21.8度(06:47)、最低・日最高気温は北海道 十勝地方 上札内(かみさつない)観測点の
ナス0.9度(21:28)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿(したあばる)原観測点の21.8度(05:57)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月6日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

ファリャ、ホアキン・トゥリーナ、ラヴェル、ロドリーゴ、ラヴェル。スペインにまつわる音楽。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック プラハの春音楽祭2011から(2)ジュリアン・ラクリン リサイタル

ジュリアン・ラクリン(1974- )はリトアニア出身のヴァイオリニスト。ヴィオラも演奏します。モーツァルト、ブラームス、ペンデレツキ。

番組詳細

>2月7日の過去のできごと

1478年 「ユートピア」で知られるイギリスの思想家トマス・モア誕生。
1652年 「ミゼレーレ」の作曲者、グレゴリオ・アレグリ誕生(ローマの作曲家)。
1812年 「クリスマス・キャロル」や「二都物語」で知られるイギリスの小説家、チャールズ・ディケンズ誕生。
1834年 ロシアの化学者で「元素の周期律表」を作成したドミトリ・メンデレーエフ誕生。
1867年 「大草原の小さな家」の著者、ローラ・インガルス・ワイルダー誕生。
1871年 スウェーデンの作曲家、ヴィルヘルム・ステーンハンマル誕生。
1986年 世界貿易センタービルの設計者の一人として知られるアメリカの日系2世の建築家、ミノル・ヤマサキ没。
1994年 20世紀ポーランドを代表する作曲家のひとり、ヴィトルト・ルトスワフスキ没。





ラベル:
posted by tomlin at 12:07| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

朝の定期便 2012-02-06(月)漏水事件

 
>148733(←トップページアクセスカウンタ)/ 52531(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者154人 / 330ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス0.2度(06:56;さいたま市観測点)、くもり→雨。

>遅くなりました。朝はくもっていましたが、昼前から雨となっています。明日にかけて降り続くという予報です。

>漏水事件の顛末

>昨夜、1Fのモリアキ翁の寝室に行くと、ポタポタという音が。水の滴る音にしか聞こえません。

>深夜だったのですが、照明をすべてONにして調べると、二間(ふたま)続きの和室を隔てる鴨居周辺から4ヶ所水漏れがありました。畳も襖(ふすま)もびしょ濡れです。

>モリアキ翁の布団は水の直撃は免れていたものの、滴下した水のしぶきを浴びていました(それでもぐっすりと眠っていて、幸い目覚めず)。

>すぐにバケツ、洗面器、上部をカットした2リットルのペットボトルを用意して、滴下する水を受け止めました。しかし、かなり目立つ滴下音と飛沫があるためボロ布を用意して、そこにしずくが落ちるようにしました。

>階上はダイニングで、水まわりは少し離れています。建物の構造上、配管の開口部から漏れてくるものと判断しましたが、調べても漏水元はわかりませんでした。

>そのまま朝を迎え、工務店に連絡すると、すぐに担当者が来宅してくれました。

>疑われるのは水道配管と給湯器、食洗機でした。

>最初に到着したのが水道配管修理の人で、ものの数分で原因を突き止めました。

>給湯器から伸びる温水配管のジョイントのパッキングが熱による劣化で硬化したために発生した漏水でした。

>食洗機メーカーには、原因を伝えて技術者の派遣をお断りして修理が始まりました。

>その間、工務店から来た2人は漏水で濡れてしまった畳を上げ、被害を最小限にとどめるための作業をしてくださいました。

>午後2時頃、全ての作業を終え、ようやくPC前に座ることができました。

>今日朝から午後までかけてユニゾン合わせをする予定でしたが、それが不可能となってしまいました。今日は「ウナコルダ」状態でレッスンです。

>明日の午後には3本弦で弾けるようにします(徹夜してしまったので、今日はチューニングハンマーを持てそうにありません)。

>新築から間もなく15年。皆さんも給湯器の配管の劣化を時々チェックなさることをお薦めします。


>気象庁地震情報

今朝07時05分頃、茨城沖(北緯36.5度、東経141.0度)を震源とするM35.0、最大震度3の地震がありました。

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点の25.7度(14:58)、最低・日最低気温は北海道 十勝地方 大樹(たいき)観測点のマイナス24.0度(05:20)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス6.6度(23:54)、最高・日最低気温は沖縄県 波照間観測点の19.9度(19:32)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月5日

>今日のFM番組から

・午前7時20分 気ままにクラシック(本放送)

番組詳細

・午後2時00分 クラシックカフェ

J.S.バッハ(1685-1750)、アグリコラ(Johann Friedrich Agricola:1720-1774)。ヨハン・ヨアヒム・クヴァンツ(1697-1773)、ブラ−ムス(1833-1897)。
今日登場するアグリコラという作曲家はバッハの弟子で、フランドル楽派の(古楽界では)有名なアレクサンダー・アグリコラや、バロック期の作曲家のアグリコラ(Georg Ludwig Agricola:1643-1676)とは別人です。調べてみるとアグリコラという姓の作曲家は音楽史上に少なくとも7人はおり、NHKの番組表の作曲家名表記には疑問が残ります。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック プラハの春音楽祭2011から(1)

ビエロフラーヴェク指揮 / プラハ音楽院交響楽団演奏会

ベドルジフ・スメタナ「我が祖国」(全曲)
    同     「歌劇“売られた花嫁”から“序曲” “フリアント” “道化師の踊り” 」

番組詳細

>今日2月6日の過去のできごと

1497年 フランドル楽派の作曲家で、ジョスカン・デ・プレの師であったと考えられている作曲家、ヨハネス・オケゲム(オケヘムとも)没。
1903年 チリ出身のピアニスト、クラウディオ・アラウ誕生。長寿であったばかりか(1991年没)、最晩年まで演奏活動を継続。
1907年 文芸評論家の亀井勝一郎誕生。
1918年 オーストリアの画家、グスタフ・クリムト没。ドビュッシーと生没年が同じ。「アデーレ・ブロッホバウアーの肖像I」は、2006年に史上最高額の1億3500万ドル(当時のレートで156億円)で売却。
1932年 フランスの映画監督、フランソワ・トリュフォー誕生。
1852年 スクリャービンやメトネルのピアノの師であったピアニストで指揮者のワシーリー・サフォーノフ誕生。
1967年 ベトナム戦争でアメリカ軍が枯れ葉作戦を開始(枯れ葉剤による悲劇の始まり)。
2005年 ロシア出身のピアニスト、ラザール・ベルマン没。1988年日本で初めてコンサートでファツィオーリのピアノを使用。






ラベル: 漏水
posted by tomlin at 16:18| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月05日

朝の定期便 2012-02-05(日)

 
>148713(←トップページアクセスカウンタ)/ 52(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者159人 / 494ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.3度(07:09;さいたま市観測点)、晴れ。

>ちょっと遅くなってしまいました。少し雲のある穏やかな晴れの空です。ちなみに、昨年の今日2月5日の最低気温はマイナス1.0度でした。

>モリアキ翁の昼食の支度が途中に入ったので、更新がますます遅れました。

>今日はジャック・イベールの没後50年です。ぜひ「寄港地」や「フルート協奏曲」などを聴いて彼を偲びましょう。

>今日は朝から味噌の仕込み。大鍋で大量の大豆を複数回にわたって茹でるので、純水とミネラルウォーターの在庫、合わせて40リットル程度を消費しました。

>工場で食品を製造する時にも大量の水が必要であることでしょう。21世紀は石油より水の時代。水源の保全が大切です。

>今日16時02分にはブローセン彗星(私の少年時代にはブロルセン彗星と呼ばれていました)が近日点を通過するという予報が出されています。ところが、この彗星の公式な番号登録は「5D」で始まります。Dは行方不明を表します。

>ブローセン彗星は1846年(ドリゴの誕生年、メンデルスゾーン没の前年、ショパン没の3年前)にデンマークの天文学者、テオドール・ブローセンが発見した公転周期5.461年の周期彗星です。初回の回帰である1851年には検出されず、次の回帰の1857年にようやく検出されて、その起動や周期がより正確に測定されたものと思われます。

>次の回帰である1862年(ドビュッシーとディーリアスの誕生年)には未検出でしたが、1868年(ロッシーニ没、ドルドラ誕生)、1873年(ビゼー没2年前、スクリャービン、ヴォーン=ウィリアムズ、アルヴェーン、アンリ・ビュッセルらの誕生前年。ラフマニノフ誕生年)、1879年(レスピーギ。カントルーブ誕生)には順調に検出されました。

>ところが、それ以後133年間一度も回帰が確認されていません。回帰条件にもよりますが、多くの場合、彗星は近日点通過前に検出されます。今回の回帰も検出されていませんから、ブローセン彗星は失われてしまった可能性があると考えられています。それでも確証はないので、このようにD符合をつけて「もしかしたら」の帰りを待っているのです。

>このような例には1826年(ベートーヴェン没の前年)に発見された3Dビエラ彗星があります。ビエラ(ビーラ)彗星が現れるはずだった1872年11月27日、夜空に壮大な流星雨が降り注ぎました。それ以後、ビエラ彗星は一切観測されていません。それがビエラ彗星の最期の姿だったのではないかと考えられています。

>また、205P=D1896 R2=1896V(ジャコビニ)彗星のように、111年間も行方不明だった彗星が2008年に見つかったという例もあります(発見者は日本のアマチュア彗星捜索者の2人です)。というわけでD符合の彗星もおいそれと諦めるわけにはいきません。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の21.6度(24:00)、最低・日最低気温は北海道 十勝地方 陸別(りくべつ)観測点のマイナス28.0度(06:42)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス8.0度(11:59)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の16.3度(01:54)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日2月4日

>今日のFM番組から

・午前8時15分 吹奏楽のひびき 世界のバンド〜アメリカ・エアフォース・バンド

番組詳細

・午前9時00分 名演奏ライブラリー 特集・アニバーサリーイヤーの名演奏家たち

第5回 ロシア生まれの名ピアニスト ニキタ・マガロフ

ニキタ・マガロフ(1912-1992)は、ロシア生まれでスイスやフランスを拠点に活躍したピアニスト。
プログラムはラヴェル、ショパン、ストラヴィンスキー、ヘンデル、ベートーヴェン。ストラヴィンスキーの「ピアノと管弦楽のためのカプリッチョ」は、マガロフが初演した作品です。私はベートーヴェンの「皇帝」とショパンのノクターン第1番を聴くことができました。

番組詳細

・午後2時00分 サンデークラシックワイド 海外コンサート ブーレーズと20世紀の音楽

すでに現代の古典となった音楽の一大展示場という感じのプログラムです。とても興味がありますが、私は調律に没頭しなければならない時間帯です。休憩時間に聴けるかも。

番組詳細

・午後6時00分 とどけ いのりのうた NHK東京児童合唱団第40回定期演奏会

番組詳細

・午後7時20分 シンフォニーコンサート 東京フィル第63回東京オペラシティ定期シリーズ(指揮:川瀬賢太郎)

チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35」(Vn:前橋汀子)
ショスタコーヴィチ「交響曲第5番 ニ短調 作品47」

番組詳細

>2月5日の過去のできごと

1748年 少年時代のベートーヴェンの師であったドイツの作曲家、クリスティアン・ゴットロープ・ネーフェ誕生。
1864年 行進曲「旧友」で知られるドイツの作曲家、カール・タイケ誕生。私は「隠れ行進曲マニア」なので、ウラノメトリアにもいくつもの “隠しマーチ” がちりばめられています(既存曲のパロディはありません)。
1921年 イギリスの指揮者、ジョン・プリッチャード誕生。
1932年 ピアニストの田中希代子誕生。
1962年 フランスの作曲家、ジャック・イベール没。
1971年 アポロ14号が月面に着陸。

>往年の歴史的フルート奏者、マルセル・モイーズがソロを務めるイベールの「フルート協奏曲」です。

Marcel Moyse : Ibert / Concerto pour Flute et Orchestre





ラベル:
posted by tomlin at 14:04| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月04日

朝の定期便 2012-02-04(土)立春


 
>148697(←トップページアクセスカウンタ)/ 52459(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者167人 / 353ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス5.3度(06:38;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。アメダス東京観測点でもマイナス1.0度という寒さになりました。この冬はどこの家、会社、公共施設でも暖房費が高くなることでしょう(痛タタタ!)。

>いつもは昼と深夜ではピアノ室の室温を2度上げ下げしているのですが、ピアノの調律を始めるために一昨日から室温20度・湿度50%を保ち続けてきました。

>皆さんが冬に調律師の方に調律をお願いするとき、調律師が来宅してから部屋の暖房を始めることはないでしょうか?

>もし、私が調律師だったら(ヘボなので)丁寧に説明してその日の調律をお断りして、室温と湿度が安定した日にあらためてお伺いさせていただくことでしょう(そのほうがお互いのためかも知れません)。

>暖房が始まると、ぐんぐん湿度が下がり始めます(特にエアコン)。するとピアノのピッチが変化を始めます。いくら合わせても、いつの間にかピッチが動いてしまいます。

>ピアノのフレームなどの金属部品が室温と同じなるには丸一日かかると考えてよいでしょう。

>木質部の湿度が部屋と同じになるにはもっと時間がかかります。ハンマーヘッドやハンマーシャンク、その他アクションの無塗装木部は吸湿・排湿を繰り返していますが、響板などは塗装されているので影響は緩やかに現れるからです。

>というわけで、調律前にはピアノの状態をなるべく安定させるようにしましょう。

>さあ、気合を入れて調律。30年も調律しているのにずっとヘタレなので、2台のピッチをピタリと合わせて調律するのはフルマラソンに挑むような気分です(ピアノのメンテナンスは、実は楽しい)。

>私の秘技は、ハンマーフェルトの打弦面の微妙なマッサージです(本当に微妙。皆さんは真似をしないほうが無難です)。うまくいけば整音当時の音色がかなり回復します。

>19時22分 立春(太陽黄経315度)。七十二候では “東風解凍”(はるかぜ こおりを とく)。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の17.3度(11:10)、最低・日最低気温は北海道 宗谷地方 歌登(うたのぼり)観測点のマイナス32.6度(07:17)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス9.9度(21:57)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原観測点の14.8度(01:26)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

日最低気温の観測史上第1位、および2月の第1位の記録が大量に更新されています。

昨日2月3日

>今日のFM番組から

・午後7時30分 名曲リサイタル

前半がブルーオーロラ サクソフォーン・カルテット、後半は10大ピアノ協奏曲の連続演奏会を成し遂げたピアノの及川浩治さん。

番組詳細

・午後9時00分 名曲のたのしみ ラフマニノフ その音楽と生涯(13)

交響曲第2番。これも名曲。とくに第3楽章の美しさは比肩するものがないかも。下に動画をリンクしておきます。

番組詳細

>今日2月4日の過去のできごと

1881年 フランスの画家、フェルナン・レジェ誕生。以下に登場するクセナキスと同じようにル・コルビュジエの建築に画家として関わった。
1898年 日本画家の伊東深水誕生。
1900年 フランスの詩人、映画製作者のジャック・プレヴェール誕生。シャンソン「枯れ葉」の作詞者。
1906年 冥王星の発見者として知られるアメリカの天文学者、クライド・トンボー誕生。
1894年 ベルギーの楽器製作者、アドルフ・サックス没。
1928年 ローレンツ変換で知られるオランダの物理学者、ヘンドリック・ローレンツ没。
2001年 ルーマニア生まれのギリシャ系フランス人作曲家で建築家のヤニス・クセナキス没。作曲家として20世紀を代表する一人ですが、建築家としてル・コルビュジエの代表作のひとつであるフィリップス館の建設に携わりました。その波乱に富んだ人生と音楽的業績はネット検索で。

>ピアノ協奏曲や前奏曲が有名ですが、ラフマニノフの傑作はほかにもあります。そのひとつが下のリンクです。

ラフマニノフ「交響曲第2番 ホ短調 作品27」から第3楽章






ラベル:
posted by tomlin at 12:16| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

朝の定期便 2012-02-03(金)節分

 
>148688(←トップページアクセスカウンタ)/ 52406(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者155人 / 346ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス6.7度(06:22;さいたま市観測点:今季最低気温)、快晴。

>おはようございます。今日は節分。

>前にも書きましたが、節分は年に4回あって、それは立春、立夏、立秋、立冬の前日です。

>その昔、立春には新年でもあったので、立春前日の節分は大晦日でもありました。そのため、この節分は1年の厄落としとして豆まきなどの行事が行われたと考えられます。

>作曲工房では節分には「鬼の避難所」を開設する決まりです。詳しくは「ポロちゃんのお話の部屋」の「節分の夜」をどうぞ(無理に読む必要のない他愛ないものです。ちなみに文中にポロちゃんの勘違いがあって、私の結婚記念日は閏年の立春です)。

猫の星の歴史教科書第5回「節分の夜」

>今朝の最低気温マイナス6.7度は、作曲工房HP開設以来の最低気温記録です。

>今年でHP開設10年を迎えるのですが、開設当初から朝の気温を記録し続けてきました。

>当初は作曲工房に設置してある外気温度計の実測値を公開していましたから厳密な比較はできませんが、それでも温東京都との境界線まで真南に測ってわずか3.1kmの位置にあってこの気温は低い数字です。

>昨夜は、原発からの温排水による影響を確かめようと、25年間も海水温の変化を記録し続けた市民科学者、齋藤武一さんの「海の声を聞く」を読んでいました。

>(日記には早く寝る、などと決意を書いておきながら)布団の中で読んでいたのですが、目覚めたら電気スタンドの灯りは目を射る眩しさで、いつのまにか眠ってしまったようでした(大丈夫、4時半には眠りました)。

>それでもかなり読み進むことができ、温排水によって生態系に影響が出るレベルであることが分かりました。しかし、問題は事実や科学ではなかったのです。

>北海道泊村にある北電泊原発の話なのですが、補助金、保証金、その他多くのお金が動くために、事実や科学は2の次である現実がありました。

>レオナルドが看破したように(たとえ看破しなくとも)、人間は事実に逆らうことはできません。

>津波の高さの想定も経済原則で決められます。本当に安全な原発を建設しようと思ったら、発電単価は天文学的になることでしょう(爆発してもそのまま放射能を閉じ込められる可能性の高い、地下10km以深での小型炉の建設などは高くつきそうです)。

>だから原発はコストが安いという神話を演出するために、想定される津波の高さは低く設定されました。人間がどのように決めようが、津波は地球のエネルギーレベルに則(のっと)って発生します。これが事実です。

>ひとたび事故が起これば人間の未来を左右する可能性がある原発を、個人、敢えて個人(フリガナはトップ)と書きますが、その思惑で多くの人々の運命が決まっていくのは納得がいきません。

>人命に関わる判断は、個人や一定の組織・団体(国会も)が行なってはならないという法律が必要です。過去においても戦争を議決したのは国会です。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は東京都 父島観測点の21.3度(11:58)、最低・日最低気温は北海道 宗谷地方 歌登(うたのぼり)観測点のマイナス30.2度(07:37)、最低・日最高気温は北海道 釧路地方 阿寒湖畔(あかんこはん)観測点のマイナス11.7度(12:15)、最高・日最低気温は東京都 父島観測点の15.9度(23:26)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

記録更新のオンパレードです。日頃、このリンクをクリックなさらない方もたまにはどうぞ。たとえばマイナス3.0度で、観測史上最低記録になるなど、その地方の日頃が分かって興味ぶかいものです。

昨日2月2日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 きままにクラシック(再)

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック ベルリン・バロック・ゾリステン with 樫本大進 演奏会

樫本大進さんは、ベルリン・フィルで第1コンサートマスターを務めるヴァイオリニストです。コンサートマスターに内定した時、大ニュースとなったことを覚えていらっしゃる方も多いことでしょう。
音楽の捧げものからの「6声のリチェルカーレ」とフーガの技法の名曲「コントラプンクトゥス1番」と「同 9番」が楽しみです。

番組詳細

>2月3日の過去のできごと

1468年 印刷技術の開発者、ヨハネス・グーテンベルク没。マーシャル・マクルーハンの「グーテンベルクの銀河」を読もう読もうと思っているうちに長い時が過ぎてしまいました(ちなみに1冊7875円。図書館でしか読めません:←これは2011年に
書いたものですが、2012年現在、まだ果たせていません)。
1809年 ドイツの作曲家、フェリックス・メンデルスゾーン・バルトルディ誕生。同年生まれに小説家のエドガー・アラン・ポー、アメリカ大統領のエイブラハム・リンカーン、科学者のチャールズ・ダーウィンら。また翌年生まれにはフレデリック・ショパン、ロベルト・シューマンがいる。
1901年 福沢諭吉没。
1904年 イタリアの作曲家、ルイージ・ダッラピッコラ誕生。同年生まれに作曲家のドミトリー・カバレフスキー、ピアニストのヴラド・ペルルミュテール、画家のサルバドール・ダリ、彫刻家のイサム・ノグチらがいる。
1931年 ニュージーランド史上最大の被害をもたらしたネピア(ホークスベイ)地震発生。死者258人。ちなみに、ネピアは苫小牧市の姉妹都市であり、王子製紙のティッシュペーパーの商標「ネピア」はこの都市に因んでいます。
1966年 ソビエトの無人宇宙探査機「ルナ9号」が史上初めて月面軟着陸に成功。そのニュースに、当時小学生だった“とむりん少年”は鼻血が出そうなくらい興奮しました。

>北海道大学の平川一臣特任教授は、ひとりスコップを担いで北海道から東北まで1500kmにわたって海岸の津波堆積物を調査して、過去の超巨大津波(M9クラス)を明らかにした科学者です。彼の「川とは何だろうか?」という講座を受講された一般の主婦(と思われる)の方のブログです。要点をきちんとまとめる力に感銘を受けました。

平川一臣さんによる講座「川とは何だろうか?」





ラベル: 節分
posted by tomlin at 11:36| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月02日

朝の定期便 2012-02-02(木)

  
>148672(←トップページアクセスカウンタ)/ 52378(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者138人 / 289ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス2.8度(06:49;さいたま市観測点)、快晴、強風。

>またまた遅くなりました。よく晴れていますが、14時になっても気温は4.4度(さいたま市観測点)までしか上がっていません。

>今日は、朝一番でモリアキ翁と一緒に銀行口座のメンテナンスに行ってきました。とある銀行では、モリアキ翁名義の休眠口座が3つも見つかり、それをひとつにまとめてもらうように手続きしてきました。

>こういう手続は、本人が行かないとけっこう面倒な手続きが必要です。もし、おじいさん・おばあさんが元気で出歩けるのならば、一度、一緒に出向いて全口座のスキャンをお願いするとよいかも知れません。多くの金融機関が10年以上取引のない休眠口座にも対応してくれると思います。

>90年も生きていると、口座も釣り糸のようにからまってくるのでしょう。休眠口座ができてしまう理由のひとつは、解約するのが面倒なので全額引き出してそのままになるというケースがあるのかも知れません。

>今回見つかった3口座も残高はわずかでした。

>実際にひとつの口座に入金されるのは2週間以上たった後なのですが、わずかとは言うもののランチ代くらいにはなるので、老舗の料亭に行ってモリアキ翁と大豪遊(うそ、小豪遊)してきました。

>広いお座敷にほかに客はなく、インフルエンザ感染の心配も仲居さんからのものだけ。

>床の間には棟方志功の掛け軸(本物)とガレのランプ(本物)、それから落款が読めなかったのですが書のような絵(絵のような書かも?)が1枚。

>モリアキ翁大満足。私もご相伴にあずかりました、ごちそうさまでした(10kmはウォーキングしないと体脂肪の収支が・・・)。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 石垣島観測点の23.3度(14:04)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 江丹別(えたんべつ)観測点のマイナス30.2度(05:36)、最低・日最高気温は北海道 上川地方 志比内(しびない)観測点のマイナス11.7度(00:16)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の18.0度(23:31)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

数多くの観測点で記録の更新があります。

昨日2月1日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

今日は、ずっとこの番組を聴きながら更新作業をしています。ついついキーボードを打つ手がとまってしまいます。いま「火の鳥」の「カスチェイの凶悪な踊り」のところです。これって当時のプログレですよね。これじゃ更新のスピードが上がらない。
ニコライ・リムスキー=コルサコフ、プロコフィエフ、ストラヴィンスキー、ラヴェル、ダリウス・ミヨー。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション セドリック・ティベルギアン ピアノリサイタル

セドリック・ティベルギアンは1975年パリ生まれのフランスのピアニスト。パリ国立高等音楽院でわずか17歳でプルミエ・プリ(満場一致の一等賞で卒業)という俊英です。1998年、ロン・ティボーコンクール優勝。協奏曲のレパートリーが60曲以上というのも驚きです。
プログラムは、ショパン、ラヴェル、ドビュッシー。メインは「夜のガスパール」。


番組詳細

>2月2日の過去のできごと

1594年 私が「音楽史上の10人の作曲家」に選んでいる、イタリア・ルネッサンス後期に活躍したジョヴァンニ・ピエルルイジ・ダ・パレストリーナ没。「教皇マルチェルスのミサ曲」は必聴曲。できれば全曲を覚えてしまいたい曲です。あなたの中に線的対位法のセンスが育つことでしょう。
1669年 フランスの作曲家、ルイ・マルシャン誕生。バッハとの音楽対決を前に敵前逃亡した話ばかりが有名ですが(真偽のほどは差だかではありません)、当時は人気作曲家でした。
1875年 オーストリアのヴァイオリニストで作曲家のフリッツ・クライスラー誕生。同年生まれにアルベルト・シュバイツァー(医師と思われていますが、オルガニストが本業)、モーリス・ラヴェル、ピエール・モントゥー(“春の祭典”ほかを初演した指揮者)らがいます。
1901年 リトアニア出身のヴァイオリニスト、ヤッシャ・ハイフェッツ誕生。20世紀を代表するヴァイオリニストのひとり。同年生まれに作曲家のアンリ・トマジ、ホアキン・ロドリーゴ(“アランフェスの協奏曲”の作曲家)ら。
1945年 ドイツのピアニストのペーター・レーゼル誕生。
1956年 ソプラノの藍川由美誕生。
1970年 イギリスの数学者・哲学者のバートランド・ラッセル没。
1987年 ブルーノート・レーベルの創設者、アルフレッド・ライオン没。
1998年 日本で7ケタの郵便番号を導入。
2003年 アメリカの作曲家、ルー・ハリソン没。 音律に対して非常に鋭敏な感覚を持っていた作曲家。

ラベル:
posted by tomlin at 15:13| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

朝の定期便 2012-02-01(水)

 

>148651(←トップページアクセスカウンタ)/ 52341(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者157人 / 360ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス5.0度(06:25;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。当地では今季最低気温のマイナス5.0°Cを記録しました。

>今朝はゴミ出しの日だったのですが、軍手をせずに出かけたら、(冷たいものにたくさん触れたこともあって)帰ってくるまでに指先が冷たくなってジンジンするほどでした。

>全国的に見ると、観測史上最低気温となった観測点が新潟県1,群馬県1,栃木県1,福島県1の4ヶ所あります。明日の「昨日の観測史上第1位の値 更新状況」のページが興味深い数字になっていそうです。

>北日本(裏日本)は今日も豪雪というニュースがありました。雪国に暮らしたことがないので想像できない部分が多いのですが、雪下ろし中の事故(特に高齢者)が多いことに胸が痛みます。

>今日、モリアキ翁から出された昼食のリクエストは「コウナゴの佃煮を使ったメニュー」ということでした。

>以前、佃煮を使ったお茶漬けメニューを工夫したことがあったのですが、それを思い出したのかも知れません。

>コウナゴ(小女子)さえ手に入れば佃煮は意外と簡単に作れるので減塩タイプの佃煮を作っても良いのですが、もう10時半。今日は出来合いの佃煮で美味しく食べられるメニューを考えます。

>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 波照間(はてるま)観測点の21.7度(13:56)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 江丹別(えたんべつ)観測点のマイナス27.6度(00:08)、最低・日最高気温は青森県 酸ケ湯(すかゆ)観測点のマイナス10.8度(20:32)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の18.3度(19:35)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(指定日が閲覧可能なのは今日だけです)

昨日1月31日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

シューベルト、ベートーヴェン、ブルックナー。
2曲目のシューベルト「オッフェルトリウム 変ロ長調 D963」を演奏しているニコラウス・アーノンクール指揮 / ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス / アルノルト・シェーンベルク合唱団の演奏は、どれも非常に格調高い名演だと思います。オッフェルトリウムというのはミサ曲で歌われる一曲で奉献唱と訳されます。
今日のメインプログラムはブルックナーの「交響曲第1番 ハ短調」ですが、その前のベートーヴェン「ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15」も名曲です。ピアノはアルフレッド・ブレンデル。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション 新ダヴィッド同盟 演奏会

ダヴィッド同盟というのは、みなさんご存知のとおり、シューマンが創りだした架空のアグレッシブな音楽団体です。新ダヴィッド同盟は、水戸芸術館に集う若き演奏家の皆さんによるプロジェクト。プログラムはシューマンのほかに、ハイドン、ベートーヴェン、ウェーベルン、ブラームスの作品によって構成されています。

番組詳細

>2月1日の過去のできごと

1268年 モンゴル帝国の使者が通交を求めて来日。元寇のきっかけとなる。
1896年  ジャコモ・プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』がトリノで初演。
1933年 ジャズミュージシャンの渡辺貞夫誕生。
1937年 俳人の河東碧梧桐(かわひがし・へきごとう)没。
1944年 オランダ出身の画家、ピエト・モンドリアン没。ウラノメトリア第88番「ブローウェイ・ブギウギ」のタイトルはモンドリアンの同名作品からとりました。
1976年 量子力学の成立に大きく貢献したドイツの理論物理学者、ヴェルナー・ハイゼンベルク没。
2003年 STS-107スペースシャトルコロンビア号がテキサス州上空で空中分解事故。乗員7名が全員死亡。
2007年 「電話」や「アマールと夜の来客」などで知られるイタリア出身のオペラ作曲家ジャン・カルロ=メノッティ没。

ラベル:
posted by tomlin at 11:05| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月31日

朝の定期便 2011-01-031(火)1月尽

 
>148630(←トップページアクセスカウンタ)/ 52301(←定期便アクセスカウンタ;内部カウンタによる昨日の実訪問者156人 / 340ページビュー)。

>今朝の最低気温マイナス4.1度(07:32;さいたま市観測点)、快晴。

>おはようございます。今朝も冷え込んだ快晴の朝を迎えています。

>今日は七十二候の “鶏始乳”(にわとりはじめてとやにつく:太陽黄経310度)。あと5日で立春です。

>今朝、テレビの情報番組で北海道陸別(りくべつ)町と占冠(しむかっぷ)村を取材したコーナーがありました。このような寒い地域で暮らす知恵とはどのようなものか興味があったので、ついつい家事の手を休めて見入ってしまいました。

>暖房はお洒落な感じの薪ストーブで、24時間燃やし続けます。薪は山から持ってくるので燃料代はタダだそうです。森が充分な大きさであれば、素晴らしい再生可能エネルギーです。

>驚いたのは室温。なんと31度でした。住民は室内では薄着で過ごします。ピアノ室が20度ですから陸別町の人々のほうが暖かく過ごしていることになります。

>池(とても広い)で鯉を飼っている方は、毎日重機で氷を割らないと鯉が酸欠になってしまうそうです。重機を使う理由は、氷の厚さが一日で15センチに達するため、人力では割れないからです。

>この寒さを利用していくつもの企業が陸別町に実験施設を設けているそうです。そのひとつが日産自動車のテストコース。寒冷地仕様はここから生み出されるのかも知れません。

>また、地中の水分が凍って家が傾いてしまう現象も起こります。春になって氷が解けるまで待つしかないということでした。

>晴れていても、洗濯物を外に干すとそのままの形に凍りついてしまいます(去年神戸から陸別へ転居してきた人の話)。

>そういうことを除けば、多くの人が普通に暮らしている町でした。占冠村との「寒さ日本一」のプライド争いはなかなか楽しそうでした。朝の挨拶が「今日は負けましたね」だったりするそうです。

>02時42分 月の距離が最遠(1.052、40万4318km、視直径29.5')。

>13時10分 上弦。

>減塩食第3回、最終回です。

>我が家の毎日の減塩食について書いてきましたが、視点を変えると減塩食という言葉は本来妙なものです。「モナリザ」のことを「髭を剃ったモナリザ」と呼ぶようなものです。

>本来のタイトルは「過塩食からの脱出」、あるいは「塩依存症治療への道」なのかも知れません。

>私が栄養学を学んで分かったことは、宇宙物理学や地震学同様、まだまだ謎だらけであるということです。

>そのひとつが、天台宗の一部の僧侶によって行われる千日回峰行(せんにちかいほうぎょう)という荒行です。

>7年間をかけて通算1000日の荒行を行うのですが、その中に一日84kmを睡眠時間2時間で100日歩く(半年の間に)というものがあるのですが、その間の食事が「蕎麦、またはうどん一杯、ごま豆腐半丁、ジャガイモの塩蒸し2個」これを1日2回食べるだけです。運動量に対して摂取エネルギーも身体を作る栄養素も足りているとは思えません。

>しかも、行(ぎょう)の終わりには9日間の完全な絶食(竹筒の空気穴以外、土の中に埋められているので本当に絶食です。お経を読み続けて睡眠もとりません)。

>しかも、この行を成し遂げた人が病気にもならず、むしろ長寿であったりします。

>このようなことは現在の栄養学ではうまく説明ができません。

>ネットなどで調べれば減塩食の数多いレシピを知ることができます。また、WHOの塩分は1日6gが望ましいという指針も知ることができます(世界には、内陸部に住んでいるため塩が乏しく1日2gの塩分で生活している人たちもいて、塩分摂取のための大変な努力が続けられています)。

>人には個人差があり、20歳の人も90歳の人も、あるいは体重40kgの人も100kgの人も、みなひとくくりに塩分所要量を語ることはできないことでしょう。全世界の人が同じサイズの服を着ようとしているのと同じです。

>しかし、日本では塩分の摂取過剰による病気が多く発生していることは事実です。

>病気についてよく知っているのは医師ですが、あなたの身体についてよく知っているのはあなた自身です。しばしば「肝臓は沈黙の臓器」などと呼ばれますが、身体の機能は全ての内蔵や器官の連携によって成り立っています。肝臓に異変が起これば他の臓器がサインを発することもあるでしょう。

>つまり、私たちが自分の身体のサインに対して注意深くなれば、もっともっといろいろな事を知ることができるかも知れません。病気をいち早く感じて、早く医者の治療を受けられるかも知れません。

>同様に、私たちは自分自身で、もっとも自分の身体に合った食事にたどり着けることでしょう。そのためにも、減塩食を試してみて、身体の調子が良くなれば、それはあなたに合った食事に近づいているに違いありません。

>今回は高血圧や腎臓病に関わる生活習慣である塩味について書いてきましたが、エンプティカロリー(他の栄養素と併存しないカラのカロリー)の摂り過ぎによって血糖値を上げてしまう食事、あるいは過剰な遊離アミノ酸を生じさせてしまい、痛風に至る食事に関しても知らなければなりません。知ることは最大の武器です。

>それらへの対処法は、ネット上では個別に見出すことができますが、本来はひとつのものです。命に対する興味と畏怖を持ち続ければ、いつか私たちは広い視野を持つことができるかも知れません。

>最後に、減塩食に関するアイディアを送っていただいた方々にお礼申しあげます。機会があったらコーナーを設けて紹介したいと思います。

>ご愛読ありがとうございました。



>気象庁地震情報

各地の震度に関する情報

>気象情報

実況天気図

地域時系列予報(埼玉県)

気象衛星 赤外日本域画像

気象衛星 可視光全球画像

>昨日の最高・日最高気温は沖縄県 伊原間(いばるま)観測点の24.3度(12:59)、最低・日最低気温は北海道 上川地方 江丹別(えたんべつ)観測点のマイナス28.1度(23:23)、最低・日最高気温は福島県 鷲倉観測点のマイナス9.1度(13:44)、最高・日最低気温は沖縄県 志多阿原(したあばる)観測点の18.7度(06:42)でした。

>観測史上1位の値 更新状況(閲覧可能なのは今日だけです)

昨日1月30日

>今日のFM番組から

・午後2時00分 クラシックカフェ

カール・フィリップ・エマニュエル・バッハ、モーツァルト、ベートーヴェン。C.P.E.バッハは、音楽史に残るバッハの4人の息子たちの中でも、特に私たちが知る必要のある作曲家です。今日のメインプログラムはモーツァルトの「クラリネット五重奏曲」とベート−ヴェンの「交響曲第1番」で意見が分かれるところでしょう。

番組詳細

・午後7時30分 ベストオブクラシック・セレクション 藤原浜雄 ヴァイオリン・リサイタル

クライスラー、チャイコフスキー、ベートーヴェン。

番組詳細

>今日1月31日の過去のできごと

1759年 フランスの作曲家、フランソワ・ドヴィエンヌ誕生。
1797年 オーストリアの作曲家フランツ・シューベルト誕生。同年生まれに詩人のハインリッヒ・ハイネ。1年遅れて画家のドラクロアがいる。
1937年 アメリカの作曲家、フィリップ・グラス誕生。同年生まれにピアニストのウラディミール・アシュケナージ。
1947年 作曲家の加古隆誕生。
1958年 アメリカが打ち上げたエクスプローラー1号に搭載されたガイガーカウンターの観測結果からジェームズ・ヴァン・アレンがヴァン・アレン帯を発見。
1989年 作曲家の芥川也寸志没。同年生まれに作曲家のピエール・ブーレズ。



ラベル:
posted by tomlin at 12:00| 埼玉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 定期便 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。